kyash

 

皆さん、kyashってご存知ですか?

こちらのプリペイドカード、かなり人気みたいね・・・!

というわけで、kyashについてちょっと調べてみました。

 

興味のある方は、ご覧ください!


スポンサードリンク

kyash(キャッシュ)とは?発行会社は?

kyash(キャッシュ)とは、全国のVISA加盟店で使用する事ができるプリペイドカードになります。

クレジットカードやデビットカードを登録する事ができ、スマートフォンにインストールしたkyashアプリ上で管理できます。

発行会社は、株式会社Kyash。

kyashの使い方は?

kyashはプリペイドカードなので、事前にチャージした金額の範囲内で支払いに使う事ができます。

チャージの方法ですが、クレジットカードやデビットカードからのチャージ、コンビニでの現金チャージ、銀行ATMチャージなどがあります。

kyashには、プラスチック製のリアルカードオンライン専用のバーチャルカードがあります。

バーチャルカードは、オンライン上でのショッピングには使えますが、実店舗での支払いには使えませんので注意してください。

リアルカードを店舗で使う際は、クレジットカードと同じように「カードでお願いします」と店員さんに伝えればOKです。

kyashの入会費や年会費は?

kyashの入会費や年会費は、以下のようになります。

入会費

無料

年会費

無料

kyashの国際ブランドは?

kyashの国際ブランドは、VISAのみになります。
visa

kyashの券面デザインは?

kyashの券面デザインは、以下のようになります。

kyash
kyash

kyashの審査は厳しい?どれくらいで届くの?

kyashはプリペイドカードのため、クレジットカードのような審査はありません。

年齢制限や本人確認もありません。

フリーター、専業主婦、パート、学生、無職の方でも発行可能です。
つまり、誰でも発行できるというわけですね。

発行するのにどれくらいかかる?

バーチャルカードは、スマートフォンのアプリから1分で発行できます。

リアルカードは、申請してから届くのに1ヶ月から2ヶ月かかるとの事です。


スポンサードリンク

kyashのポイント還元率は?改悪した?

kyashを利用すると、kyashポイントが貯まります。

還元率は、リアルカードを発行している場合1%、リアルカードを発行していない場合は0.5%になります(2019年9月までは還元率2%でした)

貯まったポイントは、1ポイント1円としてkyash残高にチャージできます。

kyashをお得に使うには?

kyashはうまく使えばポイントの多重取りが可能です。

まず、クレジットカードをkyashにチャージする事で、クレジットカードのポイントが貯まります。
そして、kyashを楽天ペイなどのコード決済に紐付けて支払えばポイントの上乗せができます。

 

これだけだと分かりにくいと思うので、例を挙げて説明しますね。

楽天カードをkyashにチャージして、楽天ペイで支払った場合
・楽天カードのポイント還元率1%
・kyashのポイント還元率1%
・楽天ペイのポイント還元率0.5%

 

みたいな感じでポイントの多重取りができるんですよね。

 

これがkyashが使われている一番の要因でしょう。

kyashのデメリットは?

kyashのデメリットをいくつか挙げてみましたので、参考までにどうぞ。

・一度チャージすると現金に戻せない
・ICチップが埋め込まれていないためサインが必要な店が多い(コンビニでは不要、スーパーでは高確率で必要)
・ガソリンスタンドでは使えない
・税金支払いには使えない
・不正利用されても補償されない確率が高い

あとがき

いかがでしたでしょうか?

 

kyashについてまとめると・・・

kyash(キャッシュ)
券面デザイン kyash
申込み条件 誰でも発行可能
入会金 無料
年会費 無料
国際ブランド VISA
ポイント還元率 0.5%~1%

 

といった感じですね!

 

kyash、興味のある方は利用してみてはいかがでしょうか?

 

というわけで、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク