国際ブランド おすすめ

 

皆さん、クレジットカードをお持ちだろうか?

クレジットカードを作る際に、VISAとかJCBといった国際ブランドを選択する事はご存知かと思う。

ただ、どれを選べば良いのか迷った経験はないだろうか。

 

という事で、今回はクレジットカードの国際ブランドについて調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。


スポンサードリンク

国際ブランドとは?

国際ブランドとは、世界中で24時間クレジットカード決済可能なシステムを提供する会社の事を指す。

日本で使われている主要ブランド「VISA」「MaterCard」「JCB」について、今から解説したいと思う。

VISA(ビザ)

visa

 

VISAは、アメリカ発祥のブランドになる。

世界シェアは40%以上を誇り、世界で一番使われている国際ブランドとも言える。
加盟店も世界で一番多いとも言われている。

日本でのシェア率は2位との事だが、加盟店も増えてきており近々1位になると予想されている。

どれにしようか迷ったらVISAにしておくのが無難だろう。

MasterCard(マスターカード)

mastercard

 

MaterCardもアメリカ発のブランドだ。
こちらの世界でのシェア率は30%以上で、VISAとはライバル関係にある。

VISAがアメリカに加盟店が多いのに対し、MaterCardはヨーロッパに強いとの事。

一昔前は、日本では弱いイメージがあったが、現在はVISAやJCBと遜色なく使える。

ちなみに、コストコでクレジットカード払いをする際は、MasterCardしか使えないので注意してほい。


スポンサードリンク

JCB(ジェーシービー)

jcb

 

JCBは日本発祥のブランドで、国内トップのシェア率を誇る。
日本での加盟店もJCBが一番多いとの事だ。

ただ、世界でのシェア率は2%であまり普及されていない。
ヨーロッパやアメリカの加盟店はかなり少なく名前さえも知られていないようだ(アジアやハワイ、グアムでは使えるところもある)

海外での加盟店は少ないのだが、JCB会員が利用できるJCBプラザ(海外のコールサポートセンター)は評判が良いとの事。

JCBの加盟店は日本では減っているが、個人経営の小さなお店や単価の高い料理店では、JCBのみ加盟しているケースもある(加盟店が減っている理由は手数料が高く利益が減少するため)

まとめ

いかがだっただろうか?

 

国際ブランドについてまとめると・・・

 

・初めてクレジットカードを作るのならVISAを選ぶのが無難
・VISAが使えるところはMasterCardも使えるケースが多い(例外もあり)

・海外に行く機会が多いのなら、VISAかMasterCard
・コストコはMasterCardしか加盟していない
・国内だけで利用するならどれを選んでも大きな差はない
・VISAは世界シェア率トップだが、国内で使えないケースがまれにある
・VISAとJCBもしくはMaterCardとJCBの合わせ持ちで困る事はほぼない

 

といった感じだ。

 

というわけで、最後まで読んで頂いた事に感謝を申し上げたい。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク