revolut

 

皆さん、Revolutをご存知だろうか?

こちらのカード、キャッシュレス愛好家の間でかなり話題になっているようだ。

という事で、今回はRevolutについて調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。


スポンサードリンク

Revolut(レボリュート)とは?

Revolut(レボリュート)とは、イギリスに拠点とするデジタル銀行サービスのひとつだ。
あらかじめチャージしておき、決済に使うプリペイドカードのようなものと思ってよいだろう。

Revolutカードを使えば、月額25000円まで手数料無料で海外ATMからの現金引き出しもできるとの事(日本国内でのATM取引はできないので注意してほしい)

また、アプリ内で外貨に両替、海外の銀行口座に送金も可能だ。

Revolutにはスタンダード・プレミアム・メタルの3つの会員があるが、ここではスタンダードについて解説しようと思う。

Revolutの発行手数料や年会費は?

Revolutの発行手数料や年会費は、以下のようになる。

発行手数料

1枚目 無料
2枚目以降 500円

年会費

スタンダード会員 無料

Revolutの国際ブランドは?

Revolutの国際ブランドは、Visaのみになる。
visa

Revolutの券面デザインは?

Revolutの券面デザインは、以下のようになる。

↓Revolut
revolut カード

Revolutの申込み方法は?

Revolutは、スマートフォンのRevolutアプリから申込み可能だ。
つまり、スマホがなければRevolutを発行する事はできない。

アプリは、iPhoneの場合はAppstore・Androidの場合はgoogleplayよりインストールしてほしい。
revolut アプリ

 

また、本人認証時にマイナンバーカードが必要となる。
revolut マイナンバーカード

Revolutへのチャージ方法は?

Revolutを使うには、事前にカードにチャージ(入金)する事が必要条件となる。

チャージは、Revolutアプリの「ホーム」セクションよりおこなってほしい。
チャージ方法はクレジットカードorデビットカードになる。

そして、使用できる国際ブランドはVisa・MasterCardのみとなる。

revolut チャージ

 

また、Visa・MasterCardブランドでもチャージできないカードもあるので注意してほしい。

Revolutにチャージできないカード一例
ANAVISAプラチナプレミアムカード、ANA VISAワイドゴールドカード、dカードプリペイド、ANAVISAプリペイドカード…etc

スポンサードリンク

Revolutのメリットは?

Revolutのメリットをいくつかまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

外貨に両替できる!!

外貨

 

Revolutのチャージ残高は、アプリ内で外貨に両替できる。
日本円から外貨だけでなく、外貨から日本円にも両替可能だ。

通常クレジットカードで外貨決済をした場合は、1.3%ほどの為替手数料が発生するが、Revolutは0.5%で両替ができる。

外貨両替の手順

↓ホーム右上の国旗のマークを選択
revolut 外貨 両替

 

↓両替したい金額を入力し、外貨を選択
revolut 外貨 両替

 

Revolutで両替できる通貨
ユーロ、英ポンド、UAEディルハム、豪ドル、カナダドル、スイスフラン、チェココルナ、デンマーククローネ、香港ドル、ハンガリーフォリント、イスラエル新シャケル、ノルウェークローネ、ニュージーランドドル、ポーランドズロチ、カタールリヤル、ルーマニアレウ、スウェーデンクローネ、シンガポールドル、タイバーツ、トルコリラ、米ドル、南アフリカランド

為替レートが一目で分かる!!

外貨

 

Revolutアプリを使えば、各国の為替レートを一目で把握する事が可能だ。
また、ビットコインやリップル、ゴールドにも対応している。

為替レート確認手順

↓ホームセクション右上の矢印のマークを選択
Revolut 為替レート

 

↓「コンバーター」タブより為替レートを確認できる
Revolut 為替レート

 

↓下記は米国ドルを「1ドル」に設定した際のレートだ
Revolut 為替レート

バーチャルカードが発行できる!!

ヴァーチャル

 

Revolutのリアルカードを持っていなくても、アプリ内でバーチャルデビットカードを発行し、オンラインでの決済に使える(実店舗での決済はできない)

バーチャルデビットカードは即時に発行可能だ。

バーチャルデビットカード発行手順

↓「カード」セクションから右上の「+」マークを選択
revolut

 

↓バーチャルデビットカードを選択
revolut バーチャルカード

 

↓「バーチャルカードを申し込む」を選択
revolut バーチャルカード

 

↓「カード」セクションにバーチャルカードが追加される
revolut バーチャルカード

 

↓カード画像をタップし「カード情報を表示」を選択すると、カード番号と暗証番号が表示される
カード番号

 

↓セキュリティの強化された使い捨てバーチャルカードも発行可能だ(何度でも発行できる)
revolut 使い捨てバーチャルデビットカード

バーチャルカード使ってみた!!

Amazonでバーチャルカードを使ってみたが、問題なく支払いができた。

ここで少し頭を悩ませるのが、カードの名義人だ。

リアルカードには左下に名義人が表記されているのだが、バーチャルカードには表記されていない。

試しに名字だけ入力したところ払えてしまったので、どんな文字列を入力しても通るのかと思われる。

とはいうものの、名義人の欄はカード利用者の名前を記入するものなので、ローマ字表記でフルネームを記入しておくのが無難だろう。

 

↓アプリの「ホームセクション」に支払い履歴が表示される
revolut

 

↓バーチャルカードには記載されていないが、名義人の欄は自分の名前を入力すればOKだ
revolut 名義人

友達や海外の銀行口座に送金できる!!

スマートフォン

 

Revolutのチャージ残高は、Revolutを使っている友達や海外の銀行口座に送金可能だ。
国内の銀行口座への送金はできないので注意してほしい。

送金手順

↓「ホーム」セクションから「送金」を選択
revolut 送金

 

↓友達や銀行口座への送金ができる
revolut 送金

貯金箱機能が搭載!!

貯金

 

Revolutには、チャージ残高とは別に貯金箱機能が搭載している。

例えば、「月1回チャージ残高から500円貯金箱へ送金」「カード利用時に100円未満の端数を切り上げて貯金箱へ送金」といった指定もできる。

貯金箱の残高はいつでもチャージ残高に戻す事が可能だ。

↓貯金箱は「資産」セクション(左から2番目)から作成できる
revolut 貯金箱

貯金箱から残高に戻したい場合は?

貯金箱から残高に戻したい場合は、下記の手順を参考にしてほしい。

↓「資産セクション」より引き出したい貯金箱を選択
Revolut 貯金箱 

 

↓「引き出し」を選択しチャージ残高に戻したい金額を入力
Revolut 貯金箱

 

↓チャージ残高に戻っている事がホームセクションより確認できる
Revolut 貯金箱

Visaのタッチ決済が搭載!!

Revolutには、Visaのタッチ決済機能が付帯している。
サインや暗証番号は不要で、レジにあるリーダーにタッチするだけで支払いを済ます事ができる。

タッチ決済が使える店舗はまだ少ないが、Visaは世界的なブランドなので、今後加盟店は拡大していくと思われる(iDやクイックペイは国内でしか使えない)

Visaのタッチ決済は、下記のマークがある店舗で利用可能だ。
Visaのタッチ決済

タッチ決済加盟店一例
表参道ヒルズ、クリスタ長堀、JTB提供のC→REX端末を設置する旅館・土産物店、JapanTaxi*決済機付きタブレット搭載車両、マクドナルド、TSUTAYA、Hotel Villa Fontaine、エブリイ、Airport Limousine、アズナス、メガネストアー、ぐるなびPay、ジェーソン、ローソン、セブンイレブン、ミニストップ、セイコーマート、KIX(関西国際空港)、Phiten、ハブ、文教堂、イオン、マックスバリュ、ダイエー、まいばすけっと、ジェーソン、カスミ、マルエツ、すき家、餃子の王将、タリーズコーヒー、ドトールコーヒー、ほっかほっか亭、はま寿司、なか卯、ビッグボーイ、ジョリーパスタ、モスバーガー、ウエルシア薬局、ミネ薬局、ヒマラヤスポーツ、郵便局….etc
タッチ決済はセルフレジでも!!

タッチ決済は、セルフレジで利用可能な店舗もある。
イオンのセルフレジにて、タッチ決済の一部始終を撮影してきたので参考までにご覧あれ。

Visaのタッチ決済をイオンで使ってみた!!

Revolutのポイント還元率は?

ポイント

 

クレジットカードは利用するとポイント還元されるものが多いが、Revolutカードは利用してもポイントは付与されない
ただし、メタル会員に対しては1%のキャッシュバック特典が導入されるようだ。

クレジットチャージでポイントは貰えるの?

クレジットカードからRevolutにチャージすれば、チャージ元のクレジットカードのポイントが付与される。
例えば楽天カードからRevolutに2000円分チャージした場合、その1%の楽天ポイント、つまり20ポイントが進呈されるという事だ(ポイント付与対象外のカードもあり)

Kyashからのチャージはポイント付与の対象?

 

KyashからRevolutへのチャージもポイント付与の対象となる。

KyashからモバイルSuicaへのチャージはポイント付与対象外だが、Kyash→Revolut→モバイルSuica といったようにRevolutを経由することで、モバイルSuicaへチャージしつつKyashポイントを獲得する事が可能になった。

Revolut申し込んでみた!!

というわけで、管理人もRevolutを申し込んでみた(リアルカードは、アプリの「カードセクション」より申込み可能だ)

9月19日に申し込んで届いたのが26日なので、到着まで1週間といったところか。

↓普通郵便にて送られてきた
Revolut レボリュート

↓入れ物もつくりがしっかりしている
Revolut レボリュート

↓右側を引っ張るとカードが飛び出るギミックになっている
Revolut レボリュート

↓カード表面
Revolut レボリュート

↓カード裏面
Revolut レボリュート

↓カード側面
Revolut レボリュート

 

【総評】
海外製なのでもっと雑なつくりかと予想していたのだが、質感はなかなか高い印象を受けた。
写真で見る以上にカードのグラデーションも鮮やかで、日本のカードには見られない色合いだ。

側面から見ると2枚重なってる感じで、強度もあるんじゃないかと思う。

入れ物もつくりがしっかりしていて、カードが出るときの「シュ」とした音が心地よくも感じた。

あとがき

いかがだっただろうか?

 

Revolutについてまとめると・・・

 

・Revolutとは、イギリスを拠点とするデジタル銀行サービスのひとつ
・スタンダード・プレミアム・メタルの3つの会員がある
・スタンダード会員の券面デザインは1種類のみ
・申込みにはスマートフォンとマイナンバーカード必須

・バーチャルデビットカードを発行すれば、リアルカードを持っていなくてもオンライン決済が可能
・リアルカードは申込みから1週間ほどで届く?(アプリの「カードセクション」より申込み可能)
・Revolutカードで海外ATMからの現金引き出し可能
・通常日本国内ATMからの出金はできないが、例外としてイオン銀行から引き出せる
・アプリから為替手数料0.5%で外貨に両替可能

・チャージ残高は、Revolutを使っている友達や海外の銀行口座に送金可能
・国内の銀行口座への送金はできない
・チャージ方法はクレジットカードorデビットカードのみ(JCB・AMEXは不可)
・VISAやMastercardでも登録できないカードもある
・国内発行のクレジットカードには利用制限がある
・デビットカードやプリペイドカードからのチャージ残高には利用制限がない
・ApplePayには登録できないがGooglePayには登録可
・Visaのタッチ決済が搭載

・Revolutで決済してもポイントはもらえない
・Kyashや楽天カードからのRevolutへのチャージはポイントがつく(VisaLINEPayカードからはつかない)

 

といった感じだ。

 

当記事は、Revolutの詳細が分かり次第、更新していく所存であるので、刮目して頂ければ幸いだ。

 

↓こちらの記事もおすすめ!!
・楽天銀行デビットカード (JCB) の魅力って?審査は厳しいの?
・楽天銀行ゴールドデビットカードはメリットいっぱい!旅行好き必見!
・mijicaとは?ポイント還元率や使い道は?ゆうちょユーザー必見!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク