ANAJCB一般カード

 

皆さん、ANAJCB一般カードはご存知だろうか?

こちらのクレジットカード、旅行好きな方からはなかなか人気のようだ。

というわけで、今回はANAJCB一般カードについて調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。


スポンサードリンク

ANAJCB一般カードとは?発行会社は?

ANAJCB一般カードとは、JCBが航空会社ANAと提携し、発行するクレジットカードになる。

ANAJCB一般カードの入会費や年会費は?

ANAJCB一般カードの入会費や年会費は、以下のようになる。

入会費

無料

年会費

2000円(税抜)
※初年度年会費無料

ANAJCB一般カードの締め日や引き落とし日は?

ANAJCB一般カードの締め日や引き落とし日は、以下のようになる。

締め日

毎月15日

引き落とし日

翌月10日

ANAJCB一般カードの国際ブランドは?

ANAJCB一般カードの国際ブランドだが、JCBのみになる。
jcb

ANAJCB一般カードの券面デザインは?

ANAJCB一般カードの券面デザインは、下記をご覧いただきたい。

ANAJCB一般カード
ANAJCB一般カード

ANAJCB一般カードの審査は甘い?

ANAJCB一般カードの申込資格は、「18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入のある方」となっている。
学生は申し込めないので、ご注意頂きたい。

ANAJCB一般カードの審査だが、そこまで厳しくはないようだ。

派遣社員、個人事業主、パート、アルバイト、専業主婦でも審査に通った実績がある。

専業主婦で申し込む際は、収入覧に世帯年収を記入しよう。

審査期間は?どのくらいで届くの?

ANAJCB一般カードの審査期間だが、早くて15分、長引くと10日近くかかるようだ。

審査通過後は、1週間あたりでカードが手元に届くとの事。

ANAJCB一般カードのポイント還元率は?

ANAJCB一般カードでショッピングをすると、税込1000円の利用につき1ポイント貯まる。

貯まったokidokiポイントは、楽天スーパーポイントやTポイント、nanacoポイントといった様々なポイントに交換可能だ。

移行先のポイントによりレートは変わるが、還元率は0.3%~0.5%といったところか。

ポイント有効期限は獲得から2年になる。

↓okidokiポイント交換レート

1ポイント キャッシュバック 3円分(還元率0.3%)
1ポイント Amazonポイント 3.5円分(還元率0.35%)
1ポイント スターバックス カード 4円分(還元率0.4%)
1ポイント 楽天スーパーポイント 4円分(還元率0.4%)
1ポイント WAONポイント 4円分(還元率0.4%)
1ポイント Tポイント 4~5円分(還元率0.4~0.5%)
1ポイント JCBプレモカード 5円分(還元率0.5%)
1ポイント nanacoポイント 5円分(還元率0.5%)
500ポイント iTunes Card 1500円分(還元率0.3%)
1050ポイント JCBギフトカード 5000円分(還元率0.47%)

okidokiポイントはマイルにも交換可能!

ANAJCB一般カードで貯まったokidokiポイントはANAマイルにも移行できる。

1ポイントにつき5マイルと交換可能だ。

1ポイント=10マイルとしても交換できるが、移行手数料として年間5000円(税別)を払う必要がある。
ちなみに、ANAVISAカードやANAアメックスの移行手数料は6000円なので1000円お得だ。

1マイルの価値を約2円とすると、ANAJCB一般カードのマイル還元率は1%~2%といったところか(マイルの価値は時期や使い方により変動する)

他社提携ポイントへ移行した際の還元率は0.5%以下なので、マイルに交換するのが一番お得なのかもしれない。

マイルの有効期限は獲得月から36ヶ月後の月末までになる。


スポンサードリンク

ANAJCB一般カードにはクイックペイも!

ANAJCB一般カード会員は、電子マネーQUICPayを利用できる(モバイルタイプ、カードタイプから選択可能)

QUICPayがあれば、端末にカードやスマホをかざすだけで支払いが完了する。
店員にクレジットカードを渡して読み取ってもらう手間が省けるので、決済の時間短縮にもなりそうだ。

QUICPay TVCM「そろそろ、クイック?」篇(15秒)

ANAJCB一般カードに家族カードはある?

家族カード
ANAJCB一般カードは、年会費1100円(税込)で家族カードを付帯できる。

家族会員は、本カード会員とほぼ同等のサービスを受ける事ができる。

本会員と同時入会した場合、年会費は初年度無料になる。

ANAJCB一般カードにはETCカードも!

etcカード

 

ANAJCB一般カードには、ETCカードも付帯させる事ができる。

発行手数料無料、年会費も無料だ。

ETCカードを利用したときも、1000円の利用につき1ポイントが付与される。

ETCカードは会員1名につき1枚までしか発行できない(家族会員も発行可能)

ANAJCB一般カードのメリットは?

ANAJCB一般カードのメリットをいくつかまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

ANAグループでの利用で割引

ANAJCB一般カード会員は、ANA機内販売やギフトショップ「ANA FESTA」においてカードで支払うと10%割引される。

また、空港免税店やA-styleでは5%割引価格でショッピングが可能だ。

マイルが貯まりやすい

ANAJCB一般カード会員は、多くのシーンでマイルを貯める事が可能だ。
詳細は下記をご覧いただきたい。

・入会時に1000マイル付与
・毎年のカード継続時に1000マイル付与
・ANAグループ便を搭乗すると、運賃の10%のマイルが付与
・カード付帯のEdy払い200円につき1マイル付与
・ANAマイレージモールでの利用で100円ごとに1マイル付与
・ANAカードマイルプラス加盟店での利用で、最大で利用額の1%のマイルが付与

ショッピングガード保険が付帯

ANAJCB一般カードには、ショッピング保険が付帯している。

JCB加盟店での海外利用90日以内であれば、年間で最高100万円までが補償される。

ただし、免責金額として1万円を支払う必要がある。

あとがき

いかがだっただろうか?

 

ANAJCB一般カードについてまとめると・・・

 

ANAJCB一般カード
券面デザイン ANAJCB一般カード
申込み条件 18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方(学生は不可)
入会金 無料
年会費 2000円(税抜)
国際ブランド JCB
ポイント還元率 0.5%
家族カード 年会費1100円(税込)
※本会員と同時入会した場合、初年度は年会費無料
ETCカード 無料
海外旅行保険 最高1000万円(自動付帯)
国内旅行保険 なし

 

といった感じだ。

 

ANAJCB一般カードには、空港ラウンジサービスは付帯していない。
また、海外旅行保険の補償額もやや心もとない。

海外で入院すると、とんでもない額を請求される事例もある。
アメリカで盲腸の手術をして、請求額が500万円なんて事も・・・

万全を期して旅行に望みたいのであれば、国内外31空港のラウンジサービス、最高1億円補償の旅行保険が付帯しているANAJCBワイドゴールドカードが良いのではないか。

国内での小旅行であれば、ANAJCB一般カードでも特に問題ないと思う。

 

ANAJCB一般カード、興味のある方は利用してみてはいかがだろうか?

↓今すぐANAJCBカードについて調べてみる!!
ANAJCBカード
 

↓こちらの記事もおすすめ!!
・ANAJCBワイドゴールドカードは魅力いっぱい!マイルザクザク!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク