皆さん、ちょびリッチはご存知だろうか?

こちらのポイントサイト、なかなか人気のようだ。

もともと関心があり、これから使おうとしている人でも・・・

 

「運営会社や会員数は?ポイントサイトってなんか怪しくない?」

「貯まったポイントは何に交換できるの?」

「メリットやデメリットって?」

「クレカ発行でどれくらいのポイントがもらえるの?」

「新規登録で2100円分のポイントがもらえるって本当?」

 

といったような疑問をお持ちの方も多いのではないかと思う。

というわけで、ちょびリッチについて少し調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。

 

なお、当記事は非常に長くなるため、一度、目次の方に目を通して頂ければ幸いだ。

 

↓お友達招待リンクからの登録後、
10000P獲得で2100円分のポイントをプレゼント!!

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

目次

ちょびリッチとは?運営会社や会員数は?

ちょびリッチは、「株式会社ちょびリッチ」が2006年より運営する老舗のポイントサイトになる。

ちょびリッチは、会員数400万人以上にもなる人気サイトで、この数字は業界内でもトップ10に君臨している。

ちょびリッチを経由して提携企業のサービスを利用することにより、独自のポイントが付与され、それらのポイントは、現金・他社ポイント・ギフト券・電子マネー・マイルなどに交換する事が可能だ。

ちょびリッチの提携サービス一例
クレジットカード発行、証券口座開設、FX口座開設、銀行口座開設、保険見積もり、プロバイダ契約、ホテル宿泊予約、レンタカー予約、引越し見積もり、セミナー参加、サブスクリプション登録、ふるさと納税会員登録、エステサロン施術、店舗モニター、通販モニター、資料請求、アプリ利用、ECサイト利用…etc

ちょびリッチは安全なの?年齢制限は?

ちょびリッチは、「TRUSTe」取得済みのサイトであり、個人情報の流出が起こらぬよう管理されているので、ポイントサイト初心者でも安心して利用する事ができるだろう。

サイトには、SSL化(インターネット上の通信の暗号化)も実施されているので、セキュリティ面でも問題なく使えるだろう。

ただし、12歳未満の方は登録できないので、注意してほしい。

TRUSTeのご紹介

ちょびリッチの推奨利用環境は?

ちょびリッチの推奨利用環境は、以下をご覧あれ。

PC

【Windows】
OS:windows10以降
ブラウザ:Firefox最新版、Chrome最新版、Edge最新版

※Internet Explorerは推奨環境外

【Mac】
OS:Mac10以降
ブラウザ:Firefox最新版、Chrome最新版

スマートフォン

【iOS】
OS:iOS 13以上
ブラウザ:Mobile Safari最新版

【Android】
OS:Android9以降
ブラウザ:Chrome最新版

ちょびリッチの使い方は?

クエッション

 

ちょびリッチの使い方を、クレジットカード案件を例に解説したので、参考までにご覧あれ。
クレジットカード以外の案件も申込み手順はほぼ同様となる。

なお、ちょびリッチは注意事項やポイント獲得条件など目を通さなければならない箇所が多いため、スマートフォンよりもPCで閲覧する事をおすすめする。

ちょびリッチでクレジットカードを申込む手順

↓トップページ下部にあるメニューから「クレジットカード」をクリック

 

↓カード一覧が表示される

 

↓気になるカードがあったなら、バナー画像をクリックしてみよう

 

↓広告の詳細やポイント獲得条件が表示されるので、よく目を通す

 

↓cookieを削除した後、「サイトに行く」をクリックし、再度ログインする

 

↓カード会社のページに遷移するので、そこから申し込みの手続きを済ませれば完了だ

 

↓ポイントが履歴に反映されるまでの期間や承認までの期間は広告によって異なる

 

↓ポイント履歴は、右上にあるポイント数をクリックすると確認できる

楽天やYahoo!ショッピングの利用でもポイントがもらえる!!

喜ぶ

 

ちょびリッチ経由で、楽天市場やYahoo!ショッピングなどでお買い物をする事でもポイントが付与されるので、ぜひとも活用してほしい。

↓楽天では利用額の1%がポイントバックされる

↓Yahoo!ショッピングでも同様の還元率となる

ポイントの有効期限はいつまで?

ちょびリッチで獲得したポイント自体に有効期限は存在しない。

ただし、最終ポイント獲得日から、1年間、ポイント獲得もしくは交換が無い場合は「失効」となるので、注意してほしい。

↓右上の三本線のマーク(クリック後は×マークに変更)を選択すると、最終ポイント獲得日が確認できる

ポイントはどうやって交換するの?

ポイント

 

ちょびリッチの利用で貯まったポイントの交換手順は、以下を参考にしてほしい。

 

↓右上の「ポイント交換所」をクリック

 

↓交換できるポイント一覧が表示される

 

↓交換したいポイントの画像をクリック

 

↓「交換申込みをする」をクリック

 

↓秘密の質問に回答した後、電話にて本人認証をおこなう

 

↓本人認証が完了したら「ポイントを交換する」をクリック

 

↓交換したいポイントの画像をクリック

 

↓交換レートや手数料などを確認し、「交換申込みをする」をクリック

 

↓交換するポイント数を入力し「次の画面へ」をクリック

 

↓「ポイント交換申請」をクリック

 

↓これにてポイント交換申請は完了となる(交換完了までの期間は交換先により異なる)

ポイントはなにに交換できるの?

疑問

 

ちょびリッチの利用で貯まったポイントは、現金・ギフト券・他社ポイント・電子マネー・マイルなどにも交換可能だ。

交換レート・交換手数料などの詳細は、以下の表をご覧あれ。

移行できるポイント 交換レート 交換手数料
LINE Pay残高 1000ちょびpt→500円 無料
pring 1000ちょびpt→500円 無料
PayPal 1000ちょびpt→500円 無料
住信SBIネット銀行 1000ちょびpt→500円 無料
楽天銀行 1000ちょびpt→500円 無料
PayPay銀行 1000ちょびpt→500円 無料
ゆうちょ銀行 1000ちょびpt→500円 150円
その他金融機関 1000ちょびpt→500円 150円
au PAY ギフトカード 1000ちょびpt→500円分 無料
Pontaポイント コード 1000ちょびpt→500ポイント 無料
JCBプレモデジタル 1000ちょびpt→500円分 無料
WAONポイントID 1000ちょびpt→500円相当分 無料
Pollet(ポレット) 1000ちょびpt→500円分 無料
Amazonギフト券 1000ちょびpt→500円分 無料
WebMoney 1000ちょびpt→500円分 無料
楽天Edy 1000ちょびpt→500円分 無料
ビットキャッシュ 1000ちょびpt→500円分 無料
ちょコムポイント 1000ちょびpt→500円分 無料
nanacoギフト 1000ちょびpt→500円分 無料
Apple Gift Card 1000ちょびpt→500円分 無料
NET CASH 1000ちょびpt→500円分 無料
ニッセンポイント 1000ちょびpt→500円分 無料
ビットコイン 1000ちょびpt→500円分 無料
Google Play ギフトコード 1000ちょびpt→500円分 無料
dポイント 1000ちょびpt→500ポイント 無料
OZmallのOZポイント 1000ちょびpt→500ポイント 無料
JALマイレージバンク 800ちょびpt→200マイル 無料
PeX 1000ちょびpt→5000ポイント 無料
Gポイントギフト 1000ちょびpt→500Gポイント 無料
ベルメゾン・ポイント 1000ちょびpt→500ポイント 無料
ビックネットポイント 1000ちょびpt→500ポイント 無料
Tポイント 1000ちょびpt→500ポイント 無料
ドットマネー 1000ちょびpt→500ポイント 無料
ドットマネーギフトコード 1000ちょびpt→500ポイント 無料
マックカード 1000ちょびpt→500円分 無料

 

↓お友達招待リンクからの登録後、
10000P獲得で2100円分のポイントをプレゼント!!

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチのメリットは?

メリット

 

ちょびリッチのメリットをいくつかまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

還元額が高水準!!

ちょびリッチは、還元額は業界でもトップレベルに位置していると思われる。

私自身、数あるポイントサイトを、常日頃比較して利用しているが、ちょびリッチの還元額はモッピーやハピタスの次点に位置するほどの高水準かと思われる。

感覚としては、「ポイントインカム」「ワラウ」と同水準もしくはそれ以上で、「ECナビ」「ポイントタウン」よりも多くの広告で還元額を凌駕しているように思えた。

JIPCに加入!!

 

ちょびリッチを運営するGMOメディア株式会社は、JIPC(日本インターネットポイント協議会)に参加している。

JIPCは、利用者、サービス参加企業、広告主の満足度向上に寄与することを目的とした非営利団体だ。

「誠心誠意、サービス運営を行う」
「ユーザーの皆様の利益を損なうことのないよう努める」
「ユーザーの皆様からのポイント交換は何時でもお受けする」
「サービスの終了やポイントの価値が変更する場合は、最低1ヶ月前に必ず連絡する」
「JIPCは、上記内容を遵守しないポイントサービス、会社の加盟は許可しない」

といったガイドラインの基に運営しているので、利用者も安心してポイント活動に勤しむ事ができるだろう。

JIPCには、ハピタスを運営するオズビジョン、ワラウを運営するオープンスマイル、ECナビを運営するCARTA HOLDINGSといった名だたる企業が参加している。

JIPC参加企業一覧
GMOメディア株式会社、株式会社オープンスマイル、インフォニア株式会社、ブルーチップ株式会社、株式会社CARTA HOLDINGS、株式会社DIGITALIO、株式会社オズビジョン、株式会社ちょびリッチ、ジー・プラン株式会社、グリーンスタンプ株式会社、株式会社DNPソーシャルリンク

※JIPCは、「Japan Internet Point Conference」の略称

紹介プログラムがアツい!!

ショッピング

 

ちょびリッチには「お友達紹介キャンペーン」なるものを開催している。

紹介プログラムは、招待した人・招待された人双方にメリットがあるので、直接、公式サイトから会員登録するよりもお得だといえよう。

招待した人の特典

紹介者のURLから登録したお友達がちょびリッチで1pt以上獲得すれば、紹介者に700ptが進呈される。

さらに、お友達が「ちょびとも報酬制度の対象広告」で獲得したポイントの40%が紹介者に付与される。

招待された人の特典

紹介経由で登録後、 登録した月末までに1pt以上獲得すると200ptが進呈される(【2022年12月~】ビギナーズボーナスの50ptのみ獲得の場合は対象外)

さらに、登録した翌月末までに10000pt以上獲得すると4000ptが付与される。

 

もしあなたが、当記事をお読みになりちょびリッチにさらに興味を持ったなら、以下の筆者の招待リンクより登録していただけるとものすごくうれしく思います(コメント欄やお問い合わせフォームなどから知らせていただければ幸いです)

↓今すぐちょびリッチを使ってみる!!
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ポイントインカムのデメリットは?

悩む

 

ポイントインカムのデメリットは、以下をご覧いただきたい。

1P=1円ではないので分かりにくい

ちょびリッチのポイント交換時のレートは2P=約1円換算 となっている。

1P=1円のポイントサイトと比較すると、錯覚して、多く見えがちなので注意してほしい。

サイトがごちゃごちゃしていて重い

スマートフォンでちょびリッチを閲覧していると、全体的にサイトがごちゃついていて見にくい印象を受けた。

また、他のポイントサイトと比較すると、画面が表示されるまでの読み込み時間が若干長いように感じた。

ただ、PCで閲覧した際は、そのように不敏に思えることはあまりなかった。

ちょびリッチを使うときの注意点は?

びっくり

 

ちょびリッチを使う際の注意点をまとめたので、参考までにご覧あれ。

Cookieを削除する!! 寄り道はしない!!

ポイントが反映されない恐れがあるので、広告利用の際(「ポイントをためる」「お買い物にいく」をクリックする前)は、必ずCookieを削除してほしい。

また、「サイトにいく」をクリックした後は、ブラウザバックや他サイトへのページ遷移は控えるようにしよう。

→Cookieの削除手順

「サイト越えトラッキングを防ぐ」をオフにする!!

ポイントが反映されない恐れがあるので、iPhoneなどのApple製品を使っている場合は「サイト越えトラッキングを防ぐ」をオフにしてほしい。

クレジットカードの多重申込みは控える!!

短期間に複数枚のクレジットカードに申込むと、ポイント目的だと認識され、無効判定になる恐れがある。

また、多重申込みは審査で落とされやすく、審査落ちする事で信用情報に傷がつく。

信用情報に傷がつくと、再度、クレジットカードに申し込んだ際の審査においても不利になり、また落とされる可能性がある。

なので、クレジットカードの発行は月1枚まで、多くとも月2枚までにとどめておく事を推奨する。

クレジットカードは最低でも年1回は使う!!すぐに解約しない!!

発行したクレジットカードを全く利用しなかったり、すぐに解約する事は控えてほしい。

「利用意思がない」=「ポイント目的」と認識される可能性が高いためだ。

小額でも良いので、最低でも年1回は使ってほしい。
また、解約する場合はカード発行から1年以上経ってからにしよう。

ちょびリッチの問い合わせページは?

PC

 

「獲得条件の詳細を知りたい」「判定中にならない」「承認されない」「却下された」といった理由でカスタマーサポートに問い合わせたい場合は、以下のリンクを参照してほしい。

→ちょびリッチ お問い合わせページ

なお、電話での問い合わせは行なっていないとの事だ。

ちょびリッチを解約するには?

泣く

 

ちょびリッチを退会したい場合は、以下のリンクより手続きを行ってほしい。

→ちょびリッチ退会手続きページ

ちょびリッチ退会時の注意点

なお、ちょびリッチを退会すると、保有しているポイントは失効となる。

また、交換手続き中のポイントや会員ステータスも無効となるので注意してほしい。

システムの都合上、退会後も、1か月程度は1週間に数通程度のメールが届く場合があるようだ。

他社ポイントサイトの違いは?どれが良いの?

ちょびリッチと数ある大手ポイントサイトとの違いをまとめたので、参考までにご覧あれ。

ハピタス モッピー ポイント
インカム
ポイント
タウン
ちょびリッチ
運営会社 株式会社オズビジョン 株式会社セレス(東証一部上場) ファイブゲート株式会社 GMOメディア株式会社 株式会社ちょびリッチ
設立 2007年 2005年 2003年 1999年 2006年
会員数 約350万人 約900万人 約400万人 約830万人 約400万人
ポイント
交換レート
1P=約1円 1P=約1円 10P=約1円 1P=約1円 2P=約1円
ポイント
交換先
21種類 34種類 49種類 29種類 36種類
最低換金額 1円分 300円分 500円分 1円分 400円分
ポイント
交換限度額
月3万円まで なし 交換先によって異なる 非公開 最高6万ポイント
ポイント
交換手数料
無料 0~165円分 0~300円分 無料 0~150円分
ポイント
有効期限
12か月間ログインがないと失効 半年間利用が無いと失効 半年間利用が無いと失効 最後にポイントを取得した日より12ヶ月 最後にポイントを取得した日より12ヶ月
お買い物
保証制度
あり なし あり あり あり
JIPC 加入 未加入 未加入 加入 加入

クレジットカード発行でもらえるポイント数は?

ボーナスポイント

 

現在(2022年2月2日)、ちょびリッチでのクレジットカード発行(利用)でもらえる報酬を以下にまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

JCB一般カード・TRUST CLUB ワールドカード あたりは、発行しても良い頃合いではないだろうか?

イオンカード発行でもらえるポイントは若干ハピタスの方が高い傾向にある。

楽天カードはカード会社からもらえる楽天ポイントと合算して18000pt以上になった時が申込みのベストタイミングといえよう。

カード発行でもらえる報酬(ポイントは円に換算済み)

対象カード 2月 1月 過去最高額
(推定)
楽天カード 500円 500円 12000円
楽天ゴールドカード 案件なし 案件なし 400円
楽天プレミアムカード 500円 500円 6000円
楽天ANAマイレージクラブカード 500円 500円 8500円
PayPayカード 3500円 3500円 5600円
三井住友カード(NL) 7500円 7500円 26000円
三井住友カード デビュープラス
案件なし 案件なし 不明
三井住友カード ゴールド(NL)
9000円 9000円 9500円
三井住友カード プラチナプリファード 500円 24500円 30000円
三井住友カード revo style
案件なし 案件なし 26000円
三井住友カード ビジネスオーナーズ 8000円 14500円 23000円
三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド 8000円 19000円 23000円
イオンカード 2300円 2800円 8000円
エポスカード 6000円 6000円 12000円
Visa LINE Payクレジットカード【LINEクレカ】 案件なし 案件なし 7000円
Visa LINE Pay クレジットカード(P+)【LINEクレカ(P+)】 案件なし 1000円 5000円
JCB一般カード 7000円 2000円 6000円
JCB CARD W 案件なし 案件なし 12500円
JCBセントラルリーグカード
案件なし 案件なし 2000円
リクルートカード
1100円 4000円 6500円
Tカード Prime
5500円 5500円 6500円
dカード 7000円 7000円 7000円
dカード GOLD 10000円 10000円 28000円
au PAY カード 1000円 1800円 8000円
Amazon Mastercard
案件なし 案件なし 案件なし
東急カード
7000円 5000円 8000円
マジカ ドンペンカード
1500円 6000円 7700円
ダイナースクラブカード 15000円 15000円 24200円
アメリカン・エキスプレス・カード 200円 200円 28000円
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
2000円 2000円 10000円
 マリオットボンヴォイ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:spgアメックス) 1000円 1000円 2000円
UCプラチナカード 3000円 3000円 26500円
セゾンカードインターナショナル
2800円 2800円 14000円
ゴールドカードセゾン 案件なし 案件なし 7000円
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード 2800円 5000円 13000円
セゾンローズゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
案件なし 案件なし 17000円
TRUST CLUB プラチナマスターカード 3300円 3300円 5000円
TRUST CLUB ワールドカード 13200円 13200円 14000円
TRUST CLUB プラチナ Visaカード 案件なし 案件なし 11000円
ファミマTカード
5000円 案件なし 15000円
セブンカード・プラス 500円 4500円 7100円
ライフカード 3000円 3000円 8000円
ライフカード「ゴールド」 5000円 5000円 11000円
タカシマヤセゾンカード 1000円 1000円 2000円
大丸松坂屋カード 5000円 8500円 10300円
JRE CARD 4500円 案件なし 6000円
ビュー・スイカ カード 7500円 8000円 9500円
ルミネカード
案件なし 案件なし 案件なし
ビューゴールドプラスカード 17000円 22500円 24000円
ENEOS(エネオス)カード 案件なし 案件なし 405円
シェルPontaクレジットカード 1100円 1100円 8000円
アコム ACマスターカード 2000円 2000円 2000円
Airカード
13000円 9000円 57500円
日本盲導犬協会カード 1000円 1000円 1730円

他社ポイントサイトとの還元額を比較したいときは?

ポイントサイトにはちょびリッチの他に、ハピタス・モッピー・ポイントインカム・げん玉・ワラウ・GetMoney!・ECナビ・ポイントタウン・すぐたま といったように数多くのサイトが肩を並べている。

これらのポイントサイトをひとつずつ比較して、なるべくポイント還元額が高いところから申込みたいところだが、それは非常に手間がかかる事は容易に想像がつくだろう。

そのような時は「ポイントサイト横断検索」を活用してほしい。

例えば「楽天カード」と検索すれば、各サイトのポイント還元額を一括で表示させる事ができる。
52個のポイントサイトから比較するサイトも選択できる事のもメリットのひとつだろう。

↓ポイント還元額が高い順に表示される

↓「設定」より比較するポイントサイトの選択が可能だ
引用:dokotoku.jp

まとめ

いかがだっただろうか?

 

ちょびリッチについてまとめると・・・

 

・ちょびリッチは設立16年の歴史を誇る老舗のポイントサイト
・会員数は400万人以上にのぼり、この数字は業界でも上位に位置している
・12歳が利用可能
・ちょびリッチは、 「TRUSTe」認証取得済み、SSL化も実施しているので、初心者でも安心して利用する事ができる
・ちょびリッチ経由でサービスを利用すると、ちょびリッチ独自のポイントが貯まる
・貯まったポイントは、「現金」「ギフト券」「電子マネー」「マイル」などに交換する事ができる
・ちょびリッチポイントの価値は2Pあたり約1円
・ポイントの有効期限は最後に獲得した日より365日となる
・広告利用の際はCookieを削除し、ブラウザバックや他サイトへのページ遷移は極力控える
・iPhoneなどのApple製品を使っている場合は「サイト越えトラッキングを防ぐ」をオフにする
・スマートフォンで利用する場合は、プライベートブラウザ機能をオフにする
・安定した同一の通信状況で利用する(公共WiFiの利用は推奨しない)

・「ポイント獲得条件」「ポイント却下条件」「注意事項」にはよく目を通す
・無効判定になる恐れがあるので、短期間に複数枚のクレジットカードに申込む事は控える(多くても月2枚まで)
・発行したクレジットカードを全く利用しなかったり、すぐに解約する事は推奨しない
・広告主への直接問い合わせはしない(成果対象外となる可能性があるため)

・カード会社独自のキャンペーンを行っている際にちょびリッチで申し込めば、カード会社のポイントとのポイント二重取りも原則可能
・広告利用時のポイント還元額は、業界内でも高水準に位置する
・「Kyash」「Revolut」「MIXI M(6gram)」「B/43」「TOYOTA Wallet」などのプリペイドカードの広告はない(IDAREの広告はあり)
・スマートフォンのみでしか申し込めない(表示されない)案件もあり
・「PayPay」「d払い」「メルカリ(メルペイ)」のインストール案件もあり(スマホからのみ申込み可)
・「楽天ペイ」「au PAY」「LINE Pay」「FamiPay」「iAEON(イオンペイ)」のインストール案件はない
・もらえるポイント数は時期によりかなり変わるので、定期的に目を通しておくことを推奨
・「ポイントサイト横断検索(通称:どこ得)」より各サイトの還元額一括検索が可能

 

といった感じだ。

 

ちょびリッチ、興味のある方は使ってみてはいかがだろうか?

 

当記事を読まれて、もしあなたがちょびリッチに関心を持たれたのであれば、下記のお友達招待リンクよりご登録して頂けるとものすごく嬉しく思います\(^^)/

新規登録後、翌々月までに10000P獲得すれば2100円分のポイントがもらえますよ♬

 

↓今すぐちょびリッチを使ってみる!!
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

↓こちらの記事もおすすめ!!
・ハピタスの使い方やメリットって!?クレカつくりたい人は必見!!
・モッピーの使い方やメリットって!? クレカ発行するなら読まなきゃ損だよ!!
・ポイントインカムの魅力って?クレカ作るなら必見だよ!使い方も解説!

 


スポンサードリンク