マイナポイント

 

皆さん、マイナポイントをご存知だろうか?

こちらのポイント、今、話題になっているようだ。

というわけで、マイナポイントについて少し調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。


スポンサードリンク

マイナポイントとは?

マイナポイントとは、総務省がマイナンバーカード取得者に対して付与するポイントの事を指す。
国民にマイナンバーカード取得を促すために打ち出した打開策とも言えようか。

マイナポイント事業「マイナンバーカードでマイナポイント」

マイナポイントはいくら貰えるの?期間はいつまで?

クエッション

 

マイナポイントは2020年9月から2021年3月の期間内に、キャッシュレスで2万円のチャージ、あるいは、買い物をする事により還元される(付与率25%・上限5000円分)

対象となるキャッシュレス決済は、電子マネー・QRコード・クレジットカード などがあり、好きなものを選択できる。

マイナポイントを貰うための手順は?

マイナポイントをもらうための手順を下記に表記したので、参考までにご覧頂きたい。

1.マイナンバーカードを発行

マイナポイントを貰う第一段階として、マイナンバーカードを発行する必要がある。
郵送された通知カードの下についている個人番号カード交付申請書を用意し、スマートフォン・パソコン・郵便などからマイナンバーカードを申請してほしい。

交付申請書を持っていない場合は、お住まいの市町村窓口で申請書を発行して頂きたい。

↓交付申請書(赤枠で囲った箇所)
交付申請書

2.マイキーIDを発行

マイナンバーカードが用意できたら、マイキーIDを発行しよう。

マイキーIDを発行するには、「マイナンバーカード」「受取り時に設定した4桁の暗証番号」が必要となる。
スマートフォン・パソコン・市町村窓口から発行可能だ。

詳細は下記をご覧あれ。

マイキーID設定の方法について

スマートフォンから発行する場合

Androidの場合は「マイナポイント」アプリ「JPKI利用者ソフト」、iPhoneの場合は「マイナポイント」アプリからマイキーIDを発行してほしい。

NFC(近距離無線通信)対応のスマホが必要となる。

→マイナンバーカード対応のスマートフォン

パソコンから発行する場合

パソコンの場合、「マイキーID作成・登録準備ソフト」からマイキーIDを発行できる。
ただし、専用のICカードリーダーが必要となるので注意して頂きたい。

推奨ブラウザは、Internet Explorer 11との事で、Windows以外には対応していないようだ。

→マイナンバーカード対応のICカードリーダライタ

市町村窓口から発行する場合

マイナポイントは、全国各地に設置されている支援端末から予約可能だ。
詳細は、下記リンクをご覧頂きたい。

→マイナポイントを予約できるスポット検索

3.申し込む

マイキーIDが用意できれば、マイナポイントをもらうための手順は完了だ。
申込みは2020年7月から開始され、利用は9月からになる。

申込みについての詳細は、また後日お伝えしたいと思う。

マイナポイント付与対象のキャッシュレス決済は?

スマホ決済

 

マイナポイント付与対象のキャッシュレス決済の一部を下記に表記した。

決済サービス 付与されるポイント
FamiPay FamiPay
メルペイ ポイント
ICOCA ICOCAポイント
オリコカード オリコポイント
エポスカード エポスポイント
Suica JRE POINT
au PAY au PAY 残高
d払い dポイント
dカード
majica(マジカ) majicaポイント
PayPay PayPayボーナス
nanaco nanacoポイント
LINE Pay LINEポイント
WAON WAON
楽天ペイ(アプリ決済) 楽天ポイント
au PAYカード au PAY 残高
楽天カード 楽天ポイント
楽天Edy Edy
SUGOCA JR九州キューポ
イオンカード WAON
kyash kyashポイント
三井住友カード
Vポイント
Kitaca Kitacaチャージ

参照:マイナポイント付与対象キャッシュレスサービス


スポンサードリンク

ICカードリーダーは、Amazonや楽天でも販売!!

マイナンバーカード対応のICカードリーダーは、Amazon楽天でも販売しているので参考までにリンクを貼っておく(画像クリックで価格が見れる)

 

AmazonでICカードリーダーを買う!

ソニー 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380

 

楽天でICカードリーダーを買う!

 

筆者もマイナポイント予約してきた!!

というわけで、筆者もマイナポイントを予約するため、地元の浜松市役所まで足を運んだ。

 

手続きは、「区民生活課」という部署で行った
マイナポイント 市役所

 

平日だったので、そこまで混んでなく手続き自体は10分程度で完了した
マイナポイント 市役所

 

「マイキーIDの発行」=「マイナポイントの予約」と認識してOKだ
マイナポイント 市役所

 

冒頭でも話したが、マイキーIDを発行するには、「顔写真入りのマイナンバーカード」「マイナンバーカード受取り時に設定した4桁の暗証番号」が必要となる。

暗証番号は、マイナンバーカード発行時に控えを貰っているはずだ。

暗証番号を忘れてしまった場合は、市役所などで再度発行するしかない。
再発行するには免許証などの身分証明証が必要になるとの事だ。

マイキーIDが発行できたら、あとは7月の申込みまで待つのみだ。

あとがき

いかがだっただろうか?

 

マイナポイントについてまとめると・・・

 

・マイナポイントとは、総務省がマイナンバーカード保有者に還元するポイントの事
・指定したキャッシュレス決済のチャージ額あるいは利用額の25%が還元される(上限5000円分)
・クレジットカード・電子マネー・QRコードなどのキャッシュレス決済から選択可能
・還元の対象がチャージ額か利用額かは、利用する決済サービスによる
・マイナポイントをもらうには、マイナンバーカードとマイキーIDが必要
・マイナンバーカードを発行するには1ヶ月近くかかる
・マイキーIDは、スマートフォン・パソコン・市町村窓口から発行できる
・パソコンでマイキーIDで発行するにはカードリーダーが必要
・スマホでマイキーIDを発行する場合、NFCに対応したものが必要(iPhone7以降)
・マイナポイントの申込みは、2020年7月から開始
・マイナポイントは、2020年9月から2021年3月の期間内に付与される
・予算の上限に達した場合は、マイナポイントの予約を打ち切る可能性もある(先着4000万人)
・「マイキーIDの発行」=「マイナポイントの予約」と認識して良い
・マイナンバーカードがあれば子供も付与の対象となる(紐付けるのは交通系カードが良い?)

 

といった感じだ。

 

マイナポイントは先着順のため、還元を受けたいのなら、早めにマイナンバーカードとマイキーIDの準備をした方が良いだろう。

定額給付金の手続きで窓口が混み合っている事が懸念されるため、なおさらだ。

 

こちらの記事は随時更新していく予定なので、刮目して頂きたい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク