JCBタイガースカード

 

皆さん、JCBタイガースカードはご存知だろうか?

こちらのクレジットカード、野球ファンの間からなかなか人気のようだ。

というわけで、今回はJCBタイガースカードについて調べてみた。

 

興味のある方は、ご覧頂きたい。


スポンサードリンク

JCBタイガースカードとは?発行会社は?

JCBタイガースカードとは、JCBと阪神タイガースが提携発行するクレジットカードになる。

JCBセントラルリーグオフィシャルカードのひとつだ。

↓JCBセントラルリーグオフィシャルカード
JCBセントラルリーグオフィシャルカード

JCBタイガースカードの入会費や年会費は?

JCBタイガースカードの入会費や年会費は、以下のようになる。

入会費

無料

年会費

2200円(税込)

※2020年10月1日~2021年3月31日の期間での新規入会で初年度年会費無料

JCBタイガースカードの締め日や引き落とし日は?

JCBタイガースカードの締め日や引き落とし日は、以下のようになる。

締め日

毎月15日

引き落とし日

翌月10日(土・日・祝日の場合は翌営業日)

JCBタイガースカードの国際ブランドは?

JCBタイガースカードの国際ブランドは、JCBのみになる。
jcb

JCBタイガースカードの券面デザインは?

JCBタイガースカードの券面デザインは、下記をご覧いただきたい。

↓JCBタイガースカード
JCBタイガースカード

JCBタイガースカードの申込み基準は?

審査

 

JCBタイガースカードの申込資格は、「18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方」または「高校生を除く18歳以上で学生の方」となっている。

※一部申し込めない学校もあり

審査期間は?どのくらいで届くの?

JCBタイガースカードの審査期間だが、早ければ申込み日の翌日、長引くと2週間近くかかるようだ。
審査通過後は、3日から7日あたりでカードが手元に届くとの事。

JCBタイガースカードのポイント還元率は?

ポイント

 

JCBタイガースカードでショッピングをすると、税込1000円の利用につき1ポイント貯まる。

貯まったokidokiポイントは、楽天ポイントやTポイント・nanacoポイントといった様々なポイントに交換可能だ。

移行先のポイントによりレートは変わるが、還元率は0.3%~0.5%といったところか。

ポイント有効期限は獲得月から2年になる。

↓okidokiポイント交換レート

okidokiポイント 交換できるポイント
1ポイント キャッシュバック 3円分
1ポイント Amazonポイント 3.5円分
1ポイント スターバックス カード 4円分
1ポイント 楽天ポイント 4円分
1ポイント WAONポイント 4円分
1ポイント Tポイント 4~5円分
1ポイント JCBプレモカード 5円分
250ポイント nanacoポイント 1000円分
500ポイント iTunes Card 1500円分
1050ポイント JCBギフトカード 5000円分
250ポイント Pontaポイント 1000円分
105ポイント サーティワンレギュラーシングル 1個分
250ポイント GooglePlayギフトコード 1000円分
250ポイント 自治体ポイント 1000円分
120ポイント バリュースターモールクーポン 2000円分

JCBタイガースカードにはクイックペイも!

JCBタイガースカード会員は、電子マネーのQUICPay(クイックペイ)を利用できる。

QUICPayがあれば、端末にカードやスマホをかざすだけで支払いが完了する。
サイン不要なので、よりスピーディーな決済が期待できそうだ。

JCBタイガースカードに家族カードはある?

家族カード
JCBタイガースカードは、年会費440円(税込)で家族カードを付帯できる。
生計を共にする配偶者・親・高校生を除く18歳以上の子が家族カード申込みの対象となる。

家族会員は、本カード会員とほぼ同等のサービスを受ける事ができる。

※本会員が学生の場合は申込み不可
※オンライン申し込みは家族カードの同時申し込みは2名まで

JCBタイガースカードにはETCカードも!

etcカード

 

JCBタイガースカードには、ETCカードも付帯させる事ができる。

発行手数料無料、年会費も無料だ。


スポンサードリンク

JCBタイガースカードのメリットは?

甲子園球場

 

JCBタイガースカードのメリットをいくつかまとめたので、参考までにご覧頂きたい。

チケット先行販売

JCBタイガースカード会員は、先行販売でチケットを購入する事ができる。

ただし、東京ドーム戦は取り扱っていないので注意して欲しい。

詳しくは、毎年2月中旬に送付される「チケット先行販売のご案内」を参照して頂きたい。

観戦チケットプレゼント

JCBタイガースカード会員は、公式戦またはJCB協賛試合のチケットが抽選でプレゼントされる。

毎年5月16日から翌年5月15日までのカード利用額が12万円を超えた方限定だ。

12万円を超えていれば、抽選に自動で応募される。

※ゴールド会員は当選確率2倍

直筆サインをプレゼント

毎年5月16日から翌年5月15日までのカード利用額が12万円を超えた場合、抽選で選手直筆のサイン色紙が各球団ごと100名にプレゼントされる。

イベントに招待

JCBタイガースカード会員は、タイガースが主催するイベント(ファン感謝デー、JCBセリーグカードファンフェスタ)などに抽選で招待される。

こちらは年間利用額などの条件はないので、カードを所持しているだけで招待が届く可能性がある。

ショッピング保険

ガッツポーズ

 

JCBタイガースカードには、ショッピングガード保険が付帯している。

カードで購入した商品が90日以内に破損・盗難などの損害が生じた場合、年間100万円まで補償される(海外利用分のみ)

※免責金額1万円を自己負担する必要がある

タイガース一般カードとゴールドカードの違いは?

一般のタイガースカードとゴールドカードとの違いを下記にまとめたので、参考までにご覧いただきたい(下記に記した項目以外は同等と捉えても良いだろう)

一般カード ゴールドカード
カードフェイス JCBタイガースカード JCBタイガースゴールドカード
本会員年会費 2200円(税込) 11825円(税込)
家族カード年会費 440円(税込) 1名無料、2枚目以降1100円(税込)
申し込み条件 18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方。もしくは、高校生を除く18歳以上で学生の方。 20歳以上で本人に安定継続収入のある方。(学生は不可)
国内旅行保険 なし 最高5000万円
海外旅行保険 なし 最高1億円
国内・海外
航空機遅延保険
なし ・乗継遅延費用保険金
・出航遅延費用等保険金
・寄託手荷物遅延費用保険金
それぞれ2万円限度
・寄託手荷物紛失費用保険金
4万円限度
ショッピングガード保険 国内:なし
海外:最高100万円
国内:最高500万円
海外:最高500万円
公式戦チケット・直筆サイン 当選確率 非公開 一般カードの2倍

あとがき

いかがだっただろうか?

 

JCBタイガースカードについてまとめると・・・

 

JCBタイガースカード
券面デザイン JCBタイガースカード
申込み条件 18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方。もしくは、高校生を除く18歳以上で学生の方。
入会金 無料
年会費 2200円(税込)
※2020年10月1日~2021年3月31日の期間での新規入会で初年度年会費無料
国際ブランド JCB
ポイント還元率 0.3%~0.5%
家族カード 発行手数料:無料
年会費:440円(税込)
ETCカード 発行手数料:無料
年会費:無料
海外旅行保険 なし
国内旅行保険 なし
ショッピング保険 年間100万円まで補償(購入日から90日間・海外利用分のみ)
備考 ・先行販売でチケット購入可
・抽選で公式戦チケット、選手直筆サインプレゼント(年間12万円以上の利用が条件)
・抽選でファン感謝祭に招待
・電子マネークイックペイ付帯可
・ApplePay、GooglePay登録可

 

といった感じだ。

 

JCBタイガースカード、興味のある方は利用してみてはいかがだろうか?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク