Kyash Card

 

皆さん、Kyash Cardはご存知だろうか?

こちらのプリペイドカード、なかなか人気のようだ。

という事で、Kyash Cardについてちょっと調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。


スポンサードリンク

Kyash(キャッシュ)とは?発行会社は?

Kyash(キャッシュ)とは、全国のVISA加盟店で使用する事ができるプリペイドカードになる。

クレジットカードやデビットカードを登録する事ができ、スマートフォンにインストールしたKyash Cardアプリ上で管理できる。

発行会社は、株式会社Kyash。

大切なひとと、支出や残高を共有しよう。Kyashの共有口座 [long version]

Kyashの使い道って?

Kyashはプリペイドカードなので、事前にチャージした金額の範囲内で支払いに使う事ができる。

チャージの方法だが、クレジットカードやデビットカードからのチャージ、コンビニでの現金チャージ、銀行ATMチャージ などがある。

クレジットカード・デビットカードからチャージすれば、チャージ元のカードのポイントも貯める事ができる。

つまり、ポイントの二重取りが可能という事だ。

Kyashは3種類ある!!

Kyashには、「Kyash Card」「Kyash Card Lite」「Kyash Card Virtual」の3種類のカードがある。

「Kyash Card」「Kyash Card Lite」はリアルカード、「Kyash Card Virtual」はバーチャルカードに分類される。

バーチャルカードは、オンライン上でのショッピングには使えるが、実店舗での支払いには使えないので注意してほしい。

リアルカードは、ネットショッピングと実店舗、どちらでも決済可能だ。

当記事では、Kyash Cardについて考察しようと思う。

Kyash Cardの入会費や年会費は?

Kyash Cardの発行手数料や年会費は、以下のようになる。

発行手数料

900円(税込)

年会費

無料

Kyash Cardの国際ブランドは?

Kyash Cardの国際ブランドは、VISAのみとなる。
visa

Kyash Cardの券面デザインは?

Kyash Cardの券面デザインは、以下のようになる。

↓Kyash Card(ネイビー)
Kyash Card

↓Kyash Card(シルバー)
Kyash Card

↓Kyash Card(ピンク)
Kyash Card

Kyash Cardの申込み基準は?

審査

 

Kyash Cardは、年齢制限などはなく、誰でも申込む事が可能だ。

ただし、2点の本人確認書類の提出が必須となり審査も実施されるとの事。

申込みに必要となる本人確認書類

Kyash Card申込み時に必要となる本人確認書類は、以下のようになる。

1点目に提出できる本人確認書類
運転免許証(仮運転免許証を除く)、マイナンバーカード(通知カードを除く)、パスポート(日本国政府発行のもの)、写真付き住民基本台帳カード、運転経歴証明書在留カード(顔写真が貼付のもの)、特別永住者証明書
2点目に提出できる本人確認書類
運転免許証(仮運転免許証を除く)、マイナンバーカード(通知カードを除く)、パスポート(日本国政府発行のもの)、写真付き住民基本台帳カード、運転経歴証明書在留カード(顔写真が貼付のもの)、特別永住者証明書、各種健康保険証(住所記載のものに限る)

※「スマホ本人確認」の場合、提出する本人確認書類は1点となる

発行するのにどれくらいかかる?

バーチャルカードは、スマートフォンのアプリから1分で発行可能だ。

審査完了にかかる時間は、「スマホ本人確認」であれば最大で3時間程度との事。

リアルカードは、申請してから届くのに最大2週間程度かかるようだ。

Kyash Cardのポイント還元率は?

ポイント

 

Kyash Cardを利用すると、Kyashポイントが進呈される。

ポイント還元率は、Kyashマネーでの決済は1%(税込100円につき1ポイント)、Kyashバリューでの決済は0.2%(税込500円につき1ポイント)となる。

付与上限は、Kyashマネー利用時が月1200ポイント(12万円分)、Kyashバリュー利用時が月100ポイント(5万円分)となる。
それ以降の決済はポイント付与の対象外となるので、注意してほしい。

月の累計利用額からではなく、一回の決済額からポイント算出される。

Kyashポイントは、Kyash Cardにチャージする事により、1ポイント=1円として支払いに使う事が可能だ。

ポイントはいつ付与されるの?有効期限は?

Kyashポイントは、決済の3~7日後に付与される。

ポイント有効期限は、最終取引日から180日となる。

Kyashの残高は2種類ある!!

Kyashには、KyashマネーとKyashバリューの2種類の残高がある。
Kyash Cardへのチャージ方法により残高は区別され、その特徴も異なってくる。

残高の詳細は、以下の表をご覧あれ。

残高の種類 チャージ方法 決済 送金 出金
Kyashマネー 銀行口座 可能 可能 可能
コンビニ、セブン銀行ATM 可能 可能 可能
他サービスの売上金やポイント 可能 可能 可能
Kyashバリュー クレジットカード、デビットカード 可能 不可 不可
イマすぐ入金 可能 不可 不可
Kyashポイント 可能 不可 不可
アカウント移行時の繰越残高 可能 不可 不可

スポンサードリンク

Kyash Cardのメリットは?

Kyash Cardのメリットをいくつかまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

ポイントの二重取りができる!!

喜ぶ

 

冒頭でもお話ししたが、クレジットカードやデビットカードからKyashにチャージする事でポイントの二重取りが可能となる。

例えば、還元率1%の楽天カードからKyashに1万円チャージすれば100ポイント、そして、Kyashを1万円を使えば20ポイントが付与されるので、トータルで1.2%分のポイント還元を享受できる事になる。

このポイントの二重取りこそがKyashが使われる一番の要因だと思う。

定期的に300円を配布!!

Kyashでは、月に一回ほど「調整」という名の項目で300円分の残高を配布している。

ユーザーからは「謎の300円」「謎調整」とも呼称されている。

「Kyashの利用頻度が少ない人に対して配られている」という情報をよく耳にするが、真偽のほどは定かではない。

毎月27日頃に配られるので、その日が近づいたらKyashからのメールに目を光らせておこう。

3日間限定の残高なので、TOYOTA WalletやモバイルSuicaなどにチャージして有効期限をのばす事をおすすめする。

Amazonギフト券を購入するのも良いだろう。

↓筆者もこれまでで5回ほど300円の恩恵を受けている

Visaのタッチ決済が搭載!!

Kyash Cardには、Visaのタッチ決済機能が搭載している。
サインや暗証番号は不要で、レジにあるリーダーにタッチするだけで支払いを済ます事ができる。

店員にカードを渡す必要もないので、スキミングの心配もなく、衛生面でも優れているといえよう。

Visaは世界的なブランドなので、今後加盟店は拡大していくと思われる(iDやクイックペイは国内でしか使えない)

Visaのタッチ決済は、下記のマークがある店舗で利用可能だ。
Visaのタッチ決済

Visaタッチ決済加盟店一例
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマート、ポプラ、生活彩家、マクドナルド、すき家、はま寿司、ココス、なか卯、餃子の王将、ほっかほっか亭、ビッグボーイ、ジョリーパスタ、モスバーガー、タリーズコーヒー、ドトールコーヒー、エクセルシオールカフェ、イオン、イトーヨーカドー、マックスバリュ、ダイエー、カスミ、まいばすけっと、マルエツ、ウエルシア薬局、ビブレ、京王百貨店、表参道ヒルズ、コカ・コーラ、郵便局、ヒマラヤスポーツ、神戸空港、関西国際空港、大阪国際空港…etc
タッチ決済はセルフレジでも!!

タッチ決済は、セルフレジで利用可能な店舗もある。
イオンのセルフレジにて、タッチ決済の一部始終を撮影してきたので参考までにご覧あれ。

Visaのタッチ決済をイオンで使ってみた!!

Apple Pay(アップルペイ)に対応!!

 

Kyash Cardは、Apple Payに対応している。

Apple Payは、対象となるiPhoneやApple Watchにクレジットカードを登録し、専用の端末にかざす事で支払いが可能になるサービスだ。

Apple Pay — クレジットカードやプリペイドカードを使いお店で支払う方法 — Apple

 

ApplePayに登録されたクレジットカードは、「iD」もしくは「QUICPay」どちらかに割り振られる。

Kyash Cardの場合はQUICPayに割り振られるので、全国のQUICPay加盟店で支払いに使う事ができる。

会計の際は「クイックペイで!」と店員さんに伝えよう。

ApplePayを利用すれば、リアルカード支払い時同様、Kyashポイントが付与される。

QUICPayが使える店舗一例
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、イオン、マックスバリュ、ダイエー、THE BIG、まいばすけっと、ウエルシア薬局、サンドラッグ、スギ薬局、ツルハドラッグ、マツモトキヨシ、エクセルシオールカフェ、珈琲所コメダ珈琲店、ドトールコーヒーショップ、やるき茶屋、CoCo壱番屋、すき家、マクドナルド、モスバーガー、リンガーハット、いきなりステーキ、温野菜、ガスト、かっぱ寿司、牛角、サガミ、ジョナサン、ステーキガスト、バーミヤン、はま寿司、ロイヤルホスト、和食さと、和民、エディオン、ケーズデンキ、コジマ、ジョーシン、ソフマップ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、アップルストア、auショップ、TSUTAYA、ファッションセンターしまむら、六本木ヒルズ、快活CLUB、ジャンカラ、東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、富士急ハイランド、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、イエローハット、ディズニーストア…etc
Kyash CardをApple Payに認証するには?

Kyash Cardは、iPhoneの「Wallet」アプリよりApple Payに追加する事が可能だ。
詳細は、下記の動画を参考にしてほしい。

Apple Pay — クレジットカードやプリペイドカードを追加する方法— Apple

Google Pay(グーグルペイ)にも対応!!

引用:kyash.co

 

Kyash Cardは、Google Payにも登録可能だ。

Google Payは、おサイフケータイアプリ(6.1.5以上)対応かつAndroid™5.0以上のデバイスに対応している。

登録すれば、Apple Payと同様にQUICPay加盟店にて支払う事ができる。

Google Payは「GooglePlayアプリ」よりダウンロード可能だ。

3Dセキュア(本人認証サービス)に対応!!

Kyash Cardは、3Dセキュアに対応している。

3Dセキュアとは、オンラインでの支払いの際、専用パスワードを入力して本人確認を行う「本人認証サービス」の事を指す。

仮に3Dセキュアに対応していない場合、カードを落としてしまった際、カード番号やセキュリティコード(裏面に記載されている3桁の数字)などの情報が第三者に知られ悪用される危険性がある。

しかし3Dセキュアに対応しているカードであれば、決済の際、本人にしかわからないパスワードを入力する必要があるのでなりすましを防ぐ事が可能だ。

3dセキュア利用にあたって、事前の申し込みや設定などは必要ないとの事だ。

↓本人認証画面

tiara21エポスカードのデメリットは?

悩む

 

tiara21エポスカードのデメリットは、以下をご覧いただきたい。

国際ブランドがVisaのみ

Kyash Cardの国際ブランドは、Visaのみとなっている。

Visaは世界でのシェア率56%を占め、最も使われている国際ブランドといっても良いだろう。

ただし、日本国内では、個人経営の小さなお店や単価の高い料理店ではJCBのみ加盟しているケースもある。

また、コストコでカード払いをする際は、MasterCardしか使えないので注意してほしい。

Kyash Cardの評判・口コミは?

TwitterKyash Cardを使った人の感想があったので、参考までにご覧あれ。

Kyash Cardを解約するには?

解約

 

Kyash Cardの解約手順は、以下のようになる。

↓右下の「アカウント」をタップ

↓一番下の「アカウントを解約する」をタップ

↓「上記内容に同意する」にチェックを入れ「アカウントの解約に進む」より退会手続きを済ませてほしい

Kyash Card申し込んでみた!!

というわけで、筆者もKyash Cardに申し込んでみた。

2020年11月9日に申し込んで届いたのが15日なので、到着まで6日といったところか。

簡易書留で発送されたので、日本郵便のホームページより追跡する事もできた。

発送の連絡があってからは、1日で受け取る事ができた(発送先は東京で筆者の居住地は静岡県)

カードフェイス

Kyash Cardのカードフェイスを撮影したので、参考までにご覧あれ。

↓カード表面

 

↓カード側面

 

↓カード裏面

 

【総評】

色はシルバーにしたのだが、角度によってはシャンパンゴールドっぽくも見えた。
表面はサラサラしている。

カードのつくりはしっかりしていて、質感はかなり高いように思えた。

よくKyashと比較されるRevolutも質感は悪くないのだが、それ以上だと感じた。

ただ、Kyash Cardを1年以上使っていて気づいた事がある。

エンボスレスカードはひっかかりがないため財布には入りやすいが、エンボス加工されているものと比較するとカード全体の擦れが目立つ印象を受けた。

これはKyash Cardに限らず、他のエンボスレスカードにもいえる事だ。

今なら友達招待プログラムで900円分のポイントがもらえる!!

 

今、Kyashは「友達招待プログラム」なるものを実施している。

kyashユーザーの招待リンクより、Kyash Cardを発行し、銀行口座から5000円以上を入金したタイミングで、両者にKyashポイントが付与されるといったものだ。

招待した人には300ポイント、招待された人には900ポイントが進呈される。

Kyash Cardの発行手数料は900円なので、こちらのプログラムを利用すれば、発行手数料が実質無料になるという事だ。

これは、Kyashをつくる絶好の機会といえるだろう。
すでにKyashを持っている方は、仲の良い友達やご家族に紹介してみてはいかがだろうか?

もしよろしければ、以下の筆者の招待リンクを経由して頂けるとものすごく嬉しく思う。

→Kyashの詳細はこちら!!

まとめ

いかがだっただろうか?

 

Kyash Cardについてまとめると・・・

 

Kyash Card(キャッシュカード)
券面デザイン Kyash Card
申込み条件 誰でも発行可能
※運転免許証・マイナンバーカードなどの本人確認書類が必要
※未成年は保護者の同意が必要
発行手数料 900円(税込)
年会費 無料
国際ブランド Visa
ポイント還元率 Kyashポイント 0.2%~1%
※KyashポイントはKyashにチャージして、1ポイント=1円として利用可能
※Kyashマネー利用時は1%還元(付与上限は月1200pt)
※Kyashバリュー利用時は0.2%還元(付与上限は月100pt)
※付与上限を超えた決済は、ポイント付与の対象外となる
※一回の決済額からポイント付与
※決済の3~7日後にポイントが付与される
※ポイント有効期限は最終取引日から180日
家族カード なし
ETCカード なし
海外旅行保険 なし
国内旅行保険 なし
ショッピング保険 なし
Apple Pay 登録可(電子マネーQUICPay)
Google Pay 登録可(電子マネーQUICPay)
限度額(総利用枠) 1回あたりの上限額:30万円
月の上限額:100万円
支払い方法
1回払いのみ
備考 ・券面は「ネイビー」「シルバー」「ピンク」の3色
・カード有効期限は発行から5年間
・有効期限経過後は更新手続きが必要となり、税込900円の再発行手数料が発生する
・残高には、KyashマネーとKyashバリューの2種類がある
・Kyashマネーは「決済」「送金」「出金」ができる
・Kyashバリューは「決済」はできるが、「送金」「出金」ができない
・Kyash Cardへの入金方法は、「銀行口座」「クレジットカード」「デビットカード」「コンビニ 」「セブン銀行ATM」「 ペイジー 」などがある
・Kyashに登録できるクレジットカードやデビットカードの国際ブランドは「Visa」と「Mastercard」のみ
・あと払いの「イマすぐ入金」は返済時に手数料が発生する
・「Revolut」「6gram」「TOYOTA Wallet」「モバイルSuica」「PASMO」にチャージ可能
・「PayPay」「楽天ペイ」「d払い」に登録可能
・「auPAY」「メルペイ」「ファミペイ」には非対応
・カードリンク機能は、2022年1月18日をもって終了した
・ガソリンスタンドでの利用時は、一時金として10000円が残高から引き落とされ、後日、差額が返金される
・「調整」という名目で定期的に300円を配布している
・決済時の残高は、「Kyashバリュー(期限付き)」→「Kyashバリュー」→「Kyashマネー」の順番で消費される
・毎月の継続的な支払いや、自動更新手続きが発生する加盟店などでは利用できない
・公共料金や保険料の支払いには利用できない
・Kyashマネーの出金手数料は一律220円
・海外実店舗での決済が可能
・Visaのタッチ決済が搭載
・3Dセキュア(本人認証サービス)に対応
・不正補償制度あり
招待リンクからの発行でKyashポイント900円分をプレゼント

 

といった感じだ。

 

Kyash Card、興味のある方は利用してみてはいかがだろうか?

 

↓こちらの記事もおすすめ!!
・Revolutの使い方やメリットは!? その全貌を解き明かす!!
・みんなの銀行のメリットや使い方って?スマホひとつで何でもできちゃう!
・バンドルカードの発行手順や使い方は!?ジャニーズファンは読んじゃいなよ!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク