dカード

 

皆さん、dカードってご存知ですか?

こちらのクレジットカード、docomoユーザーから人気みたいね・・・!

というわけで、dカードについてちょっと調べてみました。

 

興味のある方は、ご覧ください!


スポンサードリンク

dカードとは?発行会社は?

dカードとは、ショッピング等で利用するとdポイントが貯まるクレジットカードになります。

発行会社は、株式会社NTTドコモ。

↓dポイントイメージキャラクターのポインコ兄弟
ポインコ

dカードの入会費や年会費は?

dカードの入会費や年会費は、以下のようになります。

入会費

無料

年会費

永年無料

dカードの締め日や引き落とし日は?

dカードの締め日や引き落とし日は、以下のようになります。

締め日

毎月15日

引き落とし日

翌月10日(土・日・祝は翌営業日)

dカードの国際ブランドは?

dカードの国際ブランドは、Mastercard・VISAになります。
mastercard visa

dカードの券面デザインは?

dカードの券面デザインは、以下のようになります。

↓通常デザイン
dカード

↓ポインコデザイン
dカード

dカードの申込基準は?

dカードの申込基準ですが、下記をご覧くださいませ。

・満18歳以上であること(高校生は不可)
・個人名義であること
・本人名義の口座が支払口座であること

dカードのポイント還元率は?

dカードのポイント還元率は、通常1%になります(税込100円につき1ポイント)
dカード特約店で使用すると、2%以上のdポイントが貯まります。

dカード提示で1%、dカード決済で1%のポイントがたまるので、実質2%お得になりますね。

dカード特約店は?

dカード特約店は、以下のようになります。

・タワーレコード オンライン
・ENEOSでんき
・ENEOS都市ガス
・ENEOS
・オリックスレンタカー
・ルートインホテルズ
・JAL
・JALパック
・dトラベル
・JTB
・クラブメッド
・髙島屋
・ジェイアール名古屋タカシマヤ・タカシマヤ ゲートタワーモール
・高島屋免税店SHILLA&ANA
・伊勢丹
・三越
・マツモトキヨシ
・紀伊國屋書店
・タワーレコード
・洋服の青山
・コナカ
・フタタ
・THE SUIT COMPANY
・第一園芸
・多慶屋
・リンベル
・dカード ポイントUPモール
・ショップジャパン
・dショッピング
・ドコモオンラインショップ
・d fashion
・日経ヴェリタス
・日経ビジネス/日経WOMAN
・プレジデント社
・スターバックス カード
・ドトール バリューカード
・dデリバリー
・伊達の牛たん本舗
・ジェイアンドジェイグループ
・サカイ引越センター
・ビッグエコー
・東京無線タクシー
・チェッカーキャブ
・さわやか無線センター
・ローソン
・ノジマ

dポイントの使い道は?

dポイントは、ローソンやファミリーマート、マクドナルドなどで支払いに使うことができます。
また、月々の携帯料金の支払いにも使えます。

マイルや他のポイントにも交換可能です。


スポンサードリンク

dカード・dカード GOLDは電子マネーiDが搭載!

dカード GOLDには、電子マネーiDが搭載されています。
端末にカードやスマホをかざすだけで支払いが完了し、税込100円の利用につき1ポイントが貯まります。

dカードとdカード GOLDとの違いは?

dカードには、上位版のdカード GOLDがあります。

↓dカード GOLD
dカードゴールド

 

dカード GOLDの一番のメリットは、毎月のドコモケータイや「ドコモ光」の利用料金(税抜)の10%がポイント還元される点でしょうね(dカードの場合は1%還元)

※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※ 端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。

dカードは年会費永年無料ですが、dカード GOLDは年会費10,000円(税抜)です。
という事は、月のケータイ利用料金が9200円(税抜)を超えれば元が取れる計算になりますね。

ケータイ補償は、dカードは購入日から1年間最大1万円で、dカード GOLDは購入日から3年間最大10万円になります。

またdカード GOLDには、旅行保険が付帯しており、何かあった時に、海外は最大1億円、国内は最大5000万円をサポートしてくれます。

 

dカード dカード GOLD
年齢 満18歳以上(高校生は不可) 満20歳以上
年会費 永年無料 10,000円(税抜)
旅行保険 なし 海外:最大1億円
国内:最大5000万円
ケータイ補償 購入日から1年間最大1万円 購入日から3年間最大10万円
ドコモケータイや「ドコモ光」利用料金のポイント還元率 1%
(税抜1000円につき10ポイント)
10%
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※ 端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。

dカードにはショッピング保険が付帯!

ショッピング保険

 

dカードには、お買い物あんしん保険(動産総合保険)が付帯しています。

カードで購入した商品が、90日以内に破損・盗難などの損害が生じた場合、年間100万円まで補償されます。

※免責金額として3000円を自己負担する必要があります
※国内での利用分は、リボ払いまたは3回以上の分割払い商品のみ適用されます
※海外利用分は、全ての支払い方法で適用されます

dカードの評判・口コミは?

価格.comdカードを使った人の感想がありましたので、載せておきますね!

今まではYahoo!JAPANカードメインでした。
JCBだとnanaco入金も出来るし。

ただ最近ふと気づいたのですが
ドコモユーザーの場合、どうせ同じ100円で1PならTポイントよりもDポイントの方が使い道があるのです。

Tポイントってヤフーショッピングとかだと送料かかるとほぼ割高になるし、ヤフオクあたりで欲しい物がない場合、思ったより使い道がない(+_+)

Dポイントなら最悪携帯料金にしちゃえばいいじゃん!
って最悪ポイントの捌け口がある事に気付いたのと、何より大きな点は期間限定のdポイントでもマクドナルドとか普通のお店でも普通に使えてしまうし、dデリバリーって手もあるんですよね。

期間限定Tポイントで買いたいものが無く、期間限定Tポイントの使い道に振り回されて、泣く泣く損だけどJCBギフトカードとかに変える事も無くなりました笑

同じ期間限定ポイントでもTポイントとDポイントでは雲泥の差です。

docomoユーザーにオススメなのはもちろんですが、ノジマ、ローソンをよく使う方にもオススメです

docomoユーザーで、メイン回線+docomo光や配偶者の合計が月に9000円を超えているならゴールドですが
1人で複数回線(スマホ、タブレット、携帯)の場合、メイン回線にしかポイント付与されませんので
1人で複数回線の方はこちらをオススメします

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?

 

dカードについてまとめると・・・

 

dカード
券面デザイン dカード
申込み条件 満18歳以上の方(高校生は不可)
入会金 無料
年会費 永年無料
国際ブランド VISA・Mastercard
ポイント還元率 1%
家族カード 年会費無料
ETCカード 年会費初年度無料
※前年度ETCカードの利用がなかった場合、2年目以降年会費500円(税抜)
海外旅行保険 なし
国内旅行保険 なし
ショッピング保険 年間100万円まで補償

 

といった感じですね!

 

dカード、興味のある方は利用してみてはいかがでしょうか?

 

というわけで、最後までお読みいただきありがとうございました!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク