三井住友VISAクラシックカード

 

皆さん、三井住友VISAクラシックカードはご存知だろうか?

こちらのクレジットカード、かなり人気のようだ。
「三井住友VISAカード♪」のCMは記憶に残っている方が多いのではないだろうか。

というわけで、三井住友VISAクラシックカードについてちょっと調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。


スポンサードリンク

三井住友VISAクラシックカードとは?発行会社は?

三井住友VISAクラシックカードとは、三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードになる。

三井住友VISAクラシックカードの入会費や年会費は?

三井住友VISAクラシックカードの入会費や年会費は、以下のようになる。

入会費

無料

年会費

税込1350円(インターネットからの申込みで初年度無料)

三井住友VISAクラシックカードの締め日や引き落とし日は?

三井住友VISAクラシックカードの締め日や引き落とし日は、以下のようになる。

締め日

15日締め・月末締め どちらか選択

引き落とし日

・翌月10日払い(15日締めの場合)
・翌月26日払い(月末締めの場合)

三井住友VISAクラシックカードの国際ブランドは?

三井住友VISAクラシックカードの国際ブランドは、Mastercard・Visaになる。
mastercard visa

三井住友VISAクラシックカードの券面デザインは?

三井住友VISAクラシックカードの券面デザインは、以下のようになる。

↓三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカードの申込み基準は?

三井住友VISAクラシックカードの申込資格は、「高校生を除いた満18歳以上の方」となっている(未成年は親権者の同意が必要)

また、勤めている会社への在籍確認が行われる事もあるようだ。

審査期間は?どのくらいで届くの?

三井住友VISAクラシックカードの審査期間ですが、早ければ1時間、長引くと2週間近くかかるようだ。
審査通過後は、4日~7日ほどでカードが手元に届くとの事。


スポンサードリンク

三井住友VISAクラシックカードは電子マネーiDも!

三井住友VISAクラシックカードを持っていると、電子マネーiDを付帯させる事ができる。

端末にカードやスマホをかざすだけで支払いが完了し、クレジットカードのポイントも貯まる。

【よくわかる「iD」:コンビニ篇】三井住友カードiD【三井住友カード公式】

三井住友VISAクラシックカードのポイント還元率は?

三井住友VISAクラシックカードを利用すると、ワールドプレゼントポイントが貯まる。

ポイント還元率は通常0.1%(1000円につき1ポイント)になる。

ワールドプレゼントポイントは、マイルや他社のポイントに交換可能だ。
移行先のポイントにより交換レートは異なるのだが、おおよそ1ポイントあたり4円換算といったところだろうか。

となると、実質のポイント還元率は0.4%近辺だろうね。

ワールドプレゼントポイントが交換できるポイントは?

ワールドプレゼントポイントは、マイルや楽天ポイント、nanacoポイントなどに交換できる。
交換できるポイント一覧は、下記をご覧あれ。
ワールドプレゼントポイント
ワールドプレゼントポイント
ワールドプレゼントポイント

あとがき

いかがだっただろうか?

 

三井住友VISAクラシックカードについてまとめると・・・

 

三井住友VISAクラシックカード
券面デザイン 三井住友VISAクラシックカード
申込み条件 高校生を除いた満18歳以上の方
入会金 無料
年会費 税込1350円(インターネットからの申込みで初年度無料)
国際ブランド Visa・Mastercard
ポイント還元率 0.4%
家族カード 税込440円
※1人目は初年度年会費無料
ETCカード 税込550円(初年度無料)
※前年度に1度でもETC利用があれば、翌年度年会費無料
海外旅行保険 最高2000万円
国内旅行保険 なし

 

といった感じだ。

 

三井住友VISAクラシックカード、興味のある方は利用してみてはいかがだろうか?

 

↓こちらの記事もおすすめです!!
・三井住友VISAゴールドカードのメリットは?審査は厳しいの?

・三井住友VISAデビュープラスカードのメリットは?高還元率が魅力!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク