ハピタス

 

皆さん、ハピタスはご存知だろうか?

こちらのポイントサイト、かなり人気のようだ。

というわけで、ハピタスについてちょっと調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。

Hapitas(ハピタス)とは?

Hapitas(ハピタス)とは、株式会社オズビジョンが2007年より運営する老舗のポイントサイトになる。

ハピタスを経由して提携企業のサービスを利用することにより、ハピタスポイントが付与され、現金・ギフト券・電子マネーなどに交換する事ができる。

ハピタスの始め方

ハピタスの提携サービス一例
クレジットカード発行、証券口座開設、銀行口座開設、保険見積もり、引越し見積もり、セミナー参加、サブスクリプション登録、エステサロン施術、店舗モニター、通販モニター、ECサイト利用

ハピタスの使い方は?

クエッション

 

ハピタスの使い方を、クレジットカード案件を例に解説したので、参考までにご覧あれ。
クレジットカード以外の案件も申込み手順はほぼ同様となる。

なお、ハピタスは注意事項やポイント獲得条件など目を通さなければならない箇所が多いため、スマートフォンよりもPCで閲覧する事をおすすめする。

ハピタスでクレジットカードを申込む手順

↓「サービス」より「クレジットカード」を選択

 

↓クレジットカード一覧が表示される
ハピタス

 

↓気になるカードがあったなら「詳細を確認する」をクリック
ハピタス

 

↓広告の詳細やポイント獲得条件が表示される
ハピタス

 

↓「ポイントを貯める」よりカードを申しこみ、「有効判定」になればポイントを獲得できる

楽天やYahoo!ショッピングの利用でもポイントがもらえる!!

喜ぶ

 

ハピタス経由で、楽天市場やYahoo!ショッピングなどでお買い物をする事でもハピタスポイントが付与されるので、ぜひとも活用してほしい。

↓利用額の1%がポイントバックされる
ハピタス

 

↓楽天で買い物をする場合、楽天市場のレビューを閲覧すると無効判定になるので注意しよう
ハピタス

ハピタスポイントはなにに交換できるの?

疑問

 

ハピタスポイントは、現金の他にAmazonギフト券やPayPayボーナスなどにも手数料無料で交換可能だ。
ポイントは交換申請の翌日より三営業日以内に移行される(土日祝日は休業日)

詳細は、以下の表をご覧あれ。

移行できるポイント 交換レート 最低交換pt
交換単位
Pollet(ポレット) 1pt→1円+0.5% 1pt 1pt
Amazonギフト券 490pt→500円分 490pt 490pt
dポイント 300pt→300ポイント 300pt 1pt
PayPayボーナス 300pt→300ポイント 300pt 1pt
楽天ポイント 130pt→100ポイント 390pt 130pt
App Store & iTunes ギフトカード 500pt→500円 500pt 500pt
Google Play ギフトコード 490pt→500円分 490pt 490pt
Gポイントギフト 300pt→300G 300pt 1pt
QUOカードPay 300pt→315円分 300pt 1pt
JALマイレージバンク 2pt→1.2マイル 3000pt 2000pt
nanacoギフト 500pt→500円分 500pt 500pt
楽天Edy 500pt→500円分 500pt 100pt
ハピタスアウトレット 1pt→1円分 1pt 1pt
ビットコイン 300pt→300円分 300pt 100pt
リアルエステートコイン 1000pt→1000コイン 1000pt 1pt
WebMoney 300pt→300point 300pt 300pt
Bit Cash 300pt→300クレジット 300pt 300pt
PeXポイント 300pt→3000ポイント 300pt 300pt
NetMile 500pt→500mile 500pt 500pt
ドットマネーギフトコード 100pt→100マネー 300pt 100pt
現金に交換 300pt→300円 300pt 100pt

ハピタスを使うときの注意点は?

びっくり

 

ハピタスを使う際の注意点をまとめたので、参考までにご覧あれ。

Cookieを削除する!!

ポイントが反映されない恐れがあるので、広告利用の際(「ポイントを貯める」をクリックする前)は、必ずCookieを削除してほしい。

また、「ポイントを貯める」をクリックした後は他サイトへのページ遷移は控えよう。

→Cookieの削除方法

「サイト越えトラッキングを防ぐ」をオフにする!!

ポイントが反映されない恐れがあるので、iPhoneなどのApple製品を使っている場合は「サイト越えトラッキングを防ぐ」をオフにしてほしい。

→「サイト越えトラッキングを防ぐ」をオフにする方法

クレジットカードの多重申込みは控える!!

短期間に複数枚のクレジットカードに申込むと、ポイント目的だと認識され、無効判定になる恐れがある。

また、多重申込みは審査で落とされやすく、審査落ちする事で信用情報に傷がつく。

信用情報に傷がつくと、再度、クレジットカードに申し込んだ際の審査においても不利になり、また落とされる可能性がある。

なので、クレジットカードの発行は月1枚まで、多くとも月2枚までにとどめておく事を推奨する。

クレジットカード発行でもらえるポイント数は?

ボーナスポイント

 

現在(2022年1月)、ハピタスでのクレジットカード発行でもらえるポイント数を以下にまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

カード発行でもらえるハピタスポイント(2022年1月時点)

対象カード 獲得できるハピタスポイント
楽天カード 1500pt
楽天ゴールドカード 案件なし
楽天プレミアムカード 1400pt
PayPayカード 3500pt
三井住友カード(NL) 6000pt
三井住友カードゴールド(NL)
7500pt
三井住友カード プラチナプリファード 8000pt
イオンカード 2000pt
エポスカード 6000pt
Visa LINE Payクレジットカード 5000pt
JCB CARD W 5000pt
リクルートカード
1200pt
Tカード Prime
5500pt
dカード 3000pt
dカード GOLD 23500pt
auPAYカード 1500pt
東急カード
7500pt
マジカドンペンカード
5500pt
ダイナースクラブカード 14000pt
アメリカン・エキスプレス・カード 1000pt
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
2000pt
spgアメックス 2000pt
UCプラチナカード 3000pt
ゴールドカードセゾン 5000pt(翌々月末日までに5万円利用)
セゾンローズゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
3000pt

まとめ

いかがだっただろうか?

 

ハピタスについてまとめると・・・

 

・ハピタスは14年の歴史を誇る老舗のポイントサイト
・ハピタス経由でサービスを利用するとハピタスポイントが貯まる
・ハピタスポイントの価値は1Pあたり約1円

・ハピタスポイントは、現金だけでなく、他社提携ポイントやマイルなどにも交換可
・広告利用の際はCookieを削除し、他サイトへのページ遷移は控える
・「ポイント獲得条件」「ポイント却下条件」「注意事項」は必ず目を通す

・無効判定になる恐れがあるので、短期間に複数枚のクレジットカードに申込む事は控える(多くても月2枚まで)
・もらえるポイント数は時期によりかなり変わるので、定期的に目を通しておくことを推奨

 

といった感じだ。

 

ポイントサイト「ハピタス」、興味のある方は使ってみてはいかがだろうか?

 

当記事を読まれて、もしあなたがハピタスに関心を持たれたのであれば、下記リンクよりご登録して頂けるとものすごく嬉しく思います\(^^)/

↓ポイントサイト「ハピタス」の詳細はこちらから!!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク