auPAYカード

 

皆さん、auPAYカードはご存知だろうか?

こちらのクレジットカード、auユーザーからはなかなかの人気のようだ。

というわけで、今回はauPAYカードについて調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。


スポンサードリンク

au PAY(エーユー・ペイ)カードとは?

auPAYカード(旧:auWALLETクレジットカード)とは、利用する事でPontaポイントがお得に貯まるクレジットカードである。

TVCM | au PAY カード「大黒天カード」篇

auPAYカードの入会費や年会費は?

auPAYカードの入会費や年会費は、以下のようになる。

入会費

無料

年会費

1250円(税別)

※auユーザーは年会費無料
※au非契約者は初年度年会費無料、2年目以降は年1回の利用で無料

auPAYカードの締め日や引き落とし日は?

auPAYカードの締め日や引き落とし日は、以下のようになる。

締め日

毎月15日

引き落とし日

翌月10日

auPAYカードの国際ブランドは?

auPAYカードの国際ブランドは、MasterCard・VISAになる。
mastercard visa

auPAYカードの券面デザインは?

auPAYカードの券面デザインは、下記をご覧いただきたい。

↓auPAYカード
auPAYカード

auPAYカードの申込み条件は?

保険

 

auPAYカードの申込み条件は、下記を参照してほしい。

auPAYカード申込条件
・個人で利用のau IDを所持している
・満18歳以上(高校生は除く)
・本人または配偶者に定期収入がある

審査期間は?どのくらいで届くの?

auPAYカードの審査期間だが、早くて申込み日の翌日、長引くと2週間ほどかかるようだ。

審査通過後は、3日~6日あたりでカードが手元に届くとの事。


スポンサードリンク

auPAYカードのポイント還元率は?

ポイント

 

auPAYカードを利用すると、Pontaポイントが貯まる。
税込100円の利用につき1ポイント貯まるので、還元率は1%になる。

また、auPAY残高にチャージする事によっても、チャージ額の1%のポイントが付与される。

ポイント有効期限は付与から1年間になる(キャンペーンなどで貰えるポイントは短い事もあり)

Pontaポイントの使い道は?

クエッション

 

Pontaポイントの使い道は、下記をご覧頂きたい。

カード利用額に充当

Pontaポイントは、auPAYカード利用金額に1ポイント=1円分として充当が可能だ。

auPAYにチャージ

Pontaポイントは、auPAYプリペイドカードやコード決済のauPAYにチャージできる。

auPAYは、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、すき家、松屋、ウエルシア、ビックカメラ など数多くの店舗で利用可能だ。

→auPAYが使える店舗一覧

auPAYマーケットで使う

Pontaポイントは、auPAYマーケット(旧:au Wowma)にて支払いに使える。

auPAYカードに家族カードはあるの?

家族カード

 

auPAYカードには、家族カードを付帯させる事ができる。

家族会員は、本会員とほぼ同等のサービスを受ける事が可能だ。

入会条件は、「満18歳以上(高校生除く)」及び「申し込みする家族本人名義でau携帯電話(スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fiルーターなど)またはUQ mobileを利用されていること」となっている。

本会員が年会費無料の場合は、家族会員も年会費無料になる。

本会員に年会費が発生した場合は、家族会員の年会費は1名につき税別400円となる。

auPAYカードにはETCカードも!

etcカード

 

auPAYカードには、ETCカードも付帯させる事ができる。

ETCカードを利用すると、クレジットカード同様、100円ごとに1ポイントが付与される。

年会費は無料、発行手数料は税別1000円になる。
ただし、入会から一年以内にETCカードを利用すれば発行手数料は全額キャッシュバックされる。

auPAYカードのメリットは?

auPAYカードのメリットを下記にまとめたので、ご覧いただきたい。

auポイントアップ店で使うとお得

ポイントアップ店 au

 

auPAYカードをauポイントアップ店で利用すると、通常ポイントに加え200円(税込)ごとに1ポイント以上が加算される。

ポイントアップ店には、セブンイレブン、イトーヨーカドー、マツモトキヨシ、ジョーシン、ノジマ、紀伊國屋書店、COCO’S、ドミノピザ、かっぱ寿司、ビッグエコー、自遊空間、TOHOシネマズ などが名を連ねている。

最高2000万円の旅行保険

飛行機

 

auPAYカードには、最高2000万円補償の海外旅行保険が付帯している。
詳細は、下記をご覧頂きたい。

海外旅行保険
保険の種類 保険金額
本会員/家族会員
障害 死亡
後遺障害
最高2000万円
治療費用 1回の事故につき
200万円限度
疾病 治療費用 1回の病気につき
200万円限度
個人賠償責任 1回の事故につき
2000万円限度
携行品損害(免責金額3000円) 1旅行中20万円限度
救援者費用等 1回の事故につき
200万円限度
補償対象旅行期間 日本出国日から3ヵ月

auPAYカードにはショッピング保険も!

ショッピング保険

 

auPAYカードには、お買い物安心保険(動産総合保険)が付帯している。

商品購入から90日以内に破損・盗難などにより損害を被った場合、年間100万円まで補償する保険だ(国内利用・海外利用問わない)

ただし、免責金額として3000円を自己負担する必要がある。

紛失・盗難補償

盗難補償

 

カードを紛失したり盗難にあった場合、紛失・盗難専用ダイヤルに連絡し警察署に届け出る事により、届け日より60日前までさかのぼり、不正に利用された損害額が補てんされる。

紛失・盗難専用ダイヤル(24時間受付)
・フリーコール 0120-994-388 (通話料無料)
・フリーコールを利用できない場合 03-6758-7388(通話料有料)
・海外から問い合わせる場合 国際アクセス番号+81-3-6758-7388(通話料有料)

auPAYカードとauPAYゴールドカードの違いは?

auPAYカードとauPAYゴールドカードの違いを表にまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

auPAYカード auPAYゴールドカード
券面デザイン auPAYカード auPAYゴールドカード
申し込み条件 ・個人で利用のau IDを所持している
・満18歳以上(高校生は除く)
・本人または配偶者に定期収入がある
・個人で利用のau IDを所持している
・満20歳以上(学生、無職、パート・アルバイト除く)
・本人または配偶者に定期収入がある
年会費 1250円(税別)

※auユーザーは年会費無料
※au非契約者は初年度年会費無料、2年目以降は年1回の利用で無料

10000円(税別)
ポイント還元率 1% 1%
※au料金支払いで最大11%
家族カード年会費 無料
※本会員に年会費が発生した場合、家族会員の年会費は税別400円
1枚目無料・2枚目以降は1枚につき税別2000円
ETCカード発行手数料 発行手数料1000円(税別)
※発行から1年以内の利用で請求額から発行手数料差し引き
発行手数料無料
空港ラウンジサービス なし 国内31空港+ハワイの空港ラウンジが無料で利用可
国内旅行保険 なし 最高5000万円(利用付帯)
海外旅行保険 最高2000万円(利用付帯) 最高5000万円(自動付帯)
ショッピング保険 年間100万円まで補償 年間300万円まで補償
auPAYマーケットクーポン
なし 毎月1000円分進呈
ボーナスポイント なし 年間のカード利用額に応じてPontaポイントが進呈

あとがき

いかがだっただろうか?

 

auPAYカードについてまとめると・・・

 

auPAYカード
券面デザイン auPAYカード
申込み条件 ・個人で利用のau IDを所持している
・満18歳以上(高校生は除く)
・本人または配偶者に定期収入がある
入会金 無料
年会費 税別1250円
※auユーザーは無料
※au非会員は1年間無料、2年目以降は年1回の利用で無料
国際ブランド VISA・MasterCard
ポイント還元率 1%
家族カード 年会費無料
※本会員に年会費が発生した場合、家族会員の年会費は税別400円
ETCカード 年会費無料・発行手数料1000円(税別)
※発行から1年以内の利用で請求額から発行手数料差し引き
海外旅行保険 最高2000万円(利用付帯)
国内旅行保険 なし
ショッピング保険 年間100万円まで補償

 

といった感じだ。

 

auPAYカード、興味のある方は利用してみてはいかがだろうか?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク