dカードゴールド

 

皆さん、dカード GOLDってご存知ですか?

こちらのクレジットカード、ドコモユーザーからかなり人気みたいね・・・!

というわけで、dカード GOLDについてちょっと調べてみました。

 

興味のある方は、ご覧ください!


スポンサードリンク

dカード GOLDとは?発行会社は?

dカード GOLDとは、dポイントが圧倒的に貯まるdカードの上位版クレジットカードになります。

発行会社は、株式会社NTTドコモ。

↓dカード
dカード

dカード GOLDの入会費や年会費は?

dカード GOLDの入会費や年会費は、以下のようになります。

入会費

無料

年会費

10000円(税別)

dカード GOLDの締め日や引き落とし日は?

dカード GOLDの締め日や引き落とし日は、以下のようになります。

締め日

毎月15日

引き落とし日

翌月10日

dカード GOLDの国際ブランドは?

dカード GOLDの国際ブランドは、mastercard・visaになります。
mastercard visa

dカード GOLDの券面デザインは?

dカード GOLDの券面デザインは、以下のようになります。

↓dカードGOLD
dカードゴールド

dカード GOLDの申込み基準は?

審査

 

dカード GOLDの申込基準ですが、「満20歳以上で安定した継続収入があること」「個人名義であること」「本人名義の口座を支払い口座として設定すること」「その他、NTTdocomoが定める条件を満たすこと」となっております。

学生は申し込めませんので、ご注意ください。

審査期間は?どのくらいで届くの?

dカード GOLDの審査期間ですが、最短で即日、長引くと3週間近くかかる事もあるようです。

審査通過後は、7日ほどでカードが手元に届くようです。


スポンサードリンク

dカード GOLDは電子マネーiDが搭載!

dカード GOLDには、電子マネーiDが搭載されています。
端末にカードやスマホをかざすだけで支払いが完了し、税込100円の利用につき1ポイントが貯まります。

dカード GOLDのポイント還元率は?

ポイント

 

dカード GOLDのポイント還元率は、通常1%になります。
dカード特約店で使用すると、2%以上のdポイントが貯まります。

また、毎月のドコモケータイや「ドコモ光」の利用料金(税抜)の10%がポイント還元されます。

※利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント付与
※ 端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。

dポイントの使い道は?

dポイントは、ローソンやファミリーマート、マクドナルドなどで支払いに使うことができます。
また、月々の携帯料金の支払いにも使えます。

マイルや他のポイントにも交換可能です。

dカード GOLDに旅行保険はあるの?

航空機

 

dカード GOLDには、最高1億円の旅行保険が付帯しています。
補償内容については、下記をご覧くださいませ。

国内旅行傷害保険

保険金の種類 保険金額(本会員・家族会員)
傷害死亡保険金 5000万円
傷害後遺障がい保険金
程度により200万円~5000万円
入院保険金 日額 5000円
通院保険金 日額 3000円
手術給付金 入院保険金日額の5倍または10倍

海外旅行傷害保険

担保項目 保険金額(本会員・家族会員) 保険金額(本会員・家族会員)
傷害死亡 1億円 1000万円
傷害後遺障がい
程度により400万円~1億円 程度により40万円~1000万円
傷害・疾病治療費用
(一事故/一疾病の限度額)
300万円 50万円
賠償責任
(一事故の限度額)
5000万円 1000万円
携行品損害
(年間限度額)
50万円(盗難時は限度額30万円) 15万円(一事故あたりの自己負担額3000円)
救援者費用
(年間限度額)
500万円 50万円

ショッピング保険

ショッピング保険

 

dカード GOLDには、お買い物あんしん保険(動産総合保険)が付帯しています。

カードで購入した商品が、90日以内に破損・盗難などの損害が生じた場合、年間300万円まで補償されます。

※免責金額として3000円を自己負担する必要があります

dカード GOLDの評判・口コミは?

価格.comdカード GOLDを使った人の感想がありましたので、載せておきますね!

Docomo利用者は月々の料金の10%がポイントとして返ってくるので月々の携帯代が9000円以上の方はまず作ったほうがいいというより作らないと損です。
自分の場合家族割の代表回線ですのでだいたい月30000円程は携帯代がかかってるので年間36000ポイントも頂けます。

しかもDポイントは、街のお買い物でも多々使える(ローソン、マクドナルドや家電量販店など利用頻度の高いお店でも使えます。ポンタポイントとも交換機能がありますので、さらに使える店が増えます。JAL等とも交換提携してます)

そしてdocomo以外のお支払いに関しても1%ポイントがつきますのでポイント還元率最強の楽天カードと同じです。

携帯利用料金の10%還元!

わが家は二人で月々15000円支払っているから、毎月1500ポイント還元され、年間費は賄える!
と思ったのに、

よーくよーく確認すると、
携帯端末代金は除外され、携帯購入時に付いてきた月々サポート割引分はきっちり差し引くことになっている!

結果、わが家は600ポイントしか付かない計算になりました。

ご検討中のみなさま、だまされないようお気をつけ下さい。

私の場合、ドコモ光+ドコモ携帯で毎月約1000ポイント。ドコモ光はきっちり10%ついているが、携帯の方は携帯料金から2000円引いた金額の10%くらいがポイントになっている感じ。(勿論、携帯本体価格は入れていない)
これだけだと、ドコモユーザーでもdカード GOLDをあえて作らなくてもいいが、dカード GOLD最大のメリットは家族カード。
無料の家族カードを作って、それに家族の携帯を紐づければ、その家族のドコモ携帯も月々10%程度ポイントがつきます。

何と言っても携帯代(ドコモ光分も)に10%ポイントが付く事と、10万円までの補償がある為ケータイ補償サービスに入らなくてすむ事がメリットでしょう。
一枚につき1回線分のみですが、家族カード(一枚無料)にも1回線紐付け出きるので、実質2回線分!
うちは夫婦共ドコモユーザーなので、年会費なんて簡単に元が取れます♪

携帯代8000円×2 1600ポイント
ドコモ光5200円 520ポイント
ケータイ補償非加入分 500円×2⇒実質1000円

携帯だけでも、月3120円(年37440円)の恩恵を受けることができます。
その他特典も考慮すると、ドコモユーザーなら作らない意味が分からない位です。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

 

dカード GOLDについてまとめると・・・

 

dカード GOLD
券面デザイン dカードゴールド
申込み条件 満20歳以上で、安定した継続収入があること(学生は除く)
入会金 無料
年会費 10000円(税抜)
国際ブランド MasterCard・VISA
ポイント還元率 dポイント 1%
家族カード 発行手数料:無料
年会費:1000円(税別)
※家族カード1枚目は年会費無料
ETCカード 発行手数料:無料
年会費:無料
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高5000万円
ショッピング保険 年間300万円まで補償(購入日から90日間)
※自己負担額3000円
※海外利用・国内利用は問わない
Apple Pay 登録可(電子マネーiD)
Google Pay 非対応
限度額(総利用枠) 入会時にご案内
支払い方法
1回払い、2回払い 、リボ払い 、分割払い、ボーナス一括払い
備考 ・毎月のドコモのケータイや「ドコモ光」の利用料金1000円(税別)ごとに10%ポイント還元
・dポイント特約店で使えばポイント還元率UP
・最大10万円のケータイ補償付帯(購入から3年間)
・Visaのタッチ決済搭載(Visaブランドのみ)
・電子マネーiDが搭載
・ハーツレンタカーの割引優待が利用できる
・国内海外航空便遅延費用特約が付帯
・国内主要空港とダニエルKイノウエ国際空港のラウンジが無料で使える

 

といった感じですね!

 

dカード GOLD、興味のある方は利用してみてはいかがでしょうか?

 

というわけで、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

↓こちらの記事もおすすめです!!
・dカードのメリットは?dカード GOLDとどっちが良い?ドコモユーザーにおすすめのカードは?

・d払いの始め方は?メリットやデメリットは?使えるコンビニも!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク