ANAJCB一般カード

 

皆さん、ANAJCB一般カードはご存知だろうか?

こちらのクレジットカード、旅行好きな方からはなかなか人気のようだ。

というわけで、今回はANAJCB一般カードについて調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。

 

スポンサードリンク
ANAJCBカード

 

目次

ANAJCB一般カードとは?発行会社は?

ANAJCB一般カードとは、JCBが航空会社ANAと提携し、発行するクレジットカードになる。

ANAJCB一般カードの入会費や年会費は?

ANAJCB一般カードの入会費や年会費は、以下のようになる。

入会費

無料

年会費

2000円(税抜)
※初年度年会費無料

ANAJCB一般カードの締め日や引き落とし日は?

ANAJCB一般カードの締め日や引き落とし日は、以下のようになる。

締め日

毎月15日

引き落とし日

翌月10日

ANAJCB一般カードの国際ブランドは?

ANAJCB一般カードの国際ブランドだが、JCBのみになる。
jcb

ANAJCB一般カードの券面デザインは?

ANAJCB一般カードの券面デザインは、下記をご覧いただきたい。

ANAJCB一般カード
ANAJCB一般カード

ANAJCB一般カードの申込み基準は?

 

ANAJCB一般カードの申込資格は、「18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入のある方」となっている。
学生は申し込めないので、ご注意頂きたい。

審査期間は?どのくらいで届くの?

ANAJCB一般カードの審査期間だが、早くて15分、長引くと10日近くかかるようだ。

審査通過後は、1週間あたりでカードが手元に届くとの事。

ANAJCB一般カードのポイント還元率は?

ポイント

 

ANAJCB一般カードでショッピングをすると、税込1000円の利用につき1ポイント貯まる。

貯まったokidokiポイントは、楽天スーパーポイントやTポイント、nanacoポイントといった様々なポイントに交換可能だ。

移行先のポイントによりレートは変わるが、還元率は0.3%~0.5%といったところか。

ポイント有効期限は獲得から2年になる。

↓okidokiポイント交換レート

1ポイント キャッシュバック 3円分(還元率0.3%)
1ポイント Amazonポイント 3.5円分(還元率0.35%)
1ポイント スターバックス カード 4円分(還元率0.4%)
1ポイント 楽天スーパーポイント 4円分(還元率0.4%)
1ポイント WAONポイント 4円分(還元率0.4%)
1ポイント Tポイント 4~5円分(還元率0.4~0.5%)
1ポイント JCBプレモカード 5円分(還元率0.5%)
1ポイント nanacoポイント 5円分(還元率0.5%)
500ポイント iTunes Card 1500円分(還元率0.3%)
1050ポイント JCBギフトカード 5000円分(還元率0.47%)

okidokiポイントはマイルにも交換可能!

ANAJCB一般カードで貯まったokidokiポイントはANAマイルにも移行できる。

1ポイントにつき5マイルと交換可能だ。

1ポイント=10マイルとしても交換できるが、移行手数料として年間5000円(税別)を払う必要がある。
ちなみに、ANAVISAカードやANAアメックスの移行手数料は6000円なので1000円お得だ。

1マイルの価値を約2円とすると、ANAJCB一般カードのマイル還元率は1%~2%といったところか(マイルの価値は時期や使い方により変動する)

他社提携ポイントへ移行した際の還元率は0.5%以下なので、マイルに交換するのが一番お得なのかもしれない。

マイルの有効期限は獲得月から36ヶ月後の月末までになる。

 

スポンサードリンク
ANAJCBカード

ANAJCB一般カードにはクイックペイも!

ANAJCB一般カード会員は、電子マネーQUICPayを利用できる(モバイルタイプ、カードタイプから選択可能)

QUICPayがあれば、端末にカードやスマホをかざすだけで支払いが完了する。
店員にクレジットカードを渡して読み取ってもらう手間が省けるので、決済の時間短縮にもなりそうだ。

QUICPay TVCM「そろそろ、クイック?」篇(15秒)

ANAJCB一般カードに家族カードはある?

家族カード
ANAJCB一般カードは、年会費1100円(税込)で家族カードを付帯できる。

家族会員は、本カード会員とほぼ同等のサービスを受ける事ができる。

本会員と同時入会した場合、年会費は初年度無料になる。

ANAJCB一般カードにはETCカードも!

etcカード

 

ANAJCB一般カードには、ETCカードも付帯させる事ができる。

発行手数料無料、年会費も無料だ。

ETCカードを利用したときも、1000円の利用につき1ポイントが付与される。

ETCカードは会員1名につき1枚までしか発行できない(家族会員も発行可能)

ANAJCB一般カードのメリットは?

ANAJCB一般カードのメリットをいくつかまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

ANAグループでの利用で割引

ANAJCB一般カード会員は、ANA機内販売やギフトショップ「ANA FESTA」においてカードで支払うと10%割引される。

また、空港免税店やA-styleでは5%割引価格でショッピングが可能だ。

マイルが貯まりやすい

ANAJCB一般カード会員は、多くのシーンでマイルを貯める事が可能だ。
詳細は下記をご覧いただきたい。

・入会時に1000マイル付与
・毎年のカード継続時に1000マイル付与
・ANAグループ便を搭乗すると、運賃の10%のマイルが付与
・カード付帯のEdy払い200円につき1マイル付与
・ANAマイレージモールでの利用で100円ごとに1マイル付与
・ANAカードマイルプラス加盟店での利用で、最大で利用額の1%のマイルが付与

Apple Pay(アップルペイ)に対応!!

jcb apple pay引用:www.jcb.jp

 

ANAJCB一般カードは、Apple Payにも対応している

Apple Payは、対象となるiPhoneやApple Watchにクレジットカードを登録し、専用の端末にかざす事で支払いが可能になるサービスだ。

Apple Pay — クレジットカードやプリペイドカードを使いお店で支払う方法 — Apple

 

ApplePayに登録されたクレジットカードは、「iD」もしくは「QUICPay」どちらかに割り振られる。

ANAJCB一般カードの場合はQUICPayに割り振られるので、全国のQUICPay加盟店で支払いに使う事ができる。

会計の際は「クイックペイで!」と店員さんに伝えよう。

ApplePayを利用すれば、クレジットカード支払い時と同様、ポイントが付与される。

QUICPayが使える店舗一例
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、イオン、マックスバリュ、ダイエー、THE BIG、まいばすけっと、ウエルシア薬局、サンドラッグ、スギ薬局、ツルハドラッグ、マツモトキヨシ、エクセルシオールカフェ、珈琲所コメダ珈琲店、ドトールコーヒーショップ、やるき茶屋、CoCo壱番屋、ケンタッキー(一部店舗では利用不可)、すき家、マクドナルド、モスバーガー、リンガーハット、ロッテリア(一部店舗では利用不可)、いきなり!ステーキ、温野菜、ガスト、かっぱ寿司、牛角、サガミ、ジョナサン、ステーキガスト、デニーズ(一部店舗では利用不可)、バーミヤン、はま寿司、ロイヤルホスト、和食さと、和民、エディオン、ケーズデンキ、コジマ、ジョーシン、ソフマップ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、アップルストア、auショップ、TSUTAYA、ファッションセンターしまむら、Right-on(一部店舗では利用不可)、六本木ヒルズ、快活CLUB、ジャンカラ、東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、富士急ハイランド、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、イエローハット、ディズニーストア、メガネスーパー(一部店舗では利用不可)
ANAJCB一般カードをApple Payに認証するには?

ANAJCB一般カードは、iPhoneの「Wallet」アプリよりApple Payに追加する事が可能だ。
詳細は、下記の動画を参考にしてほしい。

30秒でわかる!Apple Payの登録方法

Google Pay(グーグルペイ)にも対応!!

ANAJCB一般カードは、Google Payにも登録可能だ。

Google Payは、おサイフケータイアプリ(6.1.5以上)対応かつAndroid™5.0以上のデバイスに対応している。

登録すれば、Apple Payと同様にQUICPay加盟店にて支払う事ができる。

Google Payは「GooglePlayアプリ」よりダウンロード可能だ。

カンタン!Google Pay登録

最高1000万円の旅行保険

航空機

 

ANAJCB一般カードには、最高1000万円の旅行保険も付帯している。
補償内容については、下記をご覧頂きたい。

国内旅行傷害保険
担保項目 保険金額
傷害死亡保険金 1000万円
傷害後遺障害保険金 程度により40万~1000万円
海外旅行傷害保険
担保項目 保険金額
傷害死亡保険金 1000万円
傷害後遺障害保険金 程度により40万~1000万円
救援者費用 年間累計額100万円限度

ショッピング保険

ショッピング

 

ANAJCB一般カードには、ショッピングガード保険が付帯している。

カードで購入した商品が90日以内に破損・盗難などの損害が生じた場合、年間100万円まで補償される(海外利用分のみ)

※免責金額1万円を自己負担する必要がある

紛失・盗難補償が付帯!!

盗難補償

 

カードの紛失や盗難により不正利用にあった場合、JCB紛失盗難受付デスクに連絡し警察署に届け出る事で、届け日より60日前以降の損害額がJCBカードより補てんされる。

ETCカードやQUICPay専用カードを紛失した場合も、同様の電話番号まで問い合わせてほしい。

国内での紛失・盗難

国内で紛失・盗難にあった場合の連絡先は、以下のようになる。

JCB紛失盗難受付デスク【受付時間  24時間・年中無休】
フリーダイヤル 0120-794-082
海外での紛失・盗難

海外で紛失・盗難にあった場合の連絡先は、下記リンクを参照してほしい。

→「JCB紛失盗難受付デスク(海外)」連絡先一覧

オンラインでも手続きは可能!!

MyJCBに登録済みのカードの場合は、MyJCB画面上部のメニューの「カードの紛失・盗難」からでもカードの停止や再発行の手続きが可能だ。

3Dセキュア(本人認証サービス)に対応!!

ANAJCB一般カードは、3Dセキュアに対応している。

3Dセキュアとは、オンラインでの支払いの際、専用パスワードを入力して本人確認を行う「本人認証サービス」の事を指す。

仮に3Dセキュアに対応していない場合、カードを落としてしまった際、カード番号やセキュリティコード(裏面に記載されている3桁の数字)などの情報が第三者に知られ悪用される危険性がある。

しかし3Dセキュアに対応しているカードであれば、決済の際、本人にしかわからないパスワードを入力する必要があるのでなりすましを防ぐ事が可能だ。

↓本人認証サービスの仕組み
jcbカード 3Dセキュア引用:jcb.co.jp

 

認証時のパスワードは、「MyJCBログインパスワード」もしくは「J/Secureワンタイムパスワード」のどちらかになる。

ANAJCB一般カードを本人認証サービスに対応させるには?

カード番号が「354」「355」「3573」から始まる場合、JCBの会員専用WEBサービス「MyJCB」に登録すると自動的に本人認証サービスにも登録される。

上記の番号以外から始まるカードの場合は、カード裏面記載の発行会社まで問い合わせてほしい。

※複数のカードを利用を利用している場合はカードごとに設定が必要となる

ANAJCB一般カードを解約するには?

泣く

 

ANAJCB一般カードを退会したい場合は、JCBカード管理画面「MyJCB」より手続きを済ませてほしい。
ETCカードや家族カード、QUICPayも同時に解約となる。
また、自動的にANAマイレージクラブも退会となるので、注意してほしい。

家族カード・ETCカード・QUICPay のみ退会したい場合も、MyJCBより手続き可能だ。

ANAJCB一般カード退会手順

「MyJCB」にログイン→トップ画面上部のメニューの「お客様情報の照会・変更」→「お客様情報の照会・変更」内の「一覧」を選択→ページ最下部の「JCBカードの退会に関するご案内」より退会可能

また、自動音声での退会も可能だ。
問い合わせ先は下記をご覧あれ。

JCB変更受付デスク【受付時間 24時間・年中無休】
電話番号 0120-800-962(フリーダイヤル)
スマートフォン・携帯電話の方 0570-00-5552(有料)

ANAマイレージクラブサービスを継続したい場合は?

ANAマイレージクラブサービスを継続したい場合は、ANAマイレージクラブ・サービスセンターへ連絡し、クレジット機能が付いていないマイレージカードを発行しよう。

ANAマイレージクラブ・サービスセンター
全国一律料金 0570-029-767
有料/海外から 03-6741-6683
※【受付時間】平日・土曜 9:00~17:00 (日・祝・年始休)

あとがき

いかがだっただろうか?

 

ANAJCB一般カードについてまとめると・・・

 

ANA JCB 一般カード
券面デザイン ANAJCB一般カード
申込み条件 18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方(学生は不可)
入会金 無料
年会費 2000円(税抜)
国際ブランド JCB
ポイント還元率 0.5%
家族カード 年会費1100円(税込)
※本会員と同時入会した場合、初年度は年会費無料
ETCカード 無料
海外旅行保険 最高1000万円(自動付帯)
国内旅行保険 なし
ショッピング保険 年間100万円まで補償

 

といった感じだ。

 

ANAJCB一般カードには、空港ラウンジサービスは付帯していない。
また、海外旅行保険の補償額もやや心もとない。

海外で入院すると、とんでもない額を請求される事例もある。
アメリカで盲腸の手術をして、請求額が500万円なんて事も・・・

万全を期して旅行に望みたいのであれば、国内外31空港のラウンジサービス、最高1億円補償の旅行保険が付帯しているANAJCBワイドゴールドカードが良いのではないか。

国内での小旅行であれば、ANAJCB一般カードでも特に問題ないと思う。

 

ANAJCB一般カード、興味のある方は利用してみてはいかがだろうか?

 

↓今すぐANAJCBカードについて調べてみる!!
ANAJCBカード

 

↓こちらの記事もおすすめ!!
・ANAJCBワイドゴールドカードは魅力いっぱい!マイルザクザク!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク