楽天ブラックカード

 

皆さん、楽天ブラックカードなるものをご存知だろうか?

ブラックカードといえば、アメックスセンチュリオンJCBザ・クラスなどが名を馳せているが、なにやら楽天カードにもブラックカードがあるらしい・・・

というわけで、楽天ブラックカードについて調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。


スポンサードリンク

目次

楽天ブラックカードとは?

楽天ブラックカードとは、楽天ポイントがどんどん貯まり、国内・海外の空港ラウンジが無料で利用でき、なおかつ最高一億円の旅行保険も付帯する、楽天カードの頂点に君臨するクレジットカードになる。

↓楽天カード
楽天カード

楽天ブラックカードの入会費や年会費は?

楽天ブラックカードの入会費や年会費は、以下のようになる。

入会費

無料

年会費

33000円(税込)

楽天ブラックカードの締め日や引き落とし日は?

楽天ブラックカードの締め日や引き落とし日は、以下のようになる。

締め日

月末

引き落とし日

翌月27日
※金融機関が休業日の場合は翌営業日

楽天ブラックカードの国際ブランドは?

楽天ブラックカードの国際ブランドは、Visa・MasterCard・JCB・American Expressになる。
国際ブランド

楽天ブラックカードの券面デザインは?

楽天ブラックカードの券面デザインは、下記をご覧頂きたい。

↓楽天ブラックカード
楽天ブラックカード

楽天ブラックカードの申込み基準は?

書類

 

楽天ブラックカードは、原則、招待制のみでの入会になる。
インビテーションとなると、容易に発行できない事は想像がつくだろう。

楽天ブラックカード所有者の職業だが、一番多いのが会社員、続いて自営業といったところか。
少ないながらも、パート、アルバイト、派遣社員も審査通過の実績はある。

専業主婦、無職、年金受給者に対しての発行は難しいだろう。

インビテーションをもらうには?

インビテーションを貰うには、楽天ゴールドカード楽天プレミアムカードでの利用実績を詰む必要があるようだ(一般の楽天カードからでも貰える可能性はあるとの事)

また、楽天銀行や楽天証券などの楽天グループのサービスを使うのが良いとの情報も耳にした。

「2年で60万円しか使っていないのにインビテーションが届いた」という声もあったので、利用額や年収以外の楽天独自の審査基準がある事は間違いないだろう。

↓楽天プレミアムカードについて調べてみる

突撃も可能?

先程、楽天ブラックカードは招待制とお話ししたが、実は下記のページから直接申込み(突撃)も可能だ。

→楽天ブラックカード申込みページ

ただ、突撃で審査に通る可能性はかなり低いとの事。
楽天カードの利用実績が年間500万以上あっても、突撃での発行は難しいようだ。

※申込みページでも「原則、楽天カードが発行するカードをお持ちの方の中から選ばれたお客様へご案内させていただいております」と言及されている

審査期間は?どのくらいで届くの?

楽天ブラックカードの審査期間だが、早いと翌日、長引くと3週間近くかかるようだ。
審査通過後は、7日あたりでカードが手元に届くとの事。

楽天ブラックカードのポイント還元率は?元を取るには?

ポイント

 

楽天ブラックカードを利用すると、楽天スーパーポイントが貯まる。

税込100円の利用につき1ポイント付与されるので、ポイント還元率は通常1%だ。

年会費は33000円なので、ポイントで元を取るには年間で330万円利用する必要がある。

楽天市場で使えば5%ポイント還元!!

楽天市場で楽天ブラックカードを使い買い物をすると最低でも5%のポイントが付与される。

という事は、楽天市場だけで年間66万円を利用すると、33000ポイントが付与されるので年会費分の元が取れる。

誕生月・キャンペーン中に使えば還元率UP!!

先程、楽天市場で利用すれば5%まで還元率が上がると説明したが、さらにポイントを上乗せする事ができる。

楽天ブラックカードキャンペーン中での利用で+1%、誕生月での利用で+1% といったように使い方次第で還元率を伸ばす事が可能だ。


スポンサードリンク

楽天ブラックカードのメリットは?

楽天ブラックカードのメリットをいくつかまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

ポイントが貯まりやすい!!

楽天ブラックカードを使うと、利用額の1%のポイントが付与される。

ただ、還元率1%のクレジットカードは他にも数えきれないほどある。

しかし、「税抜100円につき1ポイント」だったり「一回の会計ごとに付与」「税込200円につき2ポイント」といったような仕様でポイントが削られてしまうものが多いのも否定できない。

それを考慮すると、100円(税込)の利用につき1ポイントが月の累計利用金額より付与される楽天カードのポイントシステムはかなり良心的といえよう。

ポイントが使いやすい!!

貯まったポイントは、楽天市場や実店舗での支払いに使う事が可能だ。

また、月のカード利用額に充当する事もできる。

数あるポイントの中から比較しても、楽天ポイントの提携店舗は国内随一といっても過言ではないだろう。

ポイントはクレジットカードに自動的に貯まっていくので、利用の際にチャージするような煩わしさはない。

楽天ポイントの提携店舗の多さと使いやすさが、楽天カードが支持される大きな要因ではないかと思う。

楽天ポイント提携店舗一例
ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ、マクドナルド、すき家、はま寿司、ガスト、ココス、ビッグボーイ、吉野家、ロイヤルホスト、ジョリーパスタ、バーミヤン、CoCo壱番屋、幸楽苑、サンマルクカフェ、むさしの森珈琲、銀だこ、リンガーハット、ほっかほっか亭、不二家、つぼ八、東急ハンズ、コーナン、大丸、松坂屋、ツルハドラッグ、杏林堂、サンドラッグ、ココカラファイン、ダイコクドラッグ、BEAMS、UNITED ARROWS、KOMEHYO、紳士服コナカ、メガネスーパー、アルペン、スポーツデポ、ゴルフ5、つるやゴルフ、エディオン、ジョーシン、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、湘南美容クリニック、MARUZEN、ジュンク堂書店、とらのあな、シェルサービスステーション、出光サービスステーション、SOLATO、コスモ石油、キグナス石油、ニッポンレンタカー、ジェームス、東急ホテルズ…etc

家族カードが無料!!

家族カード
楽天ブラックカードの会員は、家族カードを付帯できる。

家族会員は本カード会員とほぼ同等のサービスを受ける事ができ、利用する事でポイントも貯まる。

家族カードは2枚まで発行でき、年会費は無料になる。

ETCカードも無料!!

etc

 

楽天ブラックカードには、ETCカードも付帯させる事ができる。

通常の楽天カード会員は年会費550円が発生するが、楽天ブラックカードの会員は無料でETCカードを持つ事ができる。

クレジットカード同様、ETCカード利用100円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まる。

空港ラウンジサービス

ラウンジ

 

楽天ブラックカードの会員は、国内主要空港、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国の仁川空港ラウンジを無料で利用する事ができる(家族会員も対象)

ラウンジでは、雑誌の閲覧やドリンクサービスなどを受ける事ができ、安らぎのひとときを楽しめるだろう。

利用可能空港

北海道
新千歳空港
函館空港

東北
青森空港
秋田空港
仙台国際空港

北陸
新潟空港
富山空港
小松空港

関東
成田国際空港
羽田空港

中部
中部国際空港セントレア

近畿
関西国際空港
伊丹空港
神戸空港

中国
岡山空港
広島空港
米子鬼太郎空港
山口宇部空港

四国
高松空港
松山空港
徳島阿波おどり空港

九州
福岡空港
北九州空港
大分空港
長崎空港
阿蘇くまもと空港
鹿児島空港

沖縄
那覇空港

ハワイ
ダニエル・K・イノウエ国際空港

韓国
仁川空港

プライオリティ・パスに無料で申し込める!!

楽天ブラックカードの会員は、世界143カ国500以上の都市や地域で、1200カ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パス会員に無料で申し込める。

プライオリティ・パスの中でもランクの高いプレステージ会員同等のサービスが受けられる。

家族会員は申し込めないが、同伴者は2名まで無料で利用できる。
3人目からは、1人につき3240円(税込)の利用料が発生する。

↓プライオリティ・パス会員カード
プライオリティ・パス

手荷物無料宅配サービス

手荷物

 

楽天ブラックカードの会員は、出発時に自宅から空港まで、または到着時に空港から自宅まで荷物を無料で配送してくれる手荷物宅配サービスを享受できる(年間2回まで利用可)

対象空港
成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港

Visaのタッチ決済が搭載!!(Visaのみ)

楽天ブラックカードには、Visaのタッチ決済機能が付帯している(Visaブランド限定)
サインや暗証番号は不要で、レジにあるリーダーにタッチするだけで支払いを済ます事ができる。

タッチ決済が使える店舗はまだ少ないが、Visaは世界的なブランドなので、今後加盟店は拡大していくと思われる(iDやクイックペイは国内でしか使えない)

Visaのタッチ決済は、下記のマークがある店舗で利用可能だ。
Visaのタッチ決済

タッチ決済加盟店
表参道ヒルズ、クリスタ長堀、JTB提供のC→REX端末を設置する旅館・土産物店、JapanTaxi*決済機付きタブレット搭載車両、マクドナルド、TSUTAYA、Hotel Villa Fontaine、エブリイ、Airport Limousine、アズナス、メガネストアー、ぐるなびPay、ジェーソン、ローソン、セブンイレブン、KIX(関西国際空港)、Phiten、ハブ、文教堂
タッチ決済はセルフレジでも!!

タッチ決済は、セルフレジで利用可能な店舗もある。
イオンのセルフレジにて、タッチ決済の一部始終を撮影してきたので参考までにご覧あれ。

Visaのタッチ決済をイオンで使ってみた!!

Mastercardコンタクトレスが搭載!!(Mastercard限定)

Mastercardコンタクトレス

 

楽天ブラックカードには、Mastercardコンタクトレスが搭載している(Mastercard限定)
Mastercardコンタクトレスは、加盟店のレジに設置されたカードリーダーにかざすだけで、スピーディに支払いを完了させる事ができる。

Mastercardコンタクトレスはかざすだけ!

Mastercardコンタクトレス加盟店
HUB、McDonalds、表参道ヒルズ、京王百貨店、新丸ビル(一部除く)、丸ビル(一部除く)、六本木ヒルズ、LAWSON、Coca-Cola(一部除く)、TSUTAYA(一部除く)、Phiten、文教堂(一部除く)、メガネストアー、伊丹空港、関西国際空港、神戸空港、Japan Taxi、ぐるなびPay、Uペイ、イトーヨーカドー、セブンイレブン、ローソン、すき家、ビッグボーイ、ココス、はま寿司、ジョリーパスタ、モリバコーヒー、カフェミラノ…etc

 

Apple Pay(アップルペイ)に対応!!

 

楽天ブラックカードは、Visa・MasterCard・JCBブランドに限りApple Payに対応している(AMEXには非対応)

Apple Payは、対象となるiPhoneやApple Watchにクレジットカードを登録し、専用の端末にかざす事で支払いが可能になるサービスだ。

Apple Pay — クレジットカードやプリペイドカードを使いお店で支払う方法 — Apple

 

ApplePayに登録されたクレジットカードは、「iD」もしくは「QUICPay」どちらかに割り振られる。

楽天ブラックカードの場合はQUICPayに割り振られるので、全国のQUICPay加盟店で支払いに使う事ができる。

会計の際は「クイックペイで!」と店員さんに伝えよう。

ApplePayを利用すれば、クレジットカード支払い時同様、楽天ポイントが付与される。

QUICPayが使える店舗一例
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、イオン、マックスバリュ、ダイエー、THE BIG、まいばすけっと、ウエルシア薬局、サンドラッグ、スギ薬局、ツルハドラッグ、マツモトキヨシ、エクセルシオールカフェ、珈琲所コメダ珈琲店、ドトールコーヒーショップ、やるき茶屋、CoCo壱番屋、ケンタッキー(一部店舗では利用不可)、すき家、マクドナルド、モスバーガー、リンガーハット、ロッテリア(一部店舗では利用不可)、いきなり!ステーキ、温野菜、ガスト、かっぱ寿司、牛角、サガミ、ジョナサン、ステーキガスト、デニーズ(一部店舗では利用不可)、バーミヤン、はま寿司、ロイヤルホスト、和食さと、和民、エディオン、ケーズデンキ、コジマ、ジョーシン、ソフマップ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、アップルストア、auショップ、TSUTAYA、ファッションセンターしまむら、Right-on(一部店舗では利用不可)、六本木ヒルズ、快活CLUB、ジャンカラ、東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、富士急ハイランド、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、イエローハット、ディズニーストア、メガネスーパー(一部店舗では利用不可)
楽天ブラックカードをApple Payに認証するには?

楽天ブラックカードは、iPhoneの「Wallet」アプリよりApple Payに追加する事が可能だ。
詳細は、下記の動画を参考にしてほしい。

Apple Pay — クレジットカードやプリペイドカードを追加する方法— Apple

Google Pay(グーグルペイ)にも対応!!

google pay 楽天カード引用:rakuten-card.co.jp

 

楽天ブラックカードは、Google Payにも登録可能だ。
楽天カード株式会社が発行した個人用カードは、Google Payを利用できる(Amexブランドを除く)

Google Payは、おサイフケータイアプリ(6.1.5以上)対応かつAndroid™5.0以上のデバイスに対応している。

登録すれば、Apple Payと同様にQUICPay加盟店にて支払う事ができる。

Google Payは「GooglePlayアプリ」よりダウンロード可能だ。

コンシェルジュサービス

コンシェルジュ

 

楽天ブラックカードの会員は、コンシェルジュサービスを受ける事ができる。

コンシェルジュは、レストランの紹介や予約、宿泊予約、航空券の手配、ゴルフ場の手配、旅行でのトラブル時のサポート などいつでも相談に乗ってくれる。

普段混み合っている人気のレストランも、コンシェルジュに頼めばすぐに手配できてしまうなんて事も・・・

JCBプラザが使える!!(JCB限定)

jcbプラザ

引用:tabilover.jcb.jp

 

JCBブランドの楽天ブラックカードの会員は、本人名義・有効期限内のJCBカードの提示で、世界各地に設置されているJCB PLAZAJCB PLAZAラウンジを利用する事ができる。

JCB PLAZAとは?

JCB PLAZAでは、「ホテル・レストランなどの予約」「観光情報の案内」「JCBカードの紛失・盗難などの緊急時のサポート」「無料Wi-Fi」などのサービスを受ける事が可能だ。

JCBプラザ設置都市一覧
ロサンゼルス(アメリカ)、ホノルル(アメリカ)、ラスベガス(アメリカ)、サンフランシスコ(アメリカ)、サイパン(アメリカ)、ニューヨーク(アメリカ)、バンクーバー(カナダ)、トロント(カナダ)、上海(中国)、北京(中国)、大連(中国)、ソウル(韓国)、台北(中華民国)、バリ(インドネシア)、ホーチミンシティ(ベトナム)、セブ(フィリピン)、クアラルンプール(マレーシア)、シェムリアップ(カンボジア)、シドニー(オーストラリア)、ケアンズ(オーストラリア)、ゴールドコースト(オーストラリア)、オークランド(ニュージーランド)、ロンドン(イギリス)、ローマ(イタリア)、マドリード(スペイン)、バルセロナ(スペイン)、フランクフルト(ドイツ)
JCB PLAZAラウンジとは?

JCB PLAZAラウンジでは、上記に加えて「フリードリンク」「インターネット」「プリントアウト」「マッサージ機」「当日中一時荷物お預かり」「レンタル傘」「新聞・雑誌の閲覧」といったサービスも享受できる。

JCBプラザラウンジ設置都市一覧
ホノルル(アメリカ)、グアム(アメリカ)、ソウル(韓国)、台北(中華民国)、香港(中国)、シンガポール(シンガポール)、バンコク(タイ)、パリ(フランス)

楽天カード会員専用ハワイラウンジ

楽天カード ラウンジ

 

楽天カードの会員は、ハワイに所在するワイキキラウンジとアラモアナラウンジを無料で利用する事ができる。

こちらは、楽天カード会員のみが使える専用ラウンジとなる。
カード会員1名につき同伴者5名まで利用可能だ。

ラウンジでは日本語のできる現地スタッフが対応してくれるので、快適なひとときを送る事ができるだろう。

サービス内容一例
カード盗難・紛失時の相談、温かいコーヒーや冷たいジュース、Wi-Fi、洗浄付きトイレ完備、マッサージチェア、荷物の当日中一時預かり、PC・プリンター、傘貸出し、キッズスペース、授乳室、おむつ交換台、ベビーカー貸出し…etc

※新型コロナウイルス感染症等の情勢を踏まえ一時休業中

海外レンタカー10%割引

車

 

楽天カードの会員は、海外の「ハーツレンタカー」予約割引料金よりさらに10%割引された価格で利用する事ができる。

国内での事前予約した後、現地にて、予約確認書・国際運転免許証・日本の運転免許証を掲示し、楽天カードにて決済する事が割引の条件となる。

その他にもハーツレンタカーは、楽天カードの会員にむけて、優待料金で利用できるキャンペーンを開催している。

携帯・WiFiルーターレンタル20%オフ

スマートフォン

 

楽天カードの会員は、世界200以上の国と地域に対応する「グローバルWi-Fi」を20%割引料金で利用する事ができる。

現地のフリーWi-Fiは、回線が遅かったり、パスワード取得が面倒だったりで、一抹の不安を感じる事もあるだろう。

それだけでなく、個人情報や端末情報を第三者に取得される恐れがあり、非常にリスクを伴う事はご存知だろうか?

グローバルWiFiなら、専用のパスワードでの認証なので安全性も高いといえよう。
また、3Gまたは4Gの高速通信に対応しており、フリーWi-Fiのようなストレスを感じる事なく、インターネットが利用できるだろう。

WiFi対応の機器であれば、スマホ・PC・タブレット複数台の利用も可能だ。

さらに、24時間365日体制のサポート体制である事も喜ばしいところだ。

手荷物宅配優待サービス

荷物

 

楽天カード会員は、JALエービーシーの手荷物宅配サービスを特別割引価格にて利用できる。

海外旅行の出国時に指定の場所から出発空港へ、または帰国時に到着空港から指定の場所へ手荷物をお届けする。

手荷物1個につき、往復宅配300円割引・出発宅配200円割引・到着宅配200円割引となる。

宅配サービス対象空港
成田国際、羽田空港、関西国際空港(第1ターミナル)、中部国際空港(第1ターミナル)

防寒具一時預かりサービス

楽天カード会員は、JALエービーシーのコート預かりサービスを優待価格で利用できる。

楽天カードを提示し、カードで支払う事で通常料金から10%が割引される。

事前予約などは不要で当日そのまま利用できる。
また、コート1着につき50マイルが付与されるのもうれしいところだ。

※一般の手荷物一時預かりサービスは割引対象外

最高一億円の旅行保険

航空機

 

楽天ブラックカードには、旅行保険も付帯している。
本会員の家族も補償対象に含まれる事もメリットの一つだ。

補償内容については、下記を参照してほしい。

国内旅行保険
保険金の種類 保険金額(家族保険金額)
傷害死亡・後遺障害 最高5000万円 (最高1000万円)
傷害入院保険金 5000円/日 (5000円/日)
傷害通院保険金 3000円/日 (3000円/日)
海外旅行保険
担保項目 保険金額(家族保険金額)
傷害死亡・後遺障害 1億円 (1000万円)
傷害治療・疾病治療 300万円 (100万円)
賠償責任 1億円 (5000万円)
携行品損害 50万円 (20万円)
救援者費用 50万円 (20万円)

ショッピング保険も付帯!

ショッピング

 

楽天ブラックカードには、ショッピング保険(動産総合保険)も付帯している。

カードで購入した商品が90日以内に、破損・盗難などの損害が生じた場合、自己負担額として3000円を支払う事で1事故につき年間最高300万円まで補償される。

※1 個1 組1万円以上の商品が対象
※一部補償対象外の商品もあり

3Dセキュア(本人認証サービス)に対応!!

楽天ブラックカードは、3Dセキュアに対応している。

3Dセキュアとは、オンラインでの支払いの際、専用パスワードを入力して本人確認を行う「本人認証サービス」の事を指す。

仮に3Dセキュアに対応していない場合、カードを落としてしまった際、カード番号やセキュリティコード(裏面に記載されている3桁の数字)などの情報が第三者に知られ悪用される危険性がある。

しかし3Dセキュアに対応しているカードであれば、決済の際、本人にしかわからないパスワードを入力する必要があるのでなりすましを防ぐ事が可能だ。

楽天ブラックカードを3Dセキュアに対応させるには?

楽天ブラックカードを3Dセキュアに対応させるには、楽天カード会員専用サイト「楽天e-NAVI」より登録する必要がある。
カードを手元に用意して、手続きを済ませてほしい。

「お客様情報の照会・変更」→「本人認証サービス(3Dセキュア)の登録・変更」より登録できる
楽天カード 3dセキュア

24時間365日体制の不正検知システム

楽天カードは、24時間365日体制でカード利用をモニタリングする不正検知システムを採用している。

不正利用の可能性があると察知した場合、取引は一時的に保留となり、カード犯罪を未然に防止できるシステムだ。

一時停止になった際は、電話またはショートメッセージサービスにてカード会員に通知が届く。

カード利用お知らせメール

楽天カード会員は、カード利用時にメールにて通知が届く「カード利用お知らせメール」に登録できる。

本カードだけでなく家族カードの通知も届くので、管理が行き届き、使いすぎ防止につながるだろう。

カード利用お知らせメールは楽天e-NAVIから設定可能だ。

「お客様情報の照会・変更」→「あんしんサービス」より登録できる
カード利用お知らせメール

楽天ブラックカードのステータス性は?ダサい?

期待

 

楽天ブラックカードのステータス性についてだが、ないことはないように感じる。
審査難易度はかなり高いなので、希少価値がある事は間違いない。

 

ただ、カードフェイスに「PLATINUM」と表記されているので、実質プラチナカードと同ランクの名ばかりブラックとも言える。

 

また、楽天カードは誰でも作れるというイメージが強いので、持っていても何とも思われないだろう。
というか、そもそも存在自体を知られていないのではないか。

これをもっていて女子から熱い眼差しを浴びる、というのはまずない(笑)

筆者は楽天カードを長年愛好しているので、街で楽天ブラックカードをみかけたら「やるじゃん・・・」と笑みを浮かべてしまうだろう。

そういった意味で、一部の人間からは支持されるネタ的要素が強いカードだと思う。

ちなみに、入会費54万・年会費37万のアメックスセンチュリオンの利用者は「写真撮らせてくれ」と懇願された経験があるようだ(実話かどうか定かではない)

↓アメックスセンチュリオン
アメックス・センチュリオン

あとがき

いかがだっただろうか?

 

楽天ブラックカードについてまとめると・・・

 

楽天ブラックカード
券面デザイン 楽天ブラックカード
申込み条件 非公開
入会金 無料
年会費 33000円(税込)
国際ブランド American Express・MasterCard・JCB・Visa
ポイント還元率 1%~7%
家族カード 発行手数料・年会費無料
※2枚まで発行可
ETCカード 発行手数料・年会費無料
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高5000万円
ショッピング保険 年間300万円まで補償
Apple Pay 対応(QUICPay)
※AMEXは非対応
Google Pay 非対応
限度額(総利用枠) 300万円~1000万円
支払い方法
1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
備考 ・コンシェルジュサービス付帯
・国内主要空港ラウンジ利用可
・プライオリティパスのプレステージ会員に無料で申込み可
・Visaのタッチ決済搭載(Visaブランド限定)
・Mastercardコンタクトレス搭載(Mastercardブランド限定)

 

といった感じだ。

 

楽天ブラックカードを発行するには、まず、楽天カードを持つ事が必須だろう。
そして、楽天ブラックカードの次点に位置する楽天プレミアムカードでの利用実績を詰む事が一番の近道だと考える。

楽天ブラックカード、興味のある方は入会に挑戦してみてはいかがだろうか?

 

↓楽天プレミアムカードについて調べてみる!!

 

↓こちらの記事もおすすめです!!
・楽天ゴールドカードのメリットは?楽天カードとどっちがお得?

・楽天ポイントの貯め方や使い道は?コンビニで使える?還元率も!
・楽天Edyのメリットやデメリットは?始め方は?納税に使えるの?

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク