UCSドラゴンズカード

 

皆さん、UCSドラゴンズカードはご存知だろうか?

こちらのクレジットカード、野球ファンからはなかなか人気のようだ。

というわけで、今回はUCSドラゴンズカードについて調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。


スポンサードリンク

UCSドラゴンズカードとは?発行会社は?

UCSドラゴンズカードとは、株式会社UCSと中日ドラゴンズが提携発行するクレジットカードになる。

アピタやピアゴでのショッピングがお得になり、ドラゴンズファンにとっても嬉しい特典が付帯するカードだ。

UCSドラゴンズカードの入会費や年会費は?

UCSドラゴンズカードの入会費や年会費は、以下のようになる。

入会費

無料

年会費

300円(税込)

UCSドラゴンズカードの締め日や引き落とし日は?

UCSドラゴンズカードの締め日や引き落とし日は、以下のようになる。

締め日

毎月10日

引き落とし日

翌月15日

UCSドラゴンズカードの国際ブランドは?

UCSドラゴンズカードの国際ブランドは、JCBのみになる。
jcb

UCSドラゴンズカードの券面デザインは?

UCSドラゴンズカードの券面デザインは、下記をご覧いただきたい。

UCSドラゴンズカード(ブルー)
UCSドラゴンズカード

UCSドラゴンズカード(ピンク)
UCSドラゴンズカード

UCSドラゴンズカードの審査は甘い?

UCSドラゴンズカードの申込資格だが、「満18歳以上の安定した収入のある、電話連絡可能な方」となっている。
高校生は申し込めないので、注意して頂きたい。

また、20歳未満の場合、親権者の同意が必要となる。

UCSドラゴンズカードの審査だが、UCSカードと同等の難易度でそこまで厳しくはないかと思われる。

パート、アルバイト、自営業、派遣社員、専業主婦、年金受給者でも審査に通った実績がある。
収入がない無職でも通る確率はゼロではないだろう。

ただ、楽天カードやyahooカードほど甘くもない。

会社員でも審査落ちしている人は多数いる。

審査期間は?どのくらいで届くの?

UCSドラゴンズカードの審査期間だが、早くて3日、長引くと1ヶ月近くかかるようだ。
審査通過後は、4日ほどでカードが手元に届くとの事。


スポンサードリンク

UCSドラゴンズカードのポイント還元率は?

ボーナスポイント

 

UCSドラゴンズカードを利用すると、Uポイントが貯まる。

税込200円の利用につき1ポイント付与されるので、還元率は0.5%だ。

ポイントの有効期間は、最長2年になる。

Uポイントの使い道は?

Uポイントの使い道については、下記を参照してほしい。

ドラゴンズオリジナルグッズと交換

Uポイントは、ロングスリーブTシャツやブランケット、ドアラタオル、保冷バッグ、バスタオル、ハンドタオルなどのドラゴンズオリジナルグッズと交換できる。

ナゴヤドームのチケットと交換

ナゴヤドーム

 

Uポイントは、ナゴヤドームのチケットとも交換可能だ。
交換できるチケットは、アリーナビューレストランカウンターシート、エメラルドシート1塁側、パノラマAシート(ドアラとの撮影会つき)などがある。

商品券やマイルと交換

Uポイントは、ユニーファミリーマートグループ商品券、図書カード、三井住友ギフトカード、JMBマイルとも交換可能だ。

基本的に1ポイント1円分として交換できるが、JMBマイルに移行する場合は1ポイント0.5マイル換算になる。

UCSドラゴンズカードにはクイックペイも!

UCSドラゴンズカード会員は、電子マネーQUICPayを利用できる。

QUICPayがあれば、端末にカードやスマホをかざすだけで支払いが完了する。
サイン不要なので、よりスピーディーな決済が期待できそうだ。。

QUICPay TVCM「そろそろ、クイック?」篇(15秒)

UCSドラゴンズカードに家族カードはある?

家族カード
UCSドラゴンズカードは、年会費300円(税込)で家族カードを付帯できる。

家族会員は、本カード会員とほぼ同等のサービスを受ける事ができる。

UCSドラゴンズカードにはETCカードも!

etcカード

 

UCSドラゴンズカードには、ETCカードも付帯させる事ができる。

発行手数料無料、年会費も無料だ。

ETCカードは会員1名につき1枚までしか発行できない。

UCSドラゴンズカードのメリットは?

UCSドラゴンズカードのメリットをいくつかまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

ドラゴンズが勝つとポイント付与

UCSドラゴンズカード会員は、公式戦でのドラゴンズの勝利数×4ポイントが付与される。
75試合勝てば年会費の300円をペイできる事になる。

公式戦チケットが4枚貰える

年会費3300円(税込)をオプション料金として払う事で、年間4枚のナゴヤドーム公式戦チケットが貰える。
チケットの座席はパノラマAになる。
ナゴヤドーム

※平日日程がメインで、試合日や座席指定はできない。

ボーナスポイントが貰える

UCSドラゴンズカードは、入会するだけでもポイントが貰える。
そして、条件を満たせばボーナスポイントが付与される。

詳細は下記をご覧あれ。

・ネットから新規入会で500ポイント
・docomo・softbank・au・Y!mobileの携帯料金支払いで500ポイント
・電気料金支払いで500ポイント(中部電力・北陸電力・北海道電力・東北電力・東京電力エナジーパートナーに限る)
・カード到着後にUCSネットサーブのメルマガ登録で500ポイント

アピタやピアゴでの買い物が割引

ショッピング

 

UCSドラゴンズカード会員は、アピタでの買い物がお得になる。
毎月9日、19日、29日は衣料品・食料品・暮らしの品が5%割引される。

また、ピアゴでも毎週金曜日に衣料品・食料品・暮らしの品が5%OFFになる。

宇佐美ガソリンスタンドで割引

全国500店舗以上ある宇佐美直営ガソリンスタンドでの給油がお得になる。

UCSドラゴンズカードで支払えば、ガソリン、軽油、灯油がリッター2円引きで給油できる。

また、タイヤ、オイル、バッテリー、ワイパーなどの自動車関係の商品が5%OFFで購入可能だ。

ショッピング安心保険

UCSドラゴンズカードには、ショッピング安心保険が付帯している。

カードで購入した商品が90日以内に、破損・盗難などの損害が生じた場合、国内外問わず1事故100万円まで補償してくれる。

ただし、自己負担額として3000円を支払う必要がある。

あとがき

いかがだっただろうか?

 

UCSドラゴンズカードについてまとめると・・・

 

UCSドラゴンズカード
券面デザイン UCSドラゴンズカード
申込み条件 満18歳以上の安定した収入のある電話連絡可能な方
※高校生は不可
入会金 無料
年会費 300円(税込)
国際ブランド JCB
ポイント還元率 0.5%
家族カード 年会費300円(税込)
ETCカード 発行手数料・年会費無料
海外旅行保険 なし
国内旅行保険 なし

 

といった感じだ。

 

近年Bクラスに低迷しているドラゴンズだが、今年はかなり期待しても良いだろう。
元ロッテの里崎智也氏も「中日は戦力が余っている」と賞賛している。

そして、期待のルーキー根尾昂選手の一軍での活躍も待ち遠しいものである。

【選手の起用法 セ・リーグ編】今年は中日が強い!?中日の強さ、贅沢な悩みを分かりやすく解説!他にも巨人若林・ヤクルト嶋など、キャンプでの見所も語る。

 

UCSドラゴンズカード、興味のある方は利用してみてはいかがだろうか?

 

↓今すぐUCSドラゴンズカードについて調べてみる!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク