リクルートカード

 

皆さん、リクルートカードってご存知ですか?

こちらのクレジットカード、なかなか人気みたいね・・・!

というわけで、リクルートカードについてちょっと調べてみました。

 

興味のある方は、ご覧ください!


スポンサードリンク

リクルートカードとは?発行会社は?

リクルートカードとは、リクルート社が発行する年会費無料のクレジットカードになります。

リクルートカードの入会費や年会費は?

リクルートカードの入会費や年会費は、以下のようになります。

入会費

無料

年会費

永年無料

リクルートカードの締め日や引き落とし日は?

リクルートカードの締め日や引き落とし日は、以下のようになります。

締め日

毎月15日

引き落とし日

翌月10日

リクルートカードの国際ブランドは?

リクルートカードの国際ブランドは、VISA・JCB・MasterCardになります。VISA JCB Mastercard

リクルートカードの券面デザインは?

リクルートカードの券面デザインは、以下のようになります。

リクルートカード
リクルートカード

リクルートカードの審査は厳しい?パートやアルバイトでも大丈夫?

リクルートカードの申し込み基準ですが、公式サイトでは公開されていません。
ただ、高校生を除く18歳以上の方であればおそらく申し込み可能です。

リクルートカードの審査難易度ですが、そこまで厳しくはないとの事ですよ。

年収100万程度あれば、審査に通る確率はあるようです。

パート、アルバイト、自営業、学生、派遣社員、専業主婦でも通った実績はあります。

専業主婦が申し込む際は、収入覧に世帯年収を記入しましょう。

無職や生活保護の方の発行はかなり難しいでしょう。

審査期間は?どのくらいで届くの?

リクルートカードの審査期間ですが、早いと即日、長引いても4日かからないようです。

審査通過後は、1週間後あたりでカードが手元に届くとの事です。

リクルートカードのポイント還元率は?

リクルートカードのポイント還元率は、基本1.2%になります。
リクルートポイントは月の利用金額より付与されます(月10万円使った場合、1200ポイント還元)

また、ポンパレモールでお買い物すると4.2%、じゃらんで宿泊予約すると3.2%のポイントが付与されます。

リクルートポイントはPontaポイントに交換できる!

リクルートポイントは、Pontaポイントにも交換できます(1リクルートポイントにつき1Pontaポイント)

Pontaポイントは、ローソン、すき家、GEO、ケンタッキー、昭和シェル、はま寿司、BigBoy などで支払いに使う事ができます。

また、Pontaポイントは、JALのマイル、LINEポイント、dポイント、中部電力のカテエネポイントなどにも交換できます。

Pontaポイントは、わりと普及されていますが、楽天ポイントやTポイントと比べると使える店が少ない印象はありますね。

リクルートカードは電子マネーにチャージできる!

リクルートカードは、nanacoや楽天edyなどの電子マネーにチャージする事ができます。
チャージする事で1.2%のポイントが貯まります(ポイントが貯まるのは月間3万円分のチャージまで)

チャージできる電子マネーは?

チャージできる電子マネーは、国際ブランドにより変わります。
詳細は、下記をご覧ください。

【JCB】
nanaco(ナナコ)モバイルSuica

【Mastercard・Visa】
 nanaco(ナナコ)、楽天EdyモバイルSuica、SMART ICOCA

リクルートカードに旅行保険はあるの?

航空機

 

リクルートカードには、最高2000万円の旅行保険が付帯しています。
補償内容については、下記をご覧くださいませ。

国内旅行保険
保険金の種類 保険金額
死亡・後遺障害 最高1000万円
海外旅行保険
担保項目 保険金額
傷害による死亡・後遺障害 最高2000万円
傷害による治療費用 100万円限度
疾病による治療費用 100万円限度
賠償責任
2000万円限度
携行品の損害
(自己負担額1事故3000円)
20万円限度
救援者費用等 100万円限度

リクルートカードにはショッピング保険も!

ショッピング保険

 

リクルートカードには、ショッピング保険が付帯しています。

カードで購入した商品が、90日以内に破損・盗難などの損害が生じた場合、年間200万円まで補償されます。


スポンサードリンク

リクルートカードの評判・口コミは?

価格.comリクルートカードを使った人の感想がありましたので、載せておきますね!

口座変更が資料請求してからでないと変更出来ないので面倒。Web上で出来るように何とかしてほしい。
それ以外は満足。

税金の支払いに使えるnanacoのチャージに大変重宝しています。
またJCBブランドですとETCカードも無料で発行でき(VISA・Masterブランドは発行に1000円必要)、
ETCカードの利用でもポイントが付くので本当に素晴らしい。
加えてリクルート(Ponta)ポイントは導入している実店舗が意外と多く大変使い勝手が良いです。
しかも1ポイントから使えるので無駄がありません。

入会ボーナスポイントが
期間限定な上にじゃらんとかでしか使えないポイントでした。

@@@貰えるポイントが
【リクルート期間限定ポイント】@@@

これに本当に騙されてはいけません!

割高なポンパレモールですら使えません。

ナナコチャージで1.2%は大きいです。公共料金支払いでポイントバックがある数少ないカードの1つですが、中でも還元率は最高なのではないでしょうか。
たいした金額を払っている訳ではないですが、得してる感はかなり感じます。

1会計100円につきポイント付与(楽天、ヤフー、dカードなど)が多い中、月の合計に1.2%付与なので
無駄になるのは月に最大でも数十円です。

さらにポンタには1ポイント単位即時交換可能で、ポンタ経由でdポイントに100ポイント単位での移行可能なので
docomoの私は通話料として使っています

年間100万程度の利用あるが、単純計算で1%のカードと比して2000円の差しかない。また、ポンパレモール等を経由するとポイントが10倍とか、期間限定ポイント利用可とかあるが、実際の使用可能対象が、非常に限られた店舗の、限られた商品にのみであり、まず購入意欲の沸かないものばかり。

一時的に貰えるポイントが多いよりも(キャンペーンなど)
恒常的にどこで使っても1.2%とゆう方が長い目で見ればどちらがお得なのかは一目瞭然です
現在ネット以外の買い物で1%を上回るリボ以外のクレジットカードはこのカードと、REXカードくらいです

あとがき

いかがでしたでしょうか?

 

リクルートカードについてまとめると・・・

 

リクルートカード
券面デザイン リクルートカード
申込み条件 非公開
入会金 無料
年会費 無料
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB・
ポイント還元率 リクルートポイント1.2%
家族カード 年会費無料
ETCカード 年会費(VISA・MasterCard:無料 JCB:無料)
発行手数料(VISA・MasterCard:税別1000円 JCB:無料)
海外旅行保険 最高2000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高1000万円(利用付帯)
ショッピング保険
年間200万円まで補償

 

といった感じですね!

 

リクルートカード、興味のある方は利用してみてはいかがでしょうか?

 

というわけで、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

↓こちらの記事もおすすめです!!
・ポンタポイントの使用方法は?どこで使える?税金は払えるの?

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク