dカードゴールド

 

皆さん、dカードゴールドってご存知ですか?

こちらのクレジットカード、ドコモユーザーからかなり人気みたいね・・・!

というわけで、dカードゴールドについてちょっと調べてみました。

 

興味のある方は、ご覧ください!


スポンサードリンク

dカードゴールドとは?発行会社は?

dカードゴールドとは、dポイントが圧倒的に貯まるdカードの上位版クレジットカードになります。

発行会社は、株式会社NTTドコモ。

 

↓dポイントが貯まるdカード
dカード

dカードゴールドの入会費や年会費は?

dカードゴールドの入会費や年会費は、以下のようになります。

入会費

無料

年会費

10800円(税込)

dカードゴールドの締め日や引き落とし日は?

dカードゴールドの締め日や引き落とし日は、以下のようになります。

締め日

毎月15日

引き落とし日

翌月10日

dカードゴールドの国際ブランドは?

dカードゴールドの国際ブランドは、mastercard・visaになります。
mastercard visa

dカードゴールドの券面デザインは?

dカードゴールドの券面デザインは、以下のようになります。

↓dカードGOLD
dカードゴールド

dカードゴールドの審査は厳しい?

dカードゴールドの審査はそこまで厳しくないですが、ある程度の収入は欲しいようです。

目安とする年収は300万以上との事なので、学生の方の発行は厳しいでしょうね。

専業主婦の方は、配偶者の収入が審査基準となります。

dカードからのアップグレードですと、審査にはかなり通りやすいようです。

申込みからカード到着までの期間は、1週間~2週間あたりとの事です。


スポンサードリンク

dカードゴールドは電子マネーiDが搭載!

dカードゴールドには、電子マネーiDが搭載されています。
端末にカードやスマホをかざすだけで支払いが完了し、税込100円につき1ポイントが貯まります。

iDなら現金いらず

dカードゴールドのポイント還元率は?

dカードゴールドのポイント還元率は、通常1%になります。
dカード特約店で使用すると、2%以上のdポイントが貯まります。

また、毎月のドコモケータイや「ドコモ光」の利用料金(税抜)の10%がポイント還元されます。

dポイントの使い道は?

dポイントは、ローソンやファミリーマート、マクドナルドなどで支払いに使うことができます。
また、月々の携帯料金の支払いにも使えます。

マイルや他のポイントにも交換可能です。

dカードゴールドに潜む罠とは!?

先程も言いましたが、dカードゴールドは使用料に対して10%のポイントが付与されます。

この「使用料」というのがとても重要です。

 

つまり、ケータイ本体の分割支払料金はポイント付与の対象にならないという事です。

また、実質携帯本体が無料になる月々サポートに加入していると、その分が基本料金から割引されるので貰えるポイントが少なくなります。

dポイントを使って使用料を払った場合は、その分もポイント付与の対象にならないので注意したいところですね。

 

以上より、dカードゴールドを作る前に月々の明細をよく見て何にいくら払っているか把握する事が重要です。

dカードゴールドの評判・口コミは?

価格.comdカードゴールドを使った人の感想がありましたので、載せておきますね!

Docomo利用者は月々の料金の10%がポイントとして返ってくるので月々の携帯代が9000円以上の方はまず作ったほうがいいというより作らないと損です。
自分の場合家族割の代表回線ですのでだいたい月30000円程は携帯代がかかってるので年間36000ポイントも頂けます。

しかもDポイントは、街のお買い物でも多々使える(ローソン、マクドナルドや家電量販店など利用頻度の高いお店でも使えます。ポンタポイントとも交換機能がありますので、さらに使える店が増えます。JAL等とも交換提携してます)

そしてdocomo以外のお支払いに関しても1%ポイントがつきますのでポイント還元率最強の楽天カードと同じです。

携帯利用料金の10%還元!

わが家は二人で月々15000円支払っているから、毎月1500ポイント還元され、年間費は賄える!
と思ったのに、

よーくよーく確認すると、
携帯端末代金は除外され、携帯購入時に付いてきた月々サポート割引分はきっちり差し引くことになっている!

結果、わが家は600ポイントしか付かない計算になりました。

ご検討中のみなさま、だまされないようお気をつけ下さい。

私の場合、ドコモ光+ドコモ携帯で毎月約1000ポイント。ドコモ光はきっちり10%ついているが、携帯の方は携帯料金から2000円引いた金額の10%くらいがポイントになっている感じ。(勿論、携帯本体価格は入れていない)
これだけだと、ドコモユーザーでもdカードゴールドをあえて作らなくてもいいが、dカードゴールド最大のメリットは家族カード。
無料の家族カードを作って、それに家族の携帯を紐づければ、その家族のドコモ携帯も月々10%程度ポイントがつきます。

携帯電話の端末補償が三年付いているので、ケータイ補償サービスの料金約800円を毎月節約出来るので、ケータイ補償サービス分だけでも年会費をペイすることが出来ます。

空港のカードラウンドは国内は他のゴールドカードと同様の利便性ですが、日本人がよく利用するホノルル空港は利用出来ないので残念です。

何と言っても携帯代(ドコモ光分も)に10%ポイントが付く事と、10万円までの補償がある為ケータイ補償サービスに入らなくてすむ事がメリットでしょう。
一枚につき1回線分のみですが、家族カード(一枚無料)にも1回線紐付け出きるので、実質2回線分!
うちは夫婦共ドコモユーザーなので、年会費なんて簡単に元が取れます♪

携帯代8000円×2 1600ポイント
ドコモ光5200円 520ポイント
ケータイ補償非加入分 500円×2⇒実質1000円

携帯だけでも、月3120円(年37440円)の恩恵を受けることができます。
その他特典も考慮すると、ドコモユーザーなら作らない意味が分からない位です。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

 

dカードゴールドについてまとめると・・・

 

・入会費は無料、年会費は税込10800円
・締め日は毎月15日、引き落とし日は翌月10日
・国際ブランドは、visaとmastercard
・ポイント還元率は、通常1%(特約店での使用で2%以上)
・毎月のドコモケータイや「ドコモ光」の利用料金の10%がポイント還元
・ケータイ本体の分割支払料金はポイント付与の対象にならない
・「月々サポート」の料金もポイント付与の対象にならない
・電子マネーiDが搭載

 

といった感じですね!

 

dカードゴールド、興味のある方は利用してみてはいかがでしょうか?

 

というわけで、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

↓こちらの記事もおすすめです!!
・dカードはメリットない?ゴールドとどっちが良い?ドコモユーザー必見!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク