dカード GOLD

 

皆さん、dカード GOLDはご存知だろうか?

こちらのクレジットカード、ドコモユーザーからかなり人気のようだ。

というわけで、dカード GOLDについてちょっと調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。

 

↓dカード GOLDの詳細はこちらから

 

dカード GOLDとは?発行会社は?

dカード GOLDとは、dポイントが圧倒的に貯まるdカードの上位版クレジットカードになる。

発行会社は、株式会社NTTドコモ。

↓dカード
dカード

dカード GOLDの入会費や年会費は?

dカード GOLDの入会費や年会費は、以下のようになる。

入会費

無料

年会費

11000円(税込)

dカード GOLDの締め日や引き落とし日は?

dカード GOLDの締め日や引き落とし日は、以下のようになる。

締め日

毎月15日

引き落とし日

翌月10日

dカード GOLDの国際ブランドは?

dカード GOLDの国際ブランドは、mastercard・visaになる。
mastercard visa

dカード GOLDの券面デザインは?

dカード GOLDの券面デザインは、以下のようになる。

↓dカードGOLD
dカードゴールド

dカード GOLDの申込み基準は?

審査

 

dカード GOLDの申込基準だが、「満20歳以上で安定した継続収入があること」「個人名義であること」「本人名義の口座を支払い口座として設定すること」「その他、NTTdocomoが定める条件を満たすこと」となっている。

学生は申し込めないので、注意してほしい。

審査期間は?どのくらいで届くの?

dカード GOLDの審査期間だが、最短で即日、長引くと3週間近くかかる事もあるようだ。

審査通過後は、7日ほどでカードが手元に届くとの事。

dカード GOLDのポイント還元率は?

ポイント

 

dカード GOLDのポイント還元率は、通常1%になる。
dカード特約店で使用すると、2%以上のdポイントが貯まる。

また、毎月のドコモケータイや「ドコモ光」の利用料金(税抜)の10%がポイント還元される。

※利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント付与
※ 端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となる

dポイントの使い道は?

dポイントは、ローソンやファミリーマート、マクドナルドなどで支払いに使うことができる。
また、月々の携帯料金の支払いにも使える。

マイルや他のポイントにも交換可能だ。

 

↓dカード GOLDの詳細はこちらから

 

dカード GOLDのメリットは?

期待

 

dカード GOLDのメリットをいくつかまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

dカード GOLDは電子マネーiDが搭載!

dカード GOLDには、電子マネーiDが搭載されている。
端末にカードやスマホをかざすだけで支払いが完了し、税込100円の利用につき1ポイントが貯まる。

Visaのタッチ決済が搭載!!(Visa限定)

Visaブランドのdカード GOLDには、Visaのタッチ決済機能が付帯している。
サインや暗証番号は不要で、レジにあるリーダーにタッチするだけで支払いを済ます事ができる。

タッチ決済が使える店舗はまだ多いとはいえないが、Visaは世界的なブランドなので、今後加盟店は拡大していくと思われる(iDやクイックペイは国内でしか使えない)

Visaのタッチ決済は、下記のマークがある店舗で利用可能だ。
Visaのタッチ決済

タッチ決済加盟店一例
セブンイレブン、ローソン、ミニストップ、セイコーマート、ポプラ、生活彩家、マクドナルド、すき家、はま寿司、ココス、なか卯、餃子の王将、ほっかほっか亭、ビッグボーイ、ジョリーパスタ、モスバーガー、タリーズコーヒー、ドトールコーヒー、エクセルシオールカフェ、イオン、イトーヨーカドー、マックスバリュ、ダイエー、カスミ、まいばすけっと、マルエツ、ウエルシア薬局、ビブレ、京王百貨店、表参道ヒルズ、コカ・コーラ、郵便局、ヒマラヤスポーツ、神戸空港、関西国際空港、大阪国際空港…etc
タッチ決済はセルフレジでも!!

タッチ決済は、セルフレジで利用可能な店舗もある。
イオンのセルフレジにて、タッチ決済の一部始終を撮影してきたので参考までにご覧あれ。

Visaのタッチ決済をイオンで使ってみた!!

Apple Pay(アップルペイ)に対応!!

dカード applepay引用:d-card.jp

 

dカード GOLDは、Apple Payにも対応している(Google Payには非対応)

Apple Payは、対象となるiPhoneやApple Watchにクレジットカードを登録し、専用の端末にかざす事で支払いが可能になるサービスだ。

Apple Pay — クレジットカードやプリペイドカードを使いお店で支払う方法 — Apple

 

ApplePayに登録されたクレジットカードは、「iD」もしくは「QuicPay」どちらかに割り振られる。

dカード GOLDの場合はiDに割り振られるので、全国のiD加盟店で支払いに使う事ができる。

会計の際は「iDで!」と店員さんに伝えよう。

iDが使える店舗一例
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、イオン、マックスバリュ、ザ・ビック、牛角、はま寿司、ガスト、神戸屋レストラン、ジョナサン、デニーズ、バーミヤン、ケンタッキー(一部店舗利用不可)、すき家(一部店舗利用不可)、マクドナルド、モスバーガー(一部店舗利用不可)、吉野家(一部店舗利用不可)、ロッテリア(一部店舗利用不可)、ドトールコーヒー(一部店舗利用不可)、和民、魚民、笑笑、白木屋、ウエルシア薬局(一部店舗利用不可)、スギ薬局、ツルハドラッグ、マツモトキヨシ(一部店舗利用不可)、RIZAP(一部店舗利用不可)、ドン・キホーテ(一部店舗利用不可)、コジマ、ジョーシン、ソフマップ、ドコモショップ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、タワーレコード、TSUTAYA(一部店舗利用不可)、洋服の青山、富士急ハイランド、快活クラブ、シダックス、BIG ECHO、ルートイン、ムラサキスポーツ(一部店舗利用不可)
dカード GOLDをApple Payに認証するには?

dカード GOLDは、iPhoneの「Wallet」アプリよりApple Payに追加する事が可能だ。
詳細は、下記の動画を参考にしてほしい。

Apple Pay — クレジットカードやプリペイドカードを追加する方法— Apple

VJデスクが使える!!

旅行

 

dカード GOLDの会員は、世界各国の主要都市に設置されている「VJデスク」を利用する事ができる。

VJデスクでは、「ホテル・レストランなどの紹介」「観光情報の案内」「各種チケット・レンタカーなどの予約」「ガイド・通訳の手配」「カードやパスポート紛失・盗難時のサポート」などのサービスを受ける事が可能だ。

※コロナウイルスの影響により電話応対のみ対応のデスクもあり

VJデスク設置都市一覧
都市
アメリカ ニューヨーク
サンフランシスコ
ロサンゼルス
ラスベガス
シカゴ
ワシントンDC
オーランド
ホノルル
グアム
サイパン
カナダ バンクーバー
トロント
バンフ
ブラジル サンパウロ
韓国 ソウル
プサン
台湾 台北
中国 香港
上海
北京
タイ バンコク
シンガポール シンガポール
マレーシア クアラルンプール
インドネシア ジャカルタ
バリ
フィリピン マニラ
セブ
オーストラリア ホーチミン
オーストラリア シドニー
ゴールドコースト
ケアンズ
メルボルン
パース
ニュージーランド オークランド
クライストチャーチ
イギリス ロンドン
フランス パリ
ニース
イタリア ローマ
ミラノ
フィレンツェ
ドイツ フランクフルト
ミュンヘン
ベルリン
オランダ アムステルダム
スペイン バルセロナ
マドリッド
ポルトガル リスボン
ベルギー ブリュッセル
スイス ジュネーブ
グリンデルワルト
チューリッヒ
ギリシャ アテネ
デンマーク コペンハーゲン
トルコ イスタンブール

最高1億円の旅行保険

航空機

 

dカード GOLDには、最高1億円の旅行保険が付帯している。
補償内容については、下記をご覧頂きたい。

国内旅行傷害保険

保険金の種類 保険金額(本会員・家族会員)
傷害死亡保険金 5000万円
傷害後遺障がい保険金
程度により200万円~5000万円
入院保険金 日額 5000円
通院保険金 日額 3000円
手術給付金 入院保険金日額の5倍または10倍

海外旅行傷害保険

担保項目 保険金額(本会員・家族会員) 保険金額(本会員・家族会員)
傷害死亡 1億円 1000万円
傷害後遺障がい
程度により400万円~1億円 程度により40万円~1000万円
傷害・疾病治療費用
(一事故/一疾病の限度額)
300万円 50万円
賠償責任
(一事故の限度額)
5000万円 1000万円
携行品損害
(年間限度額)
50万円(盗難時は限度額30万円) 15万円(一事故あたりの自己負担額3000円)
救援者費用
(年間限度額)
500万円 50万円

ショッピング保険

ショッピング保険

 

dカード GOLDには、お買い物あんしん保険(動産総合保険)が付帯している。

カードで購入した商品が、90日以内に破損・盗難などの損害が生じた場合、年間300万円まで補償される。

※免責金額として3000円を自己負担する必要がある

3Dセキュア(本人認証サービス)に対応!!

dカード GOLDは、3Dセキュアに対応している。

3Dセキュアとは、オンラインでの支払いの際、専用パスワードを入力して本人確認を行う「本人認証サービス」の事を指す。

仮に3Dセキュアに対応していない場合、カードを落としてしまった際、カード番号やセキュリティコード(裏面に記載されている3桁の数字)などの情報が第三者に知られ悪用される危険性がある。

しかし3Dセキュアに対応しているカードであれば、決済の際、本人にしかわからないパスワードを入力する必要があるのでなりすましを防ぐ事が可能だ。

↓本人認証パスワード入力画面
dカード引用:service.smt.docomo.ne.jp

dカード GOLDを3Dセキュアに対応させるには?

dカード GOLDを3Dセキュアに対応させるには、「インターネットショッピング本人認証サービス」の登録が必要となる。

→dカード本人認証サービスの登録はこちら

dカード GOLDの評判・口コミは?

価格.comdカード GOLDを使った人の感想があったので、参考にしてほしい。

Docomo利用者は月々の料金の10%がポイントとして返ってくるので月々の携帯代が9000円以上の方はまず作ったほうがいいというより作らないと損です。
自分の場合家族割の代表回線ですのでだいたい月30000円程は携帯代がかかってるので年間36000ポイントも頂けます。

しかもDポイントは、街のお買い物でも多々使える(ローソン、マクドナルドや家電量販店など利用頻度の高いお店でも使えます。ポンタポイントとも交換機能がありますので、さらに使える店が増えます。JAL等とも交換提携してます)

そしてdocomo以外のお支払いに関しても1%ポイントがつきますのでポイント還元率最強の楽天カードと同じです。

携帯利用料金の10%還元!

わが家は二人で月々15000円支払っているから、毎月1500ポイント還元され、年間費は賄える!
と思ったのに、

よーくよーく確認すると、
携帯端末代金は除外され、携帯購入時に付いてきた月々サポート割引分はきっちり差し引くことになっている!

結果、わが家は600ポイントしか付かない計算になりました。

ご検討中のみなさま、だまされないようお気をつけ下さい。

私の場合、ドコモ光+ドコモ携帯で毎月約1000ポイント。ドコモ光はきっちり10%ついているが、携帯の方は携帯料金から2000円引いた金額の10%くらいがポイントになっている感じ。(勿論、携帯本体価格は入れていない)
これだけだと、ドコモユーザーでもdカード GOLDをあえて作らなくてもいいが、dカード GOLD最大のメリットは家族カード。
無料の家族カードを作って、それに家族の携帯を紐づければ、その家族のドコモ携帯も月々10%程度ポイントがつきます。

何と言っても携帯代(ドコモ光分も)に10%ポイントが付く事と、10万円までの補償がある為ケータイ補償サービスに入らなくてすむ事がメリットでしょう。
一枚につき1回線分のみですが、家族カード(一枚無料)にも1回線紐付け出きるので、実質2回線分!
うちは夫婦共ドコモユーザーなので、年会費なんて簡単に元が取れます♪

携帯代8000円×2 1600ポイント
ドコモ光5200円 520ポイント
ケータイ補償非加入分 500円×2⇒実質1000円

携帯だけでも、月3120円(年37440円)の恩恵を受けることができます。
その他特典も考慮すると、ドコモユーザーなら作らない意味が分からない位です。

あとがき

いかがだっただろうか?

 

dカード GOLDについてまとめると・・・

 

dカード GOLD
券面デザイン dカードゴールド
申込み条件 満20歳以上で、安定した継続収入があること(学生は除く)
入会金 無料
年会費 11000円(税込)
国際ブランド MasterCard・VISA
ポイント還元率 dポイント 1%
家族カード 発行手数料:無料
年会費:1100円(税込)
※家族カード1枚目は年会費無料
ETCカード 発行手数料:無料
年会費:無料
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高5000万円
ショッピング保険 年間300万円まで補償(購入日から90日間)
※自己負担額3000円
※海外利用・国内利用は問わない
Apple Pay 登録可(電子マネーiD)
Google Pay 非対応
限度額(総利用枠) 入会時にご案内
支払い方法
1回払い、2回払い 、リボ払い 、分割払い、ボーナス一括払い
備考 ・毎月のドコモのケータイや「ドコモ光」の利用料金1000円(税別)ごとに10%ポイント還元
・dポイント特約店で使えばポイント還元率UP
・最大10万円のケータイ補償付帯(購入から3年間)
・Visaのタッチ決済搭載(Visaブランドのみ)
・電子マネーiDが搭載
・ハーツレンタカーの割引優待が利用できる
・国内海外航空便遅延費用特約が付帯
・国内主要空港とダニエルKイノウエ国際空港のラウンジが無料で使える

 

といった感じだ。

 

dカード GOLD、興味のある方は利用してみてはいかがだろうか?

 

↓dカード GOLDの詳細はこちらから!!

 

↓こちらの記事もおすすめ!!
・dカードのメリットは?dカード GOLDとどっちが良い?ドコモユーザーにおすすめのカードは?

・d払いの始め方は?メリットやデメリットは?使えるコンビニも!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク