JCBザ・クラス

 

皆さん、JCBザ・クラスはご存知だろうか?

こちらのクレジットカード、高額な年会費にも関わらず人気のようだ。

というわけで、JCBザ・クラスについてちょっと調べてみました。

 

興味のある方は、ご覧ください!

 

スポンサードリンク
JCBオリジナルシリーズ

 

目次

JCB THE CLASS(ザ・クラス)とは?発行会社は?

JCBザ・クラスとは、コンシェルジュデスクやラウンジサービスなどのハイクオリティサービスが付帯しているクレジットカードになる。

JCBザ・クラスはJCB自身が発行するプロパーカードであり、JCBのブラックカードともいえる最高峰のステータス性を兼ね備えている。

JCBザ・クラスの入会費や年会費は?

JCBザ・クラスの入会費や年会費は、以下のようになる。

入会費

無料

年会費

50000円(税別)

JCBザ・クラスの締め日や引き落とし日は?

JCBザ・クラスの締め日や引き落とし日は、以下のようになる。

締め日

毎月15日

引き落とし日

翌月10日

JCBザ・クラスの国際ブランドは?

JCBザ・クラスの国際ブランドは、JCBのみになる。
jcb

JCBザ・クラスの券面デザインは?

JCBザ・クラスの券面デザインは、以下のようになる。

↓JCBザ・クラス
JCBザ・クラス

JCBザ・クラスの申し込み基準は?必要年収は?

JCBザ・クラスは招待制であり、自分から申し込む事はできない。

インビテーションが届けば、高確率でJCBザ・クラスに入会できる(ただ、100%通過するわけではない)

年収は500万以上は欲しいようだ。

JCBザ・クラス会員の職業だが、会社員が6割、自営業が3割、医師や弁護士などの士業が1割といったところか。

フリーター、学生、年金受給者、派遣社員、契約社員、パート、専業主婦の方に対しての発行はかなり厳しそうだ。

JCBザ・クラスのインビテーションの条件は?

JCBゴールドザ・プレミアで年間200万円を3年以上使うとインビテーションが来るという情報を耳にした。

JCBゴールドザ・プレミアは、JCBゴールドで年間100万円以上の利用を2年以上続ける事で発行可能だ。

↓JCBゴールドザ・プレミア
JCBゴールド ザ・プレミア

 

また、JCBプラチナでの利用実績があると、招待が来ることもあるようだ。

↓JCBプラチナ
jcbプラチナ

 

裏技的な方法だが、知り合いのJCBザ・クラス所有者からJCBに頼んでもらい発行した方もいるとの事。

また、地方銀行や信用金庫の支店長の推薦で、入会する方法もあるようだ。

この場合は、カード裏面に銀行名が刻印され、カード発行まで40日あたりかかるとの事。

審査期間は?どのくらいで届くの?

JCBザ・クラスの審査期間だが、早くて1週間、長引くと1ヶ月近くかかるようだ。
審査通過後は、7日あたりでカードが手元に届くとの事。

JCBザ・クラスのポイント還元率は?

JCBザ・クラスでショッピングをすると、税込1000円の利用につき1ポイントが付与される。

貯まったokidokiポイントは、楽天ポイントやTポイント、nanacoポイントといった様々なポイントに交換可能だ。

移行先のポイントによりレートは変わるのだが、還元率は0.3%~0.5%といったところか。

ポイント有効期限は、ポイント獲得月から5年になる。

 

↓okidokiポイント交換レート

1ポイント キャッシュバック 3円分(還元率0.3%)
1ポイント Amazonポイント 3.5円分(還元率0.35%)
1ポイント スターバックス カード 4円分(還元率0.4%)
1ポイント 楽天スーパーポイント 4円分(還元率0.4%)
1ポイント WAONポイント 4円分(還元率0.4%)
1ポイント Tポイント 4~5円分(還元率0.4~0.5%)
1ポイント JCBプレモカード 5円分(還元率0.5%)
1ポイント nanacoポイント 5円分(還元率0.5%)
500ポイント iTunes Card 1500円分(還元率0.3%)
1050ポイント JCBギフトカード 5000円分(還元率0.47%)

JCBザ・クラスには家族カードはあるの?

JCBザ・クラスは家族カードを8枚まで無料で付帯させる事が可能だ。

家族カードの申し込み条件は「本会員と生計を同一にする配偶者・親・高校生を除いた18歳以上の子」となっている。
上記の条件に当てはまるのであれば、収入がない方でも家族カードへの申し込みは可能だ。

家族カードは本会員とほぼ同様のサービスを享受できるので、無料で8枚まで作れるのはかなりお得といえるだろう。

JCBザ・クラスにはクイックペイも!

JCBザ・クラスの会員は、電子マネーQUICPayを利用できる(クレジットカード搭載型も選択可)

QUICPayがあれば、端末にカードやスマホをかざすだけで支払いが完了する。
店員さんにクレジットカードを渡して読み取ってもらう手間が省けるので、決済の時間短縮にもなりそうだ。

QUICPay TVCM「そろそろ、クイック?」篇(15秒)

JCBザ・クラスにはETCカードも!

etcカード

 

JCBザ・クラスには、ETCカードも付帯させる事ができる。

発行手数料や年会費は無料となる。

プライオリティ・パスに無料で申し込める!!

JCBザ・クラスの会員は、世界143カ国500以上の都市や地域で、1200カ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスのプレステージ会員に無料で申し込める。

プレステージ会員は、プライオリティパスの中でも最高ランクの会員であり、年会費は4万円相当になる。

また、同伴者も1名まで無料で利用可能だ。

↓プライオリティ・パス会員カード
プライオリティ・パス

JCB Lounge 京都が利用できる!

JCBザ・クラスの会員は、京都駅ビル内にある「JCB Lounge 京都」を利用できる。

同伴者は1名まで無料となる。

ラウンジ内では、雑誌を読んだり、フリードリンクサービスなどを受ける事ができる。
また、荷物の預かりサービスもしているとの事。

ラウンジの利用時間は、1時間までのようだ。

USJラウンジが使える!

遊園地

 

JCBプラチナ会員は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにあるJCBラウンジを利用できる(年1回、最大4名まで)

ソフトドリンクサービスを受ける事ができ、フライングダイナソーの優先搭乗券も貰えるようだ。

ラウンジ滞在時間は、40分までとの事。

ディズニーランドJCBラウンジも使える!

東京ディズニーランドの「スター・ツアーズ」と、ディズニーシーの「ニモ&フレンズ・シーライダー」内にあるJCBラウンジも利用できる(年1回最大4名まで利用可)

ラウンジ内では、無料ソフトドリンクサービスを受ける事ができ、待ち時間10分でアトラクションを楽しむ事ができる。

 

スポンサードリンク
JCBオリジナルシリーズ

 

メンバーズセレクションで年会費半額!?

JCBザ・クラス会員には、年一回、メンバーズセレクションというカタログ形式のプレゼントが送られてくる。

JCBトラベルクーポンや、東京ディズニーリゾートパークチケット、USJパスポートなど約25000円分の特典から好きなものを選ぶ事ができる。

JCBザ・クラスの年会費は50000円なので、こちらの特典で実質半額になったといっても良いだろう。

※ディズニーランド内にある秘密のレストラン「クラブ33」への招待券は、メンバーズセレクションから除外された

コンシェルジュデスク

コンシェルジュ

 

JCBザ・クラス会員は、「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」を利用できる。

コンシェルジュデスクでは、宿泊予約・旅券の手配などの予約代行サービスや、旅行でのトラブル時のサポートなど365日24時間体制でいつでも相談に乗ってくれる。

普段混み合っている人気のレストランも、コンシェルジュに頼めばすぐに手配できてしまうなんて事も・・・

他のカード会社にもコンシェルジュサービスはあるのだが、JCBのコンシェルジュはとりわけ評価が高いようだ。

JCBザ・クラスに旅行保険はあるの?

航空機

 

JCBザ・クラスには、最高1億円の旅行保険も付帯している。
補償内容については、下記をご覧頂きたい。

国内旅行傷害保険

担保項目 保険金額
死亡・後遺障害 最高1億円
入院 日額5000円
手術 5000円×(10~40倍)
通院
日額2000円

海外旅行傷害保険

担保項目 保険金額
本会員・家族会員 家族特約対象者
傷害による死亡・後遺障害 最高1億円 最高1000万円
傷害による治療費用 1000万円限度 200万円限度
疾病による治療費用 1000万円限度 200万円限度
賠償責任 1億円限度 2000万円限度
携行品の損害(自己負担額1事故3000円) 100万円限度 50万円限度
救援者費用等 1000万円限度 200万円限度

Apple Pay(アップルペイ)に対応!!

jcb apple pay引用:www.jcb.jp

 

JCBザ・クラスは、Apple Payにも対応している

Apple Payは、対象となるiPhoneやApple Watchにクレジットカードを登録し、専用の端末にかざす事で支払いが可能になるサービスだ。

Apple Pay — クレジットカードやプリペイドカードを使いお店で支払う方法 — Apple

 

ApplePayに登録されたクレジットカードは、「iD」もしくは「QUICPay」どちらかに割り振られる。

JCBザ・クラスの場合はQUICPayに割り振られるので、全国のQUICPay加盟店で支払いに使う事ができる。

会計の際は「クイックペイで!」と店員さんに伝えよう。

ApplePayを利用すれば、クレジットカード支払い時と同様、ポイントが付与される。

QUICPayが使える店舗一例
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、イオン、マックスバリュ、ダイエー、THE BIG、まいばすけっと、ウエルシア薬局、サンドラッグ、スギ薬局、ツルハドラッグ、マツモトキヨシ、エクセルシオールカフェ、珈琲所コメダ珈琲店、ドトールコーヒーショップ、やるき茶屋、CoCo壱番屋、ケンタッキー(一部店舗では利用不可)、すき家、マクドナルド、モスバーガー、リンガーハット、ロッテリア(一部店舗では利用不可)、いきなり!ステーキ、温野菜、ガスト、かっぱ寿司、牛角、サガミ、ジョナサン、ステーキガスト、デニーズ(一部店舗では利用不可)、バーミヤン、はま寿司、ロイヤルホスト、和食さと、和民、エディオン、ケーズデンキ、コジマ、ジョーシン、ソフマップ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、アップルストア、auショップ、TSUTAYA、ファッションセンターしまむら、Right-on(一部店舗では利用不可)、六本木ヒルズ、快活CLUB、ジャンカラ、東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、富士急ハイランド、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、イエローハット、ディズニーストア、メガネスーパー(一部店舗では利用不可)
JCBザ・クラスをApple Payに認証するには?

JCBザ・クラスは、iPhoneの「Wallet」アプリよりApple Payに追加する事が可能だ。
詳細は、下記の動画を参考にしてほしい。

30秒でわかる!Apple Payの登録方法

Google Pay(グーグルペイ)にも対応!!

JCBザ・クラスは、Google Payにも登録可能だ。

Google Payは、おサイフケータイアプリ(6.1.5以上)対応かつAndroid™5.0以上のデバイスに対応している。

登録すれば、Apple Payと同様にQUICPay加盟店にて支払う事ができる。

Google Payは「GooglePlayアプリ」よりダウンロード可能だ。

カンタン!Google Pay登録

ショッピング保険も付帯!

ショッピング
JCBザ・クラスには、ショッピングプロテクション(動産総合保険)が付帯している。

カードで購入した商品が、90日以内に破損・盗難などの損害が生じた場合、年間500万円まで補償される。

※免責金額として3000円を自己負担する必要がある

紛失・盗難補償が付帯!!

盗難補償

 

カードの紛失や盗難により不正利用にあった場合、JCB紛失盗難受付デスクに連絡し警察署に届け出る事で、届け日より60日前以降の損害額がJCBカードより補てんされる。

ETCカードやQUICPay専用カードを紛失した場合も、同様の電話番号まで問い合わせてほしい。

国内での紛失・盗難

国内で紛失・盗難にあった場合の連絡先は、以下のようになる。

JCB紛失盗難受付デスク【受付時間  24時間・年中無休】
フリーダイヤル 0120-794-082
海外での紛失・盗難

海外で紛失・盗難にあった場合の連絡先は、下記リンクを参照してほしい。

→「JCB紛失盗難受付デスク(海外)」連絡先一覧

オンラインでも手続きは可能!!

MyJCBに登録済みのカードの場合は、MyJCB画面上部のメニューの「カードの紛失・盗難」からでもカードの停止や再発行の手続きが可能だ。

3Dセキュア(本人認証サービス)に対応!!

JCBザ・クラスは、3Dセキュアに対応している。

3Dセキュアとは、オンラインでの支払いの際、専用パスワードを入力して本人確認を行う「本人認証サービス」の事を指す。

仮に3Dセキュアに対応していない場合、カードを落としてしまった際、カード番号やセキュリティコード(裏面に記載されている3桁の数字)などの情報が第三者に知られ悪用される危険性がある。

しかし3Dセキュアに対応しているカードであれば、決済の際、本人にしかわからないパスワードを入力する必要があるのでなりすましを防ぐ事が可能だ。

↓本人認証サービスの仕組み
jcbカード 3Dセキュア引用:jcb.co.jp

 

認証時のパスワードは、「MyJCBログインパスワード」もしくは「J/Secureワンタイムパスワード」のどちらかになる。

JCBザ・クラスを本人認証サービスに対応させるには?

カード番号が「354」「355」「3573」から始まる場合、JCBの会員専用WEBサービス「MyJCB」に登録すると自動的に本人認証サービスにも登録される。

上記の番号以外から始まるカードの場合は、カード裏面記載の発行会社まで問い合わせてほしい。

※複数のカードを利用を利用している場合はカードごとに設定が必要となる

JCBザ・クラスを解約するには?

解約

 

JCBザ・クラスや家族カードを退会したい場合は、カード裏面記載の発行会社まで問い合わせてほしい。

本会員を退会するとそれに付随するETCカード・家族カード・QUICPayも同時に解約となり、これまでに貯めたポイントも無効となるので注意してほしい。

ETCカードやQUICPayのみ退会したい場合は「MyJCB」より手続き可能だ。

ETCカード・QUICPay退会手順

「MyJCB」にログイン→トップ画面上部のメニューの「お客様情報の照会・変更」→「お客様情報の照会・変更」内の「一覧」を選択→ページ最下部の「JCBカードの退会に関するご案内」より退会可能

あとがき

いかがだっただろうか?

 

JCBザ・クラスについてまとめると・・・

 

JCBザ・クラス
券面デザイン JCBザ・クラス
申込み条件 非公開(原則、インビテーションのみ)
入会金 無料
年会費 55000円(税込)
国際ブランド JCB
ポイント還元率 okidokiポイント 0.3%~0.5%
※1000円(税込)の利用につき1ポイント還元
※1ポイントの価値は3円~5円あたり
※ポイント有効期限は獲得月から5年間
家族カード 発行手数料:無料
年会費:無料
※8枚まで発行可能
ETCカード 発行手数料:無料
年会費:無料
海外旅行保険 最高1億円(内、5000万円が自動付帯)
国内旅行保険 最高1億円(自動付帯)
ショッピング保険 年間500万円まで補償(購入日から90日間)
※自己負担額3000円
※海外利用・国内利用は問わない
Apple Pay 登録可(電子マネーQUICPay)
Google Pay 登録可(電子マネーQUICPay)
限度額(総利用枠) 非公開
支払い方法
1回払い、2回払い、ボーナス1回払い、リボ払い、分割払い、スキップ払い
備考 ・電子マネーQUICPay付帯可(一体型、専用カード、おサイフケータイから選択可)
・年1回、2~3万円程度のプレゼントが貰える「メンバーズセレクション」が付帯
・365日24時間体制のコンシェルジュデスク利用可
・国内主要空港ラウンジ利用可(同伴者1名無料)
・プライオリティパスのプレステージ会員に無料で申込み可(同伴者1名無料)
・国内海外航空機遅延保険付帯
・最高1億円補償のゴルファー保険付帯
・USJのJCB LOUNGE利用可
・東京ディズニーランドのJCB LOUNGE利用可
・「JCB Lounge 京都」利用可
・JCBゴールドやJCBプラチナで年200万以上の決済を続けると招待が届く可能性がある

 

といった感じだ。

 

JCBザ・クラス、興味のある方は入会に挑戦してみてはいかがだろうか?

 

↓JCBプラチナの詳細はこちらから!!
JCBオリジナルシリーズ

 

↓こちらの記事もおすすめ!!
・アメックスセンチュリオンは世界最強のカード!入会金がヤバすぎ・・・

・アメックスプラチナはすごい?審査難易度は?驚愕の年会費・・・!
・アメックスゴールドはモテる最強カード!?審査は厳しいの?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク