クレジットカード 審査

 

皆さん、クレジットカードをお持ちだろうか?

私もクレジットカードを申し込んだ事があるのだが、審査に落ちた事も何回かある。

というわけで、クレジットカードの審査についてちょっと調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧ください!


スポンサードリンク

クレジットカードの審査とは?仕組みは?

クレジットカードをつくるには、必ず審査を通過しなければならない。

審査では、職業、年収、勤続年数といった多種の要素から、返済能力があるかどうか点数をつけられる(スコアリング)

スコアリングの基準を満たした方のみに、クレジットカードが発行される。

年齢制限はある?

クレジットカードは、基本的に高校生を除く18歳以上の方が申し込める。

申し込み時の年齢の上限は、65歳から70歳に設定している事が多いようだ。

申し込むクレジットカードにより、下限・上限は変わるのだが、18歳未満の方は申し込めないと考えて良いだろう。

国際ブランドで違いはある?

日本でよく使われている主要国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB が挙げられる。

この中では、JCBが若干審査に通りにくいようだが、三社ともそこまで大きな違いはないようだ。

アメリカンエキスプレス(アメックス)は、先程挙げた三社よりも審査が厳しく、定職に就いていて安定した収入がないと厳しいとの事。

年収は?アルバイトや専業主婦でも通る?

年収だが、審査がゆるいカードだったら100万以下でも通った事例があるようだ。

審査が甘いものとしては、楽天カード、yahooカード、イオンカード、ACマスターカードなどが挙げられる。

ブラックカードやプラチナカードなどは、年収500万以上などの条件を課している事が多く、高い返済能力が必要とされる傾向にある。

通りやすい職種は?

公務員は収入が安定しているため、審査に通りやすいようだ。

会計士、弁護士などの士業は通りやすいように思えるが、独立していると自営業とみなされるため、スコアリングの点数は若干落ちるとの事。

楽天カードやイオンカードなどの流通系クレジットカードは、アルバイトやパートでも通った事例はいくつもあるようだ(流通系クレジットカードとは、デパートや通販会社などが発行するカードの事)

まったく収入のない無職や生活保護の方がカードをつくるのは厳しいようだ。


スポンサードリンク

スーパーホワイトは審査に通りにくい

これまでに一度もローンやクレジットカードなどを利用した事なく、信用機関に一切情報がないことを「スーパーホワイト」と言う。

スーパーホワイトだと、どのような人物が申し込んだのが判断できないため、審査において不利になる。

スーパーホワイトを脱却するには、携帯を購入する際、分割で支払うと良いだろう。

分割で払う事で、クレジットカードヒストリー(クレヒス)を積むことができる。

支払いの遅延などの金融事故があると、クレヒスに傷がつき、逆に審査において不利になるので注意してほしい。

多重申込みはしない!

同時期にクレジットカードを複数申し込むと審査に落ちやすいようだ。

多重申込みをすると、「お金に困っている」とクレジットカード会社から判断され、ブラックリスト入りになるケースも・・・

ブラックリストに入ると、審査に通りにくくなる(申し込み履歴は6ヶ月間保存される)

ブラックリスト入りを避けるため、1ヶ月に3枚以上申し込むのは控えた方が良いだろう。

あとがき

いかがだっただろうか?

 

クレジットカードの審査についてまとめると・・・

 

・申し込み書はできるだけ埋める
・VISA、MasterCard、JCBに比べ、アメリカンエキスプレスは審査が厳しい
・楽天カードなどの流通系クレジットカードは審査が甘い
・自営業は公務員や会社員と比べ、通りにくい
・クレヒスがないスーパーホワイトは不利
・多重申込みは控える

 

といった感じだ。

 

それでは、最後までお読みいただいた事に感謝を申し上げたい。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク