revolut
皆さん、Revolutをご存知だろうか?

人気プリペイドカード「Kyash」のポイント還元率改悪により、こちらのRevolutが脚光を浴びているようだ。

という事で、今回はRevolutについて調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。


スポンサードリンク

目次

Revolut(レボリュート)とは?

Revolut(レボリュート)とは、イギリスに拠点とするデジタル銀行サービスのひとつだ。
あらかじめチャージしておき、決済に使うプリペイドカードのようなものと思ってよいだろう。

Revolutカードを使えば、月額25000円まで手数料無料で海外ATMからの現金引き出しもできるとの事(日本国内でのATM取引はできないので注意してほしい)

また、アプリ内で外貨に両替、海外の銀行口座に送金も可能だ。

Revolutにはスタンダード・プレミアム・メタルの3つの会員があるが、ここではスタンダードについて解説しようと思う。

Revolutの発行手数料や年会費は?

Revolutの発行手数料や年会費は、以下のようになる。

発行手数料

1枚目 無料
2枚目以降 500円

年会費

スタンダード会員 無料

Revolutの国際ブランドは?

Revolutの国際ブランドは、Visaのみになる。
visa

Revolutの券面デザインは?

Revolutの券面デザインは、以下のようになる。

↓Revolut
revolut カード

Revolutの申込み方法は?

Revolutは、スマートフォンのRevolutアプリから申込み可能だ。
つまり、スマホがなければRevolutを発行する事はできない。

また、Revolutには年齢制限があり20歳以上でないと口座開設できないので注意してほしい。

アプリは、iPhoneの場合はAppstore・Androidの場合はgoogleplayよりインストールしよう。
revolut アプリ

 

また、本人認証時にマイナンバーカードもしくは運転免許証が必要となる。
revolut マイナンバーカード

 

あわせて、スマートフォンにて撮影した自分の顔写真も送る必要がある。

「半角英字で入力してください」と表示される場合は?

生年月日入力の際「半角英字で入力してください」といったエラーが表示される事があるようだ。

このエラーが表示された場合は、名前を半角英字で入力すればOKだ。

Revolutへのチャージ方法は?

Revolutを使うには、事前にRevolutアカウントにチャージ(入金)する事が必要条件となる。

チャージ方法は、クレジットカード・デビットカード・銀行口座からの振込になる。

クレジットカードやデビットカードで使用できる国際ブランドはVisa・MasterCard となる。

クレジットカード・デビットカードからチャージする方法

クレジットカードやデビットカードからチャージする手順は、以下を参考にしてほしい。

↓アプリの左下の「R」マークを選択し「アカウント」タブの【チャージする】をタップ
revolut チャージ

↓チャージ金額とチャージ元のカードを設定し「安全な方法で入金する」をタップすればOKだ

Visa・MasterCardブランドでもチャージできないカードもあるので注意してほしい。

Revolutにチャージできないカード一例
ANAVISAプラチナプレミアムカード、ANA VISAワイドゴールドカード、dカードプリペイド、ANAVISAプリペイドカード…etc

Revolutはオートチャージにも対応!!

クレジットカードもしくはデビットカードをRevolutに登録して1ヶ月経てば、口座にオートチャージする事も可能だ。
オートチャージの設定方法は、以下をご覧あれ。

↓アプリの左下の「R」マークを選択し「アカウント」タブの【チャージする】をタップ
revolut チャージ

↓右上の「+」マークをタップ
Revolut

↓「設定」をタップ
Revolut

↓チャージ金額などの設定を済まし「保存」をタップすればOKだ
Revolut

銀行口座からチャージする方法

銀行口座からチャージする手順は、以下を参考にしてほしい。

↓「R」セクション右上にある国旗のマークを選択
revolut 外貨 両替

 

↓表示される口座へ振込む事でRevolutアカウントにチャージされる
revolut

RevolutはApplePayやGooglePayに登録できる?

RevolutはApplePayには対応していないがGooglePayには登録可能だ。

GooglePayに登録するとオーソリとして200円が引かれるのだが、これがなかなか戻ってこないとの声を耳にする。

この場合は、Revolutアプリのチャット機能より問い合わせればすぐに返金されるようだ。

※オーソリ(オーソリゼーション)とは決済可能かどうかを確かめるための模擬決済の事

Revolutお問い合わせ手順

↓「R」セクション左上にあるプロフィール画像をタップ
revolut 問い合わせ

 

↓「ヘルプ」を選択
revolut

 

↓「新しいチャット」を選択
revolut チャット


スポンサードリンク

Revolutのメリットは?

Revolutのメリットをいくつかまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

外貨に両替できる!!

外貨

 

Revolutのチャージ残高は、アプリ内で外貨に両替できる。
日本円から外貨だけでなく、外貨から日本円にも両替可能だ。

通常クレジットカードで外貨決済をした場合は、1.3%ほどの為替手数料が発生するが、Revolutは0.5%で両替ができる。

外貨両替の手順

↓「R」セクション右上にある国旗のマークを選択
revolut 外貨 両替

 

↓「両替」を選択
両替 revolut

 

↓両替したい金額を入力し、外貨を選択
revolut 外貨 両替

 

Revolutで両替できる通貨
ユーロ、英ポンド、UAEディルハム、豪ドル、カナダドル、スイスフラン、チェココルナ、デンマーククローネ、香港ドル、ハンガリーフォリント、イスラエル新シャケル、ノルウェークローネ、ニュージーランドドル、ポーランドズロチ、カタールリヤル、ルーマニアレウ、スウェーデンクローネ、シンガポールドル、タイバーツ、トルコリラ、米ドル、南アフリカランド

為替レートが一目で分かる!!

外貨

 

Revolutアプリを使えば、各国の為替レートを一目で把握する事が可能だ。
また、ビットコインやリップル、ゴールドにも対応している。

為替レート確認手順

↓「R」セクション右上の★マークを選択

 

↓「コンバーター」タブより為替レートを確認できる
Revolut 為替レート

 

↓下記は米国ドルを「1ドル」に設定した際のレートだ
Revolut 為替レート

バーチャルカードが発行できる!!

ヴァーチャル

 

Revolutのリアルカードを持っていなくても、アプリ内でバーチャルデビットカードを発行し、オンラインでの決済に使える(実店舗での決済はできない)

バーチャルデビットカードは即時に発行可能だ。

バーチャルデビットカード発行手順

↓「R」セクションの「カード」タブから【+カードを追加】を選択
revolut

 

↓バーチャルデビットカードを選択
revolut バーチャルカード

 

↓「バーチャルカードを申し込む」を選択
revolut バーチャルカード

 

↓「カード」タブに追加されたバーチャルカードを選択すると、カードが拡大される
revolut バーチャルカード

 

↓カード画像をタップし「カード情報を表示」を選択すると、カード番号と暗証番号が表示される
カード番号

バーチャルカード使ってみた!!

Amazonでバーチャルカードを使ってみたが、問題なく支払いができた。

ここで少し頭を悩ませるのが、カードの名義人だ。

リアルカードには左下に名義人が表記されているのだが、バーチャルカードには表記されていない。

試しに名字だけ入力したところ払えてしまったので、どんな文字列を入力しても通るのかと思われる。

とはいうものの、名義人の欄はカード利用者の名前を記入するものなので、ローマ字表記でフルネームを記入しておくのが無難だろう。

↓バーチャルカードには記載されていないが、名義人の欄は自分の名前を入力すればOKだ
revolut 名義人

海外ATMから出金できる!!

ATM

 

Revolutカードを使えば、海外のATMからの引き出しも可能になる。

国内では、デビットカードからのチャージ残高はイオン銀行から出金ができるようだ。

 

クレジットカードからのチャージ残高は出金できないので注意してほしい。
また、2020年11月9日よりプリペイドカード経由からも引出しや送金もふさがれるようだ。

↓Revolutからのメールが届いていた
revolut 現金化

友達や海外の銀行口座に送金できる!!

スマートフォン

 

Revolutのチャージ残高は、Revolutを使っている友達や銀行口座に送金可能だ。

連絡先への送金手順

↓「支払い(中央)」セクションから【送信】を選択
revolut

 

↓Revolutを使っている友達などへ送金ができる
revolut 送金

銀行口座への送金手順

↓「支払い(中央)」セクションから【受取先の銀行口座を追加】を選択
revolut

 

↓送金先の口座情報を入力し【受取人を追加】をタップして、手続きを済ませてほしい
revolut

支出が把握できる!!

Revolutでは、過去の支出のカテゴリーや利用店を確認する事が可能だ。

支出確認手順

↓「R」セクション右上のグラフのマークを選択
revolut 支出

 

↓グラフの画像を横方向にスワイプする事で月ごとの支出が確認できる
revolut 支出

 

↓支出のカテゴリーや利用した店舗も確認可能だ
revolut 支出

 

↓「R」セクションの【総取引件数】からでも履歴は確認できる
revolut

クーポンが使える!!

ガッツポーズ

 

Revolutでは、オンラインストアで使えるクーポンを発行している。
使用できるショップや特典内容は、下記をご覧あれ。

Revolutで使えるクーポン一覧
ストア 特典
HMV&BOOKS エンタメ商品購入で1%キャッシュバック
Sony Music(ソニーミュージック) 音楽商品購入で2%キャッシュバック
チケットぴあ チケット予約で0.7%キャッシュバック
AEON de WINE(イオンでワイン) 商品購入で3%キャッシュバック
Enoteca Wine 商品購入で3%キャッシュバック
Oisix(オイシックス) おためしセット購入で60%キャッシュバック
その商品購入で1%キャッシュバック
Aeon Shopping(イオンショッピング) 商品購入で2%キャッシュバック
Zoff 商品購入で4%キャッシュバック
Nano Universe 洋服購入で5%キャッシュバック
ASUS 商品購入で2%キャッシュバック
Crocs(クロックス) 靴購入で3%キャッシュバック
Greendog 商品購入で5%キャッシュバック
ホリスティックケア・カウンセラー講座受講で3000円キャッシュバック
@Cosme 化粧品購入で3%キャッシュバック
Soccer Shop 商品購入で3%キャッシュバック
Lacoste(ラコステ) 商品購入で3%キャッシュバック
Aeon Bike(イオンバイク) 商品購入で3%キャッシュバック
Loft(ロフト) 商品購入で3%キャッシュバック
AOKI スーツ購入で2%キャッシュバック
Veltra ツアー予約で3%キャッシュバック
WILLER TRAVEL 高速バス予約で2%キャッシュバック
ツアー商品予約で1%キャッシュバック
Onward 商品購入で2%キャッシュバック
Charles & Keith 洋服購入で3%キャッシュバック
Eddie Bauer 洋服購入で3%キャッシュバック
VAIO VAIO商品購入で1%キャッシュバック
タカラトミー 商品購入で1%キャッシュバック
CASETiFY 商品購入で10%キャッシュバック
PREMOA 商品購入で1%キャッシュバック
Taylor Made Golf ゴルフ用品購入で5%キャッシュバック
Vacation Stay 宿泊先予約で3%キャッシュバック
Peppy 商品購入で3%キャッシュバック
Onward 商品購入で2%キャッシュバック
Soccer Shop Kamo 商品購入で3%キャッシュバック
クーポン発行の手順

クーポンは、Rセクション下方にある「人気のクーポン」から発行可能だ。

↓「すべてを表示」を選択
revolut

 

↓発行したいクーポンを選択する
revolut

 

↓青いボタンをタップし、リンク先からRevolutで購入すればキャッシュバックを受け取れる
revolut

金や銀も買える!!

金

 

Revolutアプリを使えば、ゴールドやシルバーを金融資産として購入することが可能だ。
ただし、現物が手元に届くわけではないので注意してほしい。

ゴールド・シルバー購入手順

ゴールドやシルバーの購入手順は、以下を参考にしてほしい。

↓下方メニュー一番右に位置する「ハブ」セクションより「貴金属」を選択
revolut

 

↓「取引する」をタップ
revolut

 

↓ゴールドやシルバーを購入できる
revolut

電子マネーやコード決済にチャージ可能!!

スマートフォン

 

Revolutは、モバイルSuica・モバイルPASMO・SMART ICOCAといった電子マネーにチャージする事ができる。
また、PayPay・楽天ペイ・d払いにもチャージ可能だ。

ただ、楽天Edy・nanaco・LINE Payにはチャージできないとの事だ。

Visaのタッチ決済が搭載!!

Revolutには、Visaのタッチ決済機能が付帯している。
サインや暗証番号は不要で、レジにあるリーダーにタッチするだけで支払いを済ます事ができる。

タッチ決済が使える店舗はまだ少ないが、Visaは世界的なブランドなので、今後加盟店は拡大していくと思われる(iDやクイックペイは国内でしか使えない)

Visaのタッチ決済は、下記のマークがある店舗で利用可能だ。
Visaのタッチ決済

タッチ決済加盟店一例
表参道ヒルズ、クリスタ長堀、JTB提供のC→REX端末を設置する旅館・土産物店、JapanTaxi*決済機付きタブレット搭載車両、マクドナルド、TSUTAYA、Hotel Villa Fontaine、エブリイ、Airport Limousine、アズナス、メガネストアー、ぐるなびPay、ジェーソン、ローソン、セブンイレブン、ミニストップ、セイコーマート、KIX(関西国際空港)、Phiten、ハブ、文教堂、イオン、マックスバリュ、ダイエー、まいばすけっと、ジェーソン、カスミ、マルエツ、すき家、餃子の王将、タリーズコーヒー、ドトールコーヒー、ほっかほっか亭、はま寿司、なか卯、ビッグボーイ、ジョリーパスタ、モスバーガー、ウエルシア薬局、ミネ薬局、ヒマラヤスポーツ、郵便局….etc
タッチ決済はセルフレジでも!!

タッチ決済は、セルフレジで利用可能な店舗もある。
イオンのセルフレジにて、タッチ決済の一部始終を撮影してきたので参考までにご覧あれ。

Visaのタッチ決済をイオンで使ってみた!!

3Dセキュア(本人認証サービス)Ver2.0に対応!!

Revolutは、3DセキュアVer2.0に対応している。

3Dセキュアとは、オンラインでの支払いの際、専用パスワードを入力して本人確認を行う「本人認証サービス」の事を指す。

仮に3Dセキュアに対応していない場合、カードを落としてしまった際、カード番号やセキュリティコードなどの情報が第三者に知られ悪用される危険性がある。

しかし3Dセキュアに対応しているカードであれば、決済の際、本人にしかわからないパスワードを入力する必要があるのでなりすましを防ぐ事が可能だ。

↓本人認証パスワード入力画面

Revolutのデメリットは?

悩む

 

Revolutのデメリットは、以下をご覧いただきたい。

国際ブランドがVisaのみ

日本で発行されているRevolutの国際ブランドはVisaのみとなっている。

Visaは世界でのシェア率56%を占め、最も使われている国際ブランドといっても良いだろう。

ただし、日本国内では、個人経営の小さなお店や単価の高い料理店ではJCBのみ加盟しているケースもある。

また、コストコでクレジットカード払いをする際は、MasterCardしか使えないので注意してほしい。

ちなみに、英国のRevolutはMastercardブランドも選択可能なようだ。

Revolutのポイント還元率は?

ポイント

 

クレジットカードは利用するとポイント還元されるものが多いが、Revolutカードは利用してもポイントは付与されない
ただし、メタル会員に対しては1%のキャッシュバック特典が導入されるようだ。

クレジットチャージでポイントは貰えるの?

クレジットカードからRevolutにチャージすれば、チャージ元のクレジットカードのポイントが付与される。
例えば楽天カードからRevolutに2000円分チャージした場合、その1%の楽天ポイント、つまり20ポイントが進呈されるという事だ(ポイント付与対象外のカードもあり)

Kyashからのチャージはポイント付与の対象?

 

KyashからRevolutへのチャージもポイント付与の対象となる(RevolutからKyashへのチャージは不可)

KyashからモバイルSuicaへのチャージはポイント付与対象外だが、Kyash→Revolut→モバイルSuica といったようにRevolutを経由することで、モバイルSuicaへチャージしつつKyashポイントを獲得する事が可能になった。

ただし、クレジットカードからチャージしたKyash残高はRevolutに送金できないので注意してほしい。

6gramからRevolutにチャージできる?その逆は?

6gram

 

6gramからRevolutにチャージはできない。
ただし、Revolutから6gramへはチャージできるようだ。

トヨタウォレットからRevolutにチャージできる?その逆は?

TOYOTA Wallet

 

TOYOTA WalletからRevolutにチャージはできない。
また、RevolutからTOYOTA Walletへはチャージする事もできない。

Revolutを紛失・盗難された場合は?

Revolutのリアルカードを紛失・盗難された場合は、アプリよりカード利用停止の手続きを行ってほしい。

Revolutカード利用停止手順

↓「R」セクションの「カード」タブより紛失・盗難されたカードを選択
revolut 紛失 盗難

 

↓「カードを利用停止にする」を選択
revolut 紛失 盗難

 

↓「紛失または盗難のご連絡」を選択し手続きを済ませてほしい
revolut 紛失 盗難

Revolutを解約する場合は?

泣く

 

Revolutを退会したい場合は、以下の手順を参照してほしい。

Revolut退会手順

↓「R」セクションの「カード」タブより退会したいカードを選択
revolut

 

↓「設定」を選択
revolut 解約

 

↓「カードの解約」を選択して解約手続きを済ませてほしい
revolut 解約

Revolutの評判・口コミは?

TwitterRevolutを使った人の感想があったので、参考までにご覧あれ。

Revolut申し込んでみた!!

というわけで、管理人もRevolutを申し込んでみた(リアルカードは、アプリの「カードセクション」より申込み可能だ)

2020年9月19日に申し込んで届いたのが26日なので、到着まで1週間といったところか。

↓普通郵便にて送られてきた
Revolut レボリュート

↓入れ物もつくりがしっかりしている
Revolut レボリュート

↓右側を引っ張るとカードが飛び出るギミックになっている
Revolut レボリュート

↓カード表面
Revolut レボリュート

↓カード裏面
Revolut レボリュート

↓カード側面
Revolut レボリュート

 

【総評】
海外製なのでもっと雑なつくりかと予想していたのだが、質感はなかなか高い印象を受けた。
写真で見る以上にカードのグラデーションも鮮やかで、日本のカードには見られない色合いだ。

側面から見ると2枚重なってる感じで、強度もあるんじゃないかと思う。

入れ物もつくりがしっかりしていて、カードが出るときの「シュ」とした音が心地よくも感じた。

ちなみに、リアルカードを使うにはRevolutアプリの「R」セクション【カードタブ】より有効化する必要があるので、注意してほしい。

2021年10月5日までに申し込めば2500円がもらえる!!

喜ぶ

 

Revolutでは、現在、友達紹介キャンペーンを実施している。

招待リンクより、リアルカードに申し込み、2021年10月5日までに500円以上を3回使えば2500円がもらえるとの事だ。

バーチャルカードの決済でもキャンペーンの対象になる。

例えば、Amazonギフト券500円×3でもOKだ。

紹介した方にも1人につき2500円が進呈され、最大5人まで紹介可能だ。
条件を達成したらすぐに2500円が付与されるのもうれしいところだ。

↓2500円獲得条件(クリックで拡大可)
revolut

 

ただし、登録するとローマ字表記で双方に名前が伝わるので抵抗のある方は控えてほしい。

 

以下に筆者の招待リンク(登録名はSuzuki Yuji)を載せておくので、もしあなたが少しでもRevolutに興味がおありなら、これを機に登録して頂けると涙があふれるほど嬉しく思う。

→今すぐRevolutを使ってみる!!

 

本キャンペーンは終了しました。

招待リンクより登録して頂いた方、誠にありがとうございます!!

まとめ

いかがだっただろうか?

 

Revolutについてまとめると・・・

 

 

Revolut(スタンダード会員)
券面デザイン revolut カード
申込み条件 20歳以上の方
※学生は申込み不可
発行手数料 無料
※再発行手数料は500円(税込)
※1枚目の発送料は無料
※2枚目以降の発送料は普通郵便で500円、速達は2000円
年会費 無料
国際ブランド Visa
ポイント還元率 0%
家族カード なし
ETCカード なし
海外旅行保険 なし
国内旅行保険 なし
ショッピング保険 なし
Apple Pay 非対応
Google Pay 登録可(Visaタッチ決済)
限度額(総利用枠) 不明
支払い方法
1回払いのみ(即時残高から引き落とし)
備考 ・スタンダード以外にプレミアムとメタルの3つの会員がある
・スタンダード会員の券面デザインは1種類のみ
・申込みにはスマートフォンとマイナンバーカード(運転免許証)が必須
・バーチャルデビットカードを発行すれば、リアルカードを持っていなくてもオンライン決済が可能
・リアルカードは申込みから1週間ほどで届く?
・リアルカードは6枚まで、バーチャルカードは5枚まで発行可
・カード有効期限は発行から5年
・リアルカードを使うには、アプリより「有効化」する必要がある
・Revolutカードで海外ATMからの現金引き出し可能
・通常日本国内ATMからの出金はできないが、例外としてイオン銀行から引き出せる
・アプリから為替手数料0.5%で外貨に両替可能
・金や銀も購入可
・チャージ残高は、Revolutを使っている友達や銀行口座に送金可能
・クレジットカードやデビットカードからチャージできる(JCB・AMEXは不可)
・VISAやMastercardでも登録できないカードもある
・国内発行のクレジットカードには利用制限がある
・銀行口座からのチャージも可能
・チャージできる金額は2000円から
・クレジットカードやデビットカードからのオートチャージも可能
・リアルカードにはVisaのタッチ決済が搭載
・LoftやHMVといったオンラインショップのクーポンが使える
・Kyashや楽天カードからのRevolutへのチャージはポイントがつく(VisaLINEPayクレジットカードからはつかない)
・6gramやTOYOTA WalletからRevolutへのチャージはできない
・Revolutから6gramへはチャージできるが、TOYOTA WalletやKyashへのチャージは不可
・PayPay、楽天ペイ、d払いにチャージ可能
・モバイルSuicaやモバイルPASMO、SMART ICOCAへのチャージも可能
・クレジットカードやプリペイドカードでチャージした残高は送金できない
・デビットカードからのチャージ残高には利用制限がない
・Revolutへのチャージ上限は100万円
・ガソリンスタンドでも利用可?
・盗難紛失補償はなし
・3DセキュアVer2.0に対応

 

といった感じだ。

 

当記事は、Revolutの詳細が分かり次第、更新していく所存であるので、刮目して頂ければ幸いだ。

 

↓こちらの記事もおすすめ!!
・みんなの銀行のメリットや使い方って?スマホひとつで何でもできちゃう!口座開設で1000円もらえるよ!
・楽天銀行デビットカード (JCB) の魅力って?審査は厳しいの?
・バンドルカードの発行手順や使い方は!?ジャニーズファンは読んじゃいなよ!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク