ANA JCB ワイドカード

 

皆さん、ANAJCBワイドカードはご存知だろうか?

こちらのクレジットカード、旅行好きな方からなかなか人気のようだ。

というわけで、今回はANAJCBワイドカードについて調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。

 

スポンサードリンク
ANAJCBカード

 

ANAJCBワイドカードとは?発行会社は?

ANAJCBワイドカードとは、ANA(全日空)とJCBが提携発行するクレジットカードになる。

ANA JCB一般カードの上位版カードだ。

↓ANA JCB 一般カード
ANAJCB一般カード

ANAJCBワイドカードの入会費や年会費は?

ANAJCBワイドカードの入会費や年会費は、以下のようになる。

入会費

無料

年会費

7975円(税込)

ANAJCBワイドカードの締め日や引き落とし日は?

ANAJCBワイドカードの締め日や引き落とし日は、以下のようになる。

締め日

毎月15日

引き落とし日

翌月10日(土・日・祝日の場合は翌営業日)

ANAJCBワイドカードの国際ブランドは?

ANAJCBワイドカードの国際ブランドだが、JCBのみになる。
jcb

ANAJCBワイドカードの券面デザインは?

ANAJCBワイドカードの券面デザインは、下記をご覧いただきたい。

↓ANAJCBワイドカード
ANA JCB ワイドカード

ANAJCBワイドカードの申込み基準は?

審査

 

ANAJCBワイドカードの申込資格は、「18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方」となっている。
学生は申し込めないので、注意して頂きたい。

ANAJCBワイドカードのポイント還元率は?

ポイント

 

ANAJCBワイドカードでショッピングをすると、okidokiポイントが付与される。

1000円(税込)につき1ポイントが還元される(月のカード累計利用額よりポイント換算)

貯まったokidokiポイントは、楽天ポイント・WAONポイント・nanacoポイントといった様々なポイントに交換可能だ。
また、キャッシュバックにも対応している。

移行先のポイントによりレートは変わるが、還元率は0.3%~0.5%といったところか。

ポイント有効期限は獲得から2年になる。

okidokiポイント交換レート

okidokiポイント 交換できるポイント
1ポイント キャッシュバック 3円分(還元率0.3%)
1ポイント Amazonポイント 3.5円分(還元率0.35%)
1ポイント スターバックス カード 4円分(還元率0.4%)
1ポイント 楽天ポイント 4円分(還元率0.4%)
1ポイント WAONポイント 4円分(還元率0.4%)
1ポイント Tポイント 4~5円分(還元率0.4~0.5%)
1ポイント JCBプレモカード 5円分(還元率0.5%)
1ポイント nanacoポイント 5円分(還元率0.5%)
500ポイント iTunes Card 1500円分(還元率0.3%)
1050ポイント JCBギフトカード 5000円分(還元率0.47%)

okidokiポイントはマイルにも交換可能!

ANAJCB一般カードで貯まったokidokiポイントはANAマイルにも移行できる。

1ポイントにつき5マイルと交換可能だ。

また、年間5000円(税別)の移行手数料を払う事で1ポイント=10マイルとして交換可能だ。

マイルの有効期限は獲得月から36ヶ月後の月末までになる。

 

スポンサードリンク
ANAJCBカード

ANAJCBワイドカードのメリットは?

ANAJCBワイドカードのメリットをいくつかまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

家族カードが発行できる!!

家族カード
ANAJCBワイドカードは、家族カードを付帯できる。

家族会員は、本カード会員とほぼ同等のサービスを受ける事ができる。

発行手数料は無料、年会費は1500円(税別)となる。

ETCカードが無料!!

etc

 

ANAJCBワイドカードには、ETCカードも付帯させる事ができる。

発行手数料無料、年会費は無料だ。

ANA QUICPay+nanacoが使える!!

 

ANAJCBワイドカード会員は、ANA QUICPay+nanacoに申し込める(一般のQUICPayにも申込み可)

ANA QUICPay+nanacoは、スキップサービス・QUICPay・nanacoの3つの機能を兼ね備えた万能型の非接触決済ツールだ。

発行手数料は300円(税別)、年会費は無料となる。

家族会員も発行可能だ。

ANA QUICPay+nanaco誕生!

ボーナスマイルがもらえる!!

ガッツポーズ

 

ANAJCBワイドカードの会員は、ANA便搭乗ごとに、区間基本マイレージに加え25%のボーナスマイルが進呈される。

また、入会時に1000マイル・継続時に1000マイルが進呈される。

最高5000万円の旅行保険

飛行機

 

ANAJCBワイドカードには、最高5000万円補償の旅行保険が付帯している。
詳細は、下記をご覧頂きたい。

国内旅行保険
保険の種類
保険金額
障害 死亡後遺障害 最高5000万円
入院保険金(日額) 10000円
手術保険金 10万円~40万円
通院保険金(日額) 2000円
海外旅行保険
保険の種類 保険金額
傷害死亡 最高5000万円
傷害治療費用 最高150万円
疾病治療費用 最高150万円
賠償責任 1回の事故につき2000万円限度
携行品損害 年間累計額50万円限度
救援者費用等 年間累計額100万円限度

ショッピング保険

ショッピング

 

ANAJCBワイドカードには、ショッピングガード保険が付帯している。

カードで購入した商品が90日以内に破損・盗難などの損害が生じた場合、年間100万円まで補償される(海外利用分のみ)

※免責金額1万円を自己負担する必要あり

あとがき

いかがだっただろうか?

 

ANAJCBワイドカードについてまとめると・・・

 

ANA JCB ワイドカード
券面デザイン ANA JCB ワイドカード
申込み条件 18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方
※学生は申込み不可
入会金 無料
年会費 7975円(税込)
国際ブランド JCB
ポイント還元率 okidokiポイント 1%
※1000円(税込)の利用につき1ポイント付与
※1ポイント=5マイルとしてANAマイルに移行可
※年間5000円(税別)の移行手数料を払う事で1ポイント=10マイルに移行可
※マイルの有効期限は獲得月から36ヶ月後の月末まで
家族カード 発行手数料:無料
年会費:1500円(税別)
ETCカード 発行手数料:無料
年会費:無料
海外旅行保険 最高5000万円
国内旅行保険 最高5000万円
ショッピング保険 年間100万円まで補償(購入日から90日間)
※自己負担額1万円
※海外利用分のみ
Apple Pay 登録可(電子マネーQUICPay)
Google Pay 登録可(電子マネーQUICPay)
限度額(総利用枠) 入会時にご案内
支払い方法
1回払い、2回払い、ボーナス1回払い、リボ払い、分割払い、スキップ払い
備考 ・ANA便搭乗時に区間基本マイレージに加え25%のボーナスマイルが加算
・入会時に1000マイル、継続時に1000マイルが進呈
・ANA QUICPay+nanacoに申し込める(発行手数料は税込330円)
・一般のQUICPayにも無料で申込み可(専用カード、おサイフケータイから選択)
・ANA PiTaPaカードに申込み可
・楽天Edyが搭載(200円の利用につき1マイル還元)
・空港ラウンジサービスや手荷物無料宅配サービスはなし
・空港内店舗「ANA FESTA」にて5%割引
・ANAグループ空港内免税店にて5%割引
・ショッピングサイト「ANAショッピング A-style」で5%割引
・ANAスカイホリデー、ANAハローツアー、ANAワンダーアースツアーが5%割引(直接申し込みの場合のみ適用)
・ANAの機内販売が10%割引

 

といった感じだ。

 

ANAJCBワイドカード、興味のある方は利用してみてはいかがだろうか?

 

↓今すぐANAJCBカードについて調べてみる!!
ANAJCBカード

 

↓こちらの記事もおすすめ!!
・ANAJCB一般カードの魅力とは?マイルが貯まってお得だよ!
・ANAJCBワイドゴールドカードは魅力いっぱい!マイルザクザク!
・ANAJCBプレミアムカードは最強?メリットだらけの究極のカード!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク