anavisa一般カード

 

皆さん、ANAVISA一般カードはご存知だろうか?

こちらのクレジットカード、旅行好きな方からはなかなか人気のようだ。

というわけで、今回はANAVISA一般カードについて調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。


スポンサードリンク

ANAVISA一般カードとは?発行会社は?

ANAJCB一般カードとは、VISAと航空会社ANAと提携し、発行するクレジットカードになる。

ANAVISA一般カードの入会費や年会費は?

ANAJCB一般カードの入会費や年会費は、以下のようになる。

入会費

無料

年会費

2000円(税抜)
※初年度年会費無料

ANAVISA一般カードの締め日や引き落とし日は?

ANAJCB一般カードの締め日や引き落とし日は、以下のようになる。

締め日

毎月15日

引き落とし日

翌月10日

ANAVISA一般カードの国際ブランドは?

ANAJCB一般カードの国際ブランドだが、MasterCard・VISA になる。
mastercard visa

ANAVISA一般カードの券面デザインは?

ANAVISA一般カードの券面デザインは、下記をご覧いただきたい。
anavisa一般カード

ANAVISA一般カードの審査は甘い?

ANAVISA一般カードの申込資格は、「満18歳以上の方(高校生・大学生を除く)」となっている。
また、未成年の入会には親権者の同意が必要となる。

 

ANAJCB一般カードの審査だが、そこまで厳しくはないようだ。

派遣社員、自営業、パート、アルバイト、専業主婦でも審査に通る確率はある。
入会条件では学生には発行されないと記載されているが、学生でも通った実績がある。

専業主婦で申し込む際は、収入覧に世帯年収を記入しよう。

審査期間は?どのくらいで届くの?

ANAVISA一般カードの審査期間だが、早くて即日、長引くと2週間近くかかるようだ。

審査通過後は、1週間あたりでカードが手元に届くとの事。

ANAVISA一般カードのポイント還元率は?

ANAVISA一般カードでショッピングをすると、税込1000円の利用につき1ポイント貯まる。

貯まったワールドプレゼントポイントは、楽天スーパーポイントやTポイント、nanacoポイントといった様々なポイントに交換可能だ。

移行先のポイントによりレートは変わるが、還元率は0.4%~0.5%といったところか。

ポイント有効期限は獲得月から2年になる。

 

↓ワールドプレゼントポイント交換レート

1ポイント au WALLETポイント 5pt
1ポイント ヨドバシカメラゴールドポイント 5pt
1ポイント dポイント 5pt
1ポイント ベルメゾン・ポイント 5pt
1ポイント スターバックス カード 4円分
1ポイント 楽天スーパーポイント 5pt
1ポイント WAONポイント 4~5円分
1ポイント Tポイント 4pt
1ポイント Gポイント 5pt
1ポイント nanacoポイント 4pt
1ポイント Pexポイント 50pt
1ポイント 楽天Edy 4円
1ポイント Pontaポイント 4pt
1ポイント ジョーシンポイント 5pt
1ポイント ショップdeポイント 50pt
1ポイント タリーズカード 4円分
1ポイント カテエネポイント 5pt
1ポイント プレミアムポイント 4pt
1ポイント 自治体ポイント 5pt
1ポイント カエトクカード 4円分
1ポイント RealPay 50リアル

ワールドプレゼントはマイルにも交換可能!

ANAVISA一般カードで貯まったワールドプレゼントはANAマイルにも移行できる。

1ポイントにつき5マイルと交換可能だ。

1ポイント=10マイルとしても交換できるが、移行手数料として年間6000円(税別)を払う必要がある。
ちなみに、ANAJCBカードの移行手数料は5000円なので1000円割高だ。

1マイルの価値を約2円とすると、ANAVISA一般カードのマイル還元率は1%~2%といったところか(マイルの価値は時期や使い方により変動する)

他社提携ポイントへ移行した際の還元率は0.5%以下なので、マイルに交換するのが一番お得なのかもしれない。

マイルの有効期限は獲得月から36ヶ月後の月末までになる。


スポンサードリンク

ANAVISA一般カードにはiDも!

ANAVISA一般カードには、電子マネーiDが搭載されている。

iDがあれば、端末にカードをかざすだけで支払いが完了する。
店員にクレジットカードを渡して読み取ってもらう手間が省けるので、決済の時間短縮にもなりそうだ。

【よくわかる「iD」:コンビニ篇】三井住友カードiD【三井住友カード公式】

ANAJCB一般カードに家族カードはある?

家族カード
ANAJCB一般カードは、年会費1100円(税込)で家族カードを付帯できる。

家族会員は、本カード会員とほぼ同等のサービスを受ける事ができる。

本会員と同時入会した場合、年会費は初年度無料になる。

ANAVISA一般カードにはETCカードも!

etcカード

 

ANAVISA一般カードには、ETCカードも付帯させる事ができる。

発行手数料無料、年会費は初年度無料だ。
そして、前年度に一度でもETCカードの利用があれば、翌年度からの年会費500円(税抜)が無料になる。

ETCカードは会員1名につき1枚までしか発行できない(家族会員も発行可能)

ANAVISA一般カードのメリットは?

ANAVISA一般カードのメリットをいくつかまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

ANAグループでの利用で割引

ANAVISA一般カード会員は、ANA機内販売やギフトショップ「ANA FESTA」においてカードで支払うと10%割引される。

また、空港免税店やA-styleでは5%割引価格でショッピングが可能だ。

マイルが貯まりやすい

ANAVISA一般カード会員は、多くのシーンでマイルを貯める事が可能だ。
詳細は下記をご覧いただきたい。

・入会時に1000マイル付与
・毎年のカード継続時に1000マイル付与
・ANAグループ便を搭乗すると、運賃の10%のマイルが付与
・ANAカードマイルプラス加盟店での利用で、最大で利用額の1%のマイルが付与

銀聯カードを発行できる

ANAVISA一般カード会員は、ANA銀聯カードを無料で発行できる。

銀聯カードは、中国へ行くのならマストとも言えるカードだ。

中国は偽札が多く出回っているため、キャッシュレス化が進んでいる。
その中でもよく使われているのが銀聯カードだ。

銀聯カードは中国国内のほとんどの決済シーンで使える(中国国内では世界シェアトップのVISAでも使えない事がある)

↓ANA銀聯カード
ANA銀聯カード

あとがき

いかがだっただろうか?

 

ANAVISA一般カードについてまとめると・・・

 

ANAJCB一般カード
券面デザイン ANAJCB一般カード
申込み条件 満18歳以上の方(高校生・大学生を除く)
入会金 無料
年会費 2000円(税抜)
※初年度年会費無料
国際ブランド VISA・MasterCard
ポイント還元率 0.4%
家族カード 年会費1100円(税込)
※本会員と同時入会した場合、初年度は年会費無料
ETCカード 年会費初年度無料
※年に一度でもETCカードの利用があれば、翌年度からの年会費500円(税抜)も無料
海外旅行保険 最高1000万円(自動付帯)
国内旅行保険 なし

 

といった感じだ。

 

ANAJCBやANAアメックスでは銀聯カードは発行していないので、これはANAVISAカードだけが持つ強みと言えるだろう。

 

ANAVISA一般カード、興味のある方は利用してみてはいかがだろうか?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク