バンドルカード

 

皆さん、バンドルカードをご存知だろうか?

こちらのカード、今、ジャニーズファンの間から話題になっているようだ。

という事で、今回はバンドルカードについて調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。


スポンサードリンク

バンドルカード(VANDLE CARD)とは?

バンドルカードとは、株式会社カンムが発行する後払いも可能なプリペイドカードになる。

↓バンドルカード
バンドルカード

プリペイドカードってなに?

プリペイドカードとは、事前に入金することで決済に使えるカード型の有価証券の事を指す。
残高の範囲内であれば、通常のクレジットカードのように加盟店での支払いに使える。

プリペイドカードを利用する際は、店員に「クレジットで」と伝えよう。

※バンドルカードはVisa加盟店で利用可能

バンドルカードの入会費や年会費は?

バンドルカードの発行手数料や年会費は、以下のようになる。

発行手数料

バーチャルカード:無料
リアルカード:300円または400円
リアルカードプラス:600円または 700円

※リアルカードとリアルカードプラスはカラーによって異なる

年会費

無料

バンドルカードの国際ブランドは?

バンドルカードの国際ブランドは、Visaのみになる。
visa

バンドルカードの申込み基準は?審査は厳しいの?

保険

 

バンドルカードだが、年齢制限などはなく、クレジットカードのような審査も行われないため、誰でも持つことが可能だ。

ただし、未成年の場合、親権者の同意が必要となる。

どのくらいで届くの?

バーチャルカードは、スマートフォンのアプリから5分程度で発行できる。

リアルカードは、申し込んでから1週間あたりで手元に届くようだ。

バンドルカードの申込み手順は?

バンドルカードの申込み手順を説明するので、参考までにご覧いただきたい。

バーチャルカード発行手順

↓AppStoreあるいはGooglestoreより、バンドルカードのアプリをインストール
バンドルカード

 

↓アプリを起動し、指示通りに進めていればバーチャルカードが発行される
バンドルカード

リアルカードの発行手順

↓リアルカードを発行したい場合は「カード」のタブから「リアルカード発行」を選択
バンドルカード

 

↓VANDLEイエローとVANDLEホワイトは400円、ベーシックホワイトが300円の発行手数料が請求される
バンドルカード リアル

 

↓VANDLEレッド・VANDLEブルー・VANDLEブラックが600円、ベーシックグレーが700円になる
バンドルカード リアルプラス

 

発行したいカードを選択し、発行手数料のチャージ・送付先の登録・注意事項の確認を済ませ、「発行する」を押せば手続きは完了だ
バンドルカード 発行

ポチッとチャージって何?

バンドルカードは事前にチャージして使うプリペイドカードだが、「ポチッとチャージ」の機能が搭載しているので後払いのカードとしても利用できる。

アプリ上で架空のチャージをして、チャージした金額は、後日コンビニなどで支払う決済方法だ。

申込み金額により手数料が発生するので、利用の際は注意してほしい。

バンドルカード

支払い方法や期限は?

「ポチッとチャージ」でチャージした金額は、コンビニ・ネット銀行・銀行ATMから支払い可能だ。

支払い期限は、チャージした月の翌月末までになる。


スポンサードリンク

バーチャルカード・リアルカード・リアルカードプラスの違いは?

クエッション

 

バーチャルカード・リアルカード・リアルカードプラスの違いをまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

バーチャルカード

プラスチックカードを持たなくても、インターネット上での取引であれば、スマートフォン上に発行したバーチャルカードで決済可能だ。

バーチャルカードで決済する際は、通常のクレジットカードと同じように、16桁のカード番号・セキュリティコード・氏名を入力する必要がある。

バーチャルカードの場合、氏名の欄には「VANDLE USER」と入力しよう。

カード番号とセキュリティコードが※印になっているが、スマホの画面をタップすれば番号が表示される。

↓バンドルカード(バーチャルカード)
バンドルカード

 

オンラインの決済画面ではこのように入力すればOKだ(下記はAmazonでの決済画面)
クレジットカード決済

リアルカード

リアルカードはVisa加盟店であれば、国内の実店舗でも支払い可能だ(海外はオンラインのみ)

実店舗で使う際は、店員さんに「クレジットで」と伝えよう。

※ガソリンスタンド、宿泊施設、公共料金、保険料の支払い、高速道路料金、機内販売などでは使えない

リアルカードプラス

リアルカードプラスは、国内・海外の実店舗で支払い可能だ(オンラインでの決済も可能)

リアルカードプラスは、リアルカードでは使えなかったガソリンスタンドや宿泊施設でも利用できる。

バンドルカードはジャニーズWebや有料配信で使えるの?

コンサート

 

バンドルカードだが、ジャニーズWebでの支払いには使えない。
2019年12月までは使えたが、現在は利用できないようだ。

現在は、携帯決済(携帯料金と合算支払い)あるいはクレジットカード決済のみ扱っているとの事。

ちなみに、2020年6月16日より実施されているジャニーズの有料配信「Johnny’s World Happy LIVE with You」 の試聴券はバンドルカードで購入できるとの事だ。

また、JCBのLINEpayカードスマホ決済のLINEpayでも試聴券を購入できたという情報を耳にした。
ただし、LINEPayやLINEPayカードはオンラインストアでは使えないようだ(現金とクレジットカードのみ利用可)

あとがき

いかがだっただろうか?

 

バンドルカードについてまとめると・・・

 

バンドルカード
券面デザイン バンドルカード
申込み条件 誰でも申込み可能
※未成年は親権者の同意が必要
発行手数料 バーチャルカード:無料
リアルカード:300円または400円
リアルカードプラス:600円または 700円
年会費 無料
国際ブランド Visa
ポイント還元率 0%
家族カード なし
ETCカード なし
海外旅行保険 なし
国内旅行保険 なし
ショッピング保険 なし

 

といった感じだ。

 

ポチッとチャージだが、3000円チャージで500円というなかなかの手数料が発生するので、この機能は使わない方を推奨する。

 

バンドルカード、興味のある方は発行してみてはいかがだろうか?

 

↓こちらの記事もおすすめ!!
・VisaLINEPayクレジットカードの魅力は?審査難易度は?還元率が激アツ!
・ラインペイのメリット・デメリットは?paypayとの違いも!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク