皆さん、LINEクレカ(P+)をご存知だろうか?

こちらのカード、今、話題になっているようだ。

もともと関心があり、これからつくろうと思っていても・・・

 

「年会費や発行手数料はいくらなの?」

「家族カードやETCカードは発行できるの?」

「ポイント還元率はどれくらい?」

「貯まったポイントの使い道って?」

「LINEクレカとの2枚持ちはできるの?」

 

といったような疑問をお持ちの方も多いのではないかと思う。

 

そういった疑問に答えるべく、LINEクレカ(P+)について考察してみた。

興味のある方はご覧いただきたい。

 

なお、当記事は非常に長くなるため、一度、目次の方に目を通して頂ければ幸いだ。

 

カードの概要をいち早く知りたい場合は、目次の後方にある「まとめ」をクリックするとお分かりいただけると思う。


スポンサードリンク

    

目次

Visa LINE Payクレジットカード(P+)とは?

Visa LINE Payクレジットカード(P+)(通称:LINEクレカ(P+))とは、三井住友カード株式会社・ビザワールドワイドジャパン株式会社・LINE株式会社 が提携発行するクレジットカードになる。

Visa LINE Payクレジットカードの姉妹カードとなる。

↓Visa LINE Payクレジットカード

LINEクレカ(P+)の入会費や年会費は?

LINEクレカ(P+)の入会費や年会費は、以下のようになる。

入会費

無料

年会費

永年無料

LINEクレカ(P+)の締め日や引き落とし日は?

LINEクレカ(P+)の締め日や引き落とし日は、以下のようになる。

締め日

月末締め

引き落とし日

翌月26日払い

LINEクレカ(P+)の国際ブランドは?

LINEクレカ(P+)の国際ブランドは、Visaのみになる。
visa

LINEクレカ(P+)の券面デザインは?

LINEクレカ(P+)の券面デザインは、以下のようになる。

WHITE(ホワイト)

GREEN(グリーン)

YELLOW(イエロー)

BLACK(ブラック)

カードレスタイプ

LINEクレカ(P+)の申込み基準は?

保険

 

LINEクレカ(P+)の申込み基準だが、「満18歳以上の方」となっている。

高校生は申し込めないので、注意してほしい。
また、未成年の場合は親権者の同意が必要となる。

一般のLINEクレカ保有者も申し込むことができ、LINEクレカ(P+)の2枚持ちも可能だ。

審査期間は?どのくらいで届くの?

LINEクレカ(P+)の審査期間だが、早いと5分で終わるとの事だ。
即日発行申込み(受付時間9:00〜19:30)で審査に通れば、その日のうちにカードが利用できるようになる。

リアルカードは、審査通過後、7日~14日あたりで発送されるようだ。

LINEクレカ(P+)のポイント還元率は?

ポイント

 

LINEクレカ(P+)を利用すると、0.5%のLINEポイントが貯まる。

また、LINE Payに登録して「チャージ&ペイ」で決済した場合、利用額の5%のポイントが付与される(付与上限は月500P)

LINE Payの「オンライン支払い」「請求書支払い」は5%還元対象外となるので、注意してほしい。

ちなみに、LINE PayはPayPay加盟店でも使えるとの事だ。

→PayPay加盟店一覧

LINEポイントの使い道は?

貯まったLINEポイントは、ギフト券に交換したり、LINEPay残高に移行して支払いに使う事もできる。
LINEアプリ「ウォレット」の「お得に使う」より、同レートでPayPayポイントに移行する事も可能だ。

↓LINE Payコード決済画面の「LINEポイントを使用」のバーを右にスライドさせるとLINEポイントが優先して使われる

 

また、プリペイドカードのLINEPayカードにポイントチャージすれば、JCB加盟店でクレジットカードのように使える。

↓LINEPayカード
LINEPayカード プリペイドカード

 
スポンサードリンク

LINEクレカ(P+)のメリットは?

LINEクレカ(P+)のメリットをいくつかまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

家族カードが無料!!

家族

 

LINEクレカ(P+)には、家族カードを付帯できる。

家族会員は、本カード会員とほぼ同等のサービスを受ける事ができる。

年会費は無料になる。

なお、本カードとの同時申し込みはできないので注意してほしい。

ETCカードも実質無料!!

etc

 

LINEクレカ(P+)の会員は、ETCカードも付帯させる事ができる。

年会費は550円(税込)になるが、初年度は無料だ。
翌年度以降は、前年度に一度でもETC利用があれば年会費無料になる。

なお、本カードとの同時申し込みはできないので注意してほしい。

Visaのタッチ決済が搭載!!

LINEクレカ(P+)には、Visaのタッチ決済機能が搭載している。
サインや暗証番号は不要で、レジにあるリーダーにタッチするだけで支払いを済ます事ができる。

店員にカードを渡す必要もないので、スキミングの心配もなく、衛生面でも優れているといえよう。

Visaは世界的なブランドなので、今後加盟店は拡大していくと思われる(iDやクイックペイは国内でしか使えない)

Visaのタッチ決済は、下記のマークがある店舗で利用可能だ。
Visaのタッチ決済

Visaタッチ決済加盟店一例
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマート、ポプラ、生活彩家、マクドナルド、すき家、はま寿司、ココス、なか卯、餃子の王将、ほっかほっか亭、ビッグボーイ、ジョリーパスタ、モスバーガー、タリーズコーヒー、ドトールコーヒー、エクセルシオールカフェ、イオン、イトーヨーカドー、マックスバリュ、ダイエー、カスミ、まいばすけっと、マルエツ、ウエルシア薬局、ビブレ、京王百貨店、表参道ヒルズ、コカ・コーラ、郵便局、ヒマラヤスポーツ、神戸空港、関西国際空港、大阪国際空港…etc
タッチ決済はセルフレジでも!!

タッチ決済は、セルフレジで利用可能な店舗もある。
イオンのセルフレジにて、タッチ決済の一部始終を撮影してきたので参考までにご覧あれ。

Visaのタッチ決済をイオンで使ってみた!!

Apple Pay(アップルペイ)に対応!!

 

LINEクレカ(P+)は、Apple Payに対応している。

Apple Payは、対象となるiPhoneやApple Watchにクレジットカードを登録し、専用の端末にかざす事で支払いが可能になるサービスだ。

【Apple Pay】設定方法(iPhone、Apple Watch)

 

ApplePayに登録されたクレジットカードは、「iD」もしくは「QUICPay」どちらかに割り振られる。

LINEクレカ(P+)の場合はiDに割り振られるので、全国のiD加盟店で支払いに使う事ができる。

会計の際は「iDで!」と店員さんに伝えよう。

ApplePayを利用すれば、クレジットカード支払い時と同様、Vポイントが付与される。

iDが使える店舗一例
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、イオン、マックスバリュ、ザ・ビック、牛角、はま寿司、ガスト、神戸屋レストラン、ジョナサン、デニーズ、バーミヤン、ケンタッキー(一部店舗利用不可)、すき家(一部店舗利用不可)、マクドナルド、モスバーガー(一部店舗利用不可)、吉野家(一部店舗利用不可)、ロッテリア(一部店舗利用不可)、ドトールコーヒー(一部店舗利用不可)、和民、魚民、笑笑、白木屋、ウエルシア薬局(一部店舗利用不可)、スギ薬局、ツルハドラッグ、マツモトキヨシ(一部店舗利用不可)、RIZAP(一部店舗利用不可)、ドン・キホーテ(一部店舗利用不可)、コジマ、ジョーシン、ソフマップ、ドコモショップ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、タワーレコード、TSUTAYA(一部店舗利用不可)、洋服の青山、富士急ハイランド、快活クラブ、シダックス、BIG ECHO、ルートイン、ムラサキスポーツ(一部店舗利用不可)
LINEクレカ(P+)をApple Payに認証するには?

LINEクレカ(P+)は、iPhone・AppleWatchの「Wallet」アプリよりApple Payに追加する事が可能だ。
詳細は、下記の動画を参考にしてほしい。

【Apple Pay】設定方法(iPhone)【三井住友カード公式】

【Apple Pay】設定方法(Apple Watch)【三井住友カード公式】

Google Pay(グーグルペイ)にも対応!!

LINEクレカ(P+)は、Google Payにも登録可能だ。

Google Payは、おサイフケータイアプリ(6.1.5以上)対応かつAndroid™5.0以上のデバイスに対応している。

登録すれば、Apple Payと同様にiD加盟店にて支払う事ができる。

Google Payは「GooglePlayアプリ」よりダウンロード可能だ。

最高2000万円の旅行保険

飛行機

 

LINEクレカ(P+)には、最高2000万円の海外旅行保険も付帯している。
補償内容については、下記を参照してほしい。

海外旅行保険
担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高2000万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
50万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
50万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2000万円
携行品損害
(1旅行中かつ1年間の限度額)
[自己負担:1事故3,000円]
15万円
救援者費用
(1年間の限度額)
100万円

ショッピング保険

ショッピング保険

 

LINEクレカ(P+)には、お買物安心保険が付帯している。

カードで購入した商品が200日以内に、破損・盗難などの損害が生じた場合、自己負担額として3000円を支払う事で1事故につき年間100万円まで補償してくれる。

※海外での利用、リボ払いもしくは分割払い(3回以上)を利用した場合に適用される

紛失・盗難補償が付帯!!

盗難補償

 

カードを紛失したり盗難にあった場合、紛失・盗難受付デスクに連絡し警察署に届け出る事により、届け日より60日前までさかのぼり、不正に利用された損害額が補てんされる。

国内での紛失・盗難

国内で紛失・盗難にあった場合の連絡先は、以下のようになる。

三井住友カード紛失・盗難受付デスク(VJ紛失・盗難受付デスク)
0120-919-456
(フリーダイヤルがつながらない場合:06-6445-3530)
受付時間︰ 24時間・年中無休
海外での紛失・盗難

海外で紛失・盗難にあった場合の連絡先は、下記リンクを参照してほしい。

→三井住友カード紛失・盗難受付デスク(海外)のご案内

オンラインでも手続きは可能!!

カードの停止や再発行は、オンラインからでも手続き可能だ。
詳細は、下記のリンクをご覧頂きたい。

→カードの紛失・盗難

LINEクレカ(P+)のデメリットは?

悩む

 

LINEクレカ(P+)のデメリットは、以下をご覧いただきたい。

通常時のポイント還元率が0.5%と低い

LINEクレカ(P+)のクレジットカード払い利用時の還元率は、0.5%となっている。

この還元率は決して高いとはいえない。

通常のLINEクレカのクレジットカード払いは1%還元なので、LINEクレカ(P+)との2枚持ちで使い分けるのも一つの手だろう。

ちなみに、年会費無料で還元率1%以上のカードとなると、リクルートカードや楽天カードなどが挙げられる。

PayPay加盟店で使えることが認識されていない

LINE PayはPayPay加盟店でも使えるようだが、それを店員さんが認識しておらず、レジで微妙な空気になる事が懸念される。

そういった事態を避けるためには、LINE PayがPayPay加盟店でも使える事が周知されるまで、セルフレジを使うのが無難だと思う。

国際ブランドがVisaのみ

LINEクレカ(P+)の国際ブランドはVisaのみとなっている。

Visaは世界でのシェア率56%を占め、最も使われている国際ブランドといっても良いだろう。

ただし、日本国内では、個人経営の小さなお店や単価の高い料理店ではJCBのみ加盟しているケースもある。

また、コストコでクレジットカード払いをする際は、MasterCardしか使えないので注意してほしい。

年会費無料で、Visa・MasterCard・JCBブランドが揃っているものといえば、楽天カードイオンカードなどが挙げられる。

LINEクレカとLINEクレカ(P+)の違いは?

LINEクレカとLINEクレカ(P+)との違いを下記にまとめたので、参考までにご覧いただきたい。

LINEクレカ LINEクレカ(P+)
カードフェイス Visa LINE Payクレジットカード
ポイント還元率 通常:1%
チャージ&ペイ:0.5%
通常:0.5%
チャージ&ペイ:5%(月500Pまで)
即日発行 不可 可能

LINEクレカ(P+)を解約するには?

LINEクレカ(P+)は、三井住友カード会員向けサービス「Vpass」より退会の手続きができる。

本カード解約とともにそれに付帯する家族カードやETCカードも解約となるので注意してほしい。

LINEクレカ(P+)解約手順

↓Vpassトップページ右下にある「各種変更・お手続き」を選択
三井住友カード 解約

 

↓「カードの退会(解約)」から手続きを済ませてほしい
三井住友カード 解約

家族カードのみ・ETCカードのみ解約する場合は?

家族カードのみ・ETCカードのみ解約したい場合も、上記と同様の手順でVpassより手続き可能だ。

案内に沿って進んでいくと退会カードの選択画面が表示されるので、解約したい家族カードやETCカードを選択してほしい。

まとめ

いかがだっただろうか?

 

LINEクレカ(P+)についてまとめると・・・

 

Visa LINE Payクレジットカード(P+)
券面デザイン
申込み条件 満18歳以上の方(高校生は不可)
※未成年は親権者の同意が必要
入会金 無料
年会費 永年無料
国際ブランド Visa
ポイント還元率 LINEポイント 0.5%(付与上限なし)
※LINE Payの「チャージ&ペイ」利用で5%還元(付与上限月500P)
※クレジットカード決済分は、1~3日後にポイント付与
※チャージ&ペイでの決済分は、翌月20日頃にポイント付与
※LINEポイントの有効期限は、最後にポイントを獲得してから180日後
家族カード 発行手数料:無料
年会費:無料
再発行:1100円(税込)
ETCカード 発行手数料:無料
年会費:550円(税込)
再発行:1100円(税込)
※初年度は年会費無料
※年に一度でもETC利用があれば翌年度も年会費無料
海外旅行保険 最高2000万円(利用付帯)
国内旅行保険 なし
ショッピング保険 年間100万円まで補償(購入日から200日間)
※自己負担額3000円
※海外での利用、および国内でのリボ払いもしくは分割払い(3回以上)を利用した場合に適用
支払い方法 1回払い・2回払い・ボーナス一括払い・リボ払い・分割払い
Apple Pay 登録可(電子マネーiD、Visaのタッチ決済)
Google Pay 登録可(電子マネーiD、Visaのタッチ決済)
限度額(総利用枠) 10~80万円
備考 ・最短5分で発行可(9:00〜19:30までの申込みが対象)
・本カードと追加カード(ETCカードなど)の同時申し込みは不可
・1年以内に即時発行で三井住友カードに入会した場合は、即時発行の申し込みは不可
・プラスチックカード不要のカードレスタイプもあり
・カードレスタイプは、ApplePayには対応しているがGooglePayには非対応
・LINE Payのオンライン支払いや請求書支払いは5%還元対象外
・LINE PayはPayPay加盟店でも利用可
・電子マネーやプリペイドカードなどへのチャージはポイント付与対象外
・LINEポイントはLINE Payにて1P=1円として支払いに使える
・LINEポイントはLINEアプリのウォレットより、同レートでPayPayポイントに移行できる
・Visa LINE Payクレジットカードとの2枚持ちが可能
・プラスチックカードにもVisaのタッチ決済が搭載

 

といった感じだ。

 

Visa LINE Payクレジットカード(P+)、興味のある方は発行してみてはいかがだろうか。

 

↓こちらの記事もおすすめ!!
・Visa LINE Payクレジットカードの魅力って?年会費無料!評判・口コミも!
・LINEポイントは何に使えるの?お得な貯め方は?自動車税は払えるの?
・ラインペイのメリット・デメリットは?paypayとの違いも!

 


スポンサードリンク