ファミマTカード

 

皆さん、ファミマTカードをご存知だろうか?

こちらのクレジットカード、なかなか人気のようだ。

というわけで、ファミマTカードについて少し調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。


スポンサードリンク

ファミマTカードとは?発行会社は?

ファミマTカードとは、ファミリーマートでお得に使えるクレジットカードになる。

発行元は、ポケットカード株式会社。

ファミチキ2

ファミマTカードの入会費や年会費は?

ファミマTカードの入会費や年会費は、以下のようになる。

入会費

無料

年会費

無料

ファミマTカードの締め日や引き落とし日は?

ファミマTカードの締め日や引き落とし日は、以下のようになる。

締め日

毎月月末

引き落とし日

翌々月1日(土・日・祝の場合、翌営業日支払い)

ファミマTカードの国際ブランドは?

ファミマTカードの国際ブランドは、JCBのみになる。

jcb

ファミマTカードの券面デザインは?

ファミマTカードの券面デザインは、以下のようになる。

↓ファミマTカード
ファミマTカード

ファミマTカードの申込み基準は?

審査

 

ファミマTカードの申込み資格だが、「18歳以上の方」となっている。

高校生は申し込めないので注意して頂きたい。

審査期間は?どのくらいで届くの?

ファミマTカードの審査期間だが、早くて2日、長引くと12日ほどかかるようだ。
審査通過後は、4日~7日あたりでカードが手元に届くとの事。

ファミマTカードのポイント還元率は?

ポイント

 

ファミマTカードを利用すると、Tポイントが貯まる。

200円(税込)の利用につき1ポイントが貰えるので、還元率は0.5%になる。

ファミリーマートで利用した場合、200円(税込)につき4ポイントが付与される(還元率2%)
ただし、一部の商品は2%対象外になるので注意してほしい。

2%ポイント対象外の商品
タバコ、Famiポート取扱商品・サービス、切手・ハガキ・印紙類、チケット類、POSAカード・プリペイドカード各種、各種代金の支払(公共料金等)、toto

Tポイントの使い道は?

Tポイントの使い道については、下記を参照して頂きたい。

加盟店にて支払いに使う

Tポイントは、加盟店で基本1ポイント1円として支払いに使う事が可能だ。
ポイントで支払う場合は、ファミマTカードを提示しTポイントを使う旨を店員に伝えてほしい。

Tポイント加盟店の一部を下記に表記した。

・TSUTAYA
・東急ホテルズ
・Airbnb(エアビーアンドビー)
・カメラのキタムラ
・アシックス
・ファミリーマート
・マルエツ
・マミーマート
・ウエルシア
・ハックドラッグ
・ハッピー・ドラッグ
・マルエドラッグ
・ドラッグユタカ
・島忠・ホームズ
・エディオン
・100満ボルト
・Yahoo!ショッピング
・ヤフオク
・LOHACO
・ガスト
・バーミヤン
・夢庵
・ジョナサン
・吉野家/そば処吉野家
・牛角
・ロッテリア
・大阪王将
・ステーキ宮
・洋服の青山
・眼鏡市場
・コンタクトのアイシティ
・メガネのアイガン
・ENEOS
・ヤマト運輸
・SBI証券

参照:Tポイント提携店・サービス一覧

他社ポイントやマイルに移行

Tポイントは、他社ポイントやマイルなどにも移行できる。
交換レートは、下記をご覧頂きたい。

移行できるポイント・マイル 必要なTポイント数
ANAマイル 250マイル 500ポイント
関西電力電気料金・ガス料金 100円分 100ポイント
JRキューポ 1ポイント 1ポイント
中部電力のカテエネポイント 100円分 100ポイント

ファミマTカードにはETCカードも!

etc

 

ファミマTカードには、ETCカードも付帯させる事ができる。

クレジットカード同様、利用する事でポイントが貯まる。

発行手数料や年会費は無料になる。


スポンサードリンク

ファミマTカードのメリットは?

期待

 

ファミマTカードのメリットをいくつかまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

ファミマTカードiD

ファミマTカードiD対応機種「おサイフケータイ」を持っていれば、ファミマTカードiDを利用できる。

iD加盟店では、レジに設置されている端末にファミマTカードiDをかざすだけで支払いが完了する。

電子マネーで払った金額は、後日、クレジットカードに登録してある口座から引き落とされる。
利用する事でクレジットカードのポイントも付与されるのもメリットのひとつだ。

ファミペイにチャージできる

ファミマTカードは、QRコード決済「ファミペイ」にチャージできる唯一のクレジットカードだ。

チャージする事で、チャージ金額の0.5%のFamiPayボーナスが還元される。

↓FamiPayボーナスは1ポイント=1円分として、FamiPay残高にチャージできるFamiPayボーナス

TSUTAYAのレンタル会員証として使える

TSUTAYA店舗で所定の手続きを行う事により、ファミマTカード1枚でレンタルサービスを利用する事が可能になる。

ショッピング保険

ショッピング保険

 

ファミマTカードには、JCB海外お買い物保険が付帯している。

海外JCB加盟店でで購入した商品が、90日以内に破損・盗難などの損害が生じた場合、年間50万円まで補償される。

※免責金額として1万円を自己負担する必要がある

あとがき

いかがだっただろうか?

 

ファミマTカードについてまとめると・・・

 

ファミマTカード
券面デザイン ファミマTカード
申込み条件 原則として20歳以上で安定した収入がある方
入会金 無料
年会費 無料
国際ブランド JCB
ポイント還元率 通常利用:Tポイント0.5%
ファミリーマートでの利用:Tポイント2%
ファミペイへのチャージ:FamiPayボーナス0.5%
家族カード なし
ETCカード 発行手数料:無料
年会費:無料
海外旅行保険 なし
国内旅行保険 なし
ショッピング保険 年間50万円まで補償(海外利用分のみ)

 

といった感じだ。

 

ファミマTカード、興味のある方は利用してみてはいかがだろうか?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク