プロパーカード

 

皆さん、クレジットカードをお持ちだろうか?

クレジットカードについて調べていると、プロパーカードという言葉をちらほら目にする。
この「プロパーカード」とはどのようなものなのか。

というわけで、プロパーカードについてちょっと調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。


スポンサードリンク

プロパーカードとは?

プロパーカードとは、国際ブランドが独自に発行しているクレジットカードになる。

プロパーカードを発行している国際ブランドは、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブのみになる。

近年では、セゾンやセディナなどのカード会社が直接発行するものも含めてプロパーカードと呼ぶようだ。

プロパー(proper)とは、「固有の」「特有の」の意。

プロパーカードと提携カードの違いは?

プロパーカードとよく比較されるのが「提携カード」だ。

先述したように、プロパーカードは国際ブランドやカード会社が直接発行するカードだ。
それに対し提携カードとは、クレジットカード会社が企業等と提携して発行するカードになる。

プロパーカードは、ゴールド、プラチナ、ブラックといったようにランク分けされたものが多く、カードフェイスは提携カードよりシンプルなデザインになっている。

利用限度額は提携カードよりも高い傾向にあるようだ。


スポンサードリンク

プロパーカードのメリット・デメリットは?

期待

 

プロパーカードのメリットやデメリットをいくつか挙げてみましたので、参考までにご覧頂きたい。

ステータス性が高い

プロパーカードは提携カードと比べ、審査に通りにくい傾向がある。
それ故に、プロパーカードのゴールドカードやプラチナカードはなかなかのステータス性があるといっても良いだろう。

年会費がかかる

提携カードは年会費無料のものが多数あるが、プロパーカードは年会費がかかるものがほとんどだ。
最上級クラスになると、年会費10万を超えるものもある。

ちなみに、幻のカードと言われているアメックスセンチュリオンの年会費は37万円だ。

↓アメックスセンチュリオン
アメックス・センチュリオン

利用停止のリスクが低い

楽天カードやyahooカードを使っている人のレビューに「急に使えなくなった」といったものをよく目にする。
これらの提携カードは、容易に発行できるのだが、それ故に途上与信で利用停止になる事も多いようだ。
※途上与信とは申し込み者に返済能力があるかを確認する事

また、提携会社の都合により使えなくなる恐れもある。

プロパーカードはカード会社が直接発行しているので、カード会社が倒産でもしない限り、使い続ける事が可能だ。

ポイント還元率が低め

提携カードはポイント還元率1%のものが数多くあるのだが、プロパーカードは0.5%以下のものが大半だ。

保険が充実

プロパーカードは旅行保険が充実していて、補償額も大きい傾向にある。
海外ではクレジットカードは身分証代わりにもなる。
また、プロパーカードは提携カードよりもセキュリティが高いと言われている。

旅行に行く際は、身分証、兼、お守りとしてプロパーカードを持っていく事をおすすめする。

あとがき

いかがだっただろうか?

 

プロパーカードについてまとめると・・・

 

・プロパーカードとは国際ブランドやカード会社が直接発行するカードの事
・年会費がかかるものが大半
・ポイント還元率は提携カードよりも低め
・利用限度額は提携カードより高い傾向にある
・海外で使うのなら安全性の高いプロパーカードがおすすめ

 

といった感じだ。

 

プロパーカード、これを機に1枚作ってみてはいかがだろうか?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク