Visa LINE Payプリペイドカード

 

皆さん、Visa LINE Payプリペイドカードをご存知だろうか?

こちらのカード、今、話題になっているようだ。

という事で、今回はVisa LINE Payプリペイドカードについて調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。


スポンサードリンク

Visa LINE Payプリペイドカードとは?

Visa LINE Payプリペイドカードとは、三井住友カード・LINE Pay株式会社・ビザワールドワイドジャパン株式会社が提携発行するプリペイドカードになる。

Visa LINE Payプリペイドカードで支払った金額は、LINEPay残高から差し引かれる。

Visa LINE Payプリペイドカードの入会費や年会費は?

Visa LINE Payプリペイドカードの入会費や年会費は、以下のようになる。

入会費

無料

年会費

無料

Visa LINE Payプリペイドカードの国際ブランドは?

Visa LINE Payプリペイドカードの国際ブランドは、Visaのみになる。

visa

Visa LINE Payプリペイドカードの券面デザインは?

Visa LINE Payプリペイドカードの券面デザインは、以下のようになる。

↓Visa LINE Payプリペイドカード
Visa LINE Payプリペイドカード

Visa LINE Payプリペイドカードの申込基準は?

 

Visa LINE Payプリペイドカードの申込資格だが、日本の電話番号が登録されたLINEアカウントを持っていれば誰でも発行可能だ。

Visa LINE Payプリペイドカードは、バーチャルプリペイドカードなので2~3分で簡単に発行できる。

※バーチャルプリペイドカードとは、インターネット専用のプリペイドカードの事
※LINEアプリメインメニューの「プリペイドカード」から発行可

Visa LINE Payプリペイドカードのポイント還元率は?

ポイント

 

Visa LINE Payプリペイドカードだが、利用してもポイントは付与されない。


スポンサードリンク

Visa LINE Payプリペイドカードのメリットは?

Visa LINE Payプリペイドカードのメリットをいくつかまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

オンラインでの支払いが可能!!

Visa LINE Payプリペイドカードは、オンラインでの支払いが可能だ。
オンライン決済時に入力するカード番号や暗証番号などは、LINEPayアプリのメニュー「プリペイドカード」に表記されている。

カード情報確認手順

↓LINEPayアプリのメニュー「プリペイドカード」を選択
Visa LINE Payプリペイドカード

 

↓カード情報が表記されている
Visa LINE Payプリペイドカード

Apple Pay(アップルペイ)に対応!!

 

Visa LINE Payプリペイドカードは、Apple Payに対応している(Google Payは準備中)

Apple Payは、対象となるiPhoneやApple Watchにクレジットカードを登録し、専用の端末にかざす事で支払いが可能になるサービスだ。

【Apple Pay】設定方法(iPhone、Apple Watch)

 

ApplePayに登録されたクレジットカードは、「iD」もしくは「QUICPay」どちらかに割り振られる。

Visa LINE Payプリペイドカードの場合はiDに割り振られるので、全国のiD加盟店で支払いに使う事ができる。

会計の際は「iDで!」と店員さんに伝えよう。

iDが使える店舗一例
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、イオン、マックスバリュ、ザ・ビック、牛角、はま寿司、ガスト、神戸屋レストラン、ジョナサン、デニーズ、バーミヤン、ケンタッキー(一部店舗利用不可)、すき家(一部店舗利用不可)、マクドナルド、モスバーガー(一部店舗利用不可)、吉野家(一部店舗利用不可)、ロッテリア(一部店舗利用不可)、ドトールコーヒー(一部店舗利用不可)、和民、魚民、笑笑、白木屋、ウエルシア薬局(一部店舗利用不可)、スギ薬局、ツルハドラッグ、マツモトキヨシ(一部店舗利用不可)、RIZAP(一部店舗利用不可)、ドン・キホーテ(一部店舗利用不可)、コジマ、ジョーシン、ソフマップ、ドコモショップ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、タワーレコード、TSUTAYA(一部店舗利用不可)、洋服の青山、富士急ハイランド、快活クラブ、シダックス、BIG ECHO、ルートイン、ムラサキスポーツ(一部店舗利用不可)
Visa LINE PayプリペイドカードをApple Payに認証するには?

Visa LINE Payプリペイドカードは、LINEPayアプリのメニュー「Apple Pay」よりApple Payに追加する事が可能だ。
登録したカードで支払う場合も、「Apple Pay」よりVisa LINE Payプリペイドカードを呼び出す事ができる。

Apple Pay line pay

Visa LINE Payクレジットカードとの違いは?

期待

 

Visa LINE PayプリペイドカードとVisa LINE Payクレジットカードとの違いを下記にまとめたので、参考までにご覧いただきたい。

Visa LINE Payプリペイドカード Visa LINE Payクレジットカード
カードフェイス Visa LINE Payプリペイドカード Visa LINE Payクレジットカード
年会費 無料 1250円(税込)
※初年度年会費無料
※年1回以上の利用で翌年度無料
国際ブランド Visa Visa・MasterCard
申込み条件
どなたでも発行可 満18歳以上の方(高校生は不可)
※未成年は親権者の同意が必要
ポイント還元率 0% LINEポイント3%(2021年4月30日まで)
※2021年5月以降は1%
ショッピング保険 なし 年間100万円まで補償(購入日から200日間)
※自己負担額3000円
※海外での利用、および国内でのリボ払いもしくは分割払い(3回以上)を利用した場合に適用
家族カード なし 発行手数料:無料
年会費:440円(税込)
※1人目は年会費無料
ETCカード なし 年会費:550円(税込)
※初年度年会費無料
※年に一度でもETC利用があれば翌年度も年会費無料
Google Pay 非対応 登録可(電子マネーiD)

あとがき

いかがだっただろうか?

 

Visa LINE Payプリペイドカードについてまとめると・・・

 

Visa LINE Payプリペイドカード
券面デザイン Visa LINE Payプリペイドカード
申込み条件 どなたでも申込み可
※LINEアプリメインメニューの「プリペイドカード」から発行可
入会金 無料
年会費 無料
国際ブランド Visa
ポイント還元率 なし
家族カード なし
ETCカード なし
海外旅行保険 なし
国内旅行保険 なし
ショッピング保険 なし
Apple Pay 登録可(電子マネーiD)
Google Pay ※現在準備中
支払い方法
1回払い
備考 ・利用にはiOS 13.0以降が必要
・店頭ではiD加盟店で利用可
・オンラインではVisa加盟店で利用可
・支払いはLINE Pay残高からの引き落とし(LINE Pay残高以上の決済は不可)
・LINEポイントを支払いに使う事はできない
・利用と同時に通知が届く
・リアルカード(プラスチックカード)は発行していない
・LINEアカウント1つにつき1枚のみ発行可
・カード有効期限は5年
・3Dセキュア(本人認証サービス)に対応

 

といった感じだ。

 

カードを使ってもポイントが貯まらない、ポイントを支払いに使う事ができない、リアルカードも発行していない、店頭ではiD加盟店でしか使えない…となると利用用途はあまりないのではというのが正直な感想だ。

ただ、LINEポイントはLINE証券からLINEPay残高に移行できるので、これも使い方次第といったところか。

 

当記事は、Visa LINE Payプリペイドカードの詳細が分かり次第、更新していく所存であるので、刮目して頂ければ幸いだ。

 

↓こちらの記事もおすすめ!!
・三井住友カードプラチナがリニューアル!新券面の評価や魅力は?
・三井住友カードの申込み手順を画像入りで解説!!【2020最新】
・JCBプラチナはすごいの?メリットは?審査難易度や還元率も!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク