デビットカード クレジットカード

 

皆さん、デビットカードってご存知ですか?

クレジットカードとデビットカードの違いって気になりませんか?

というわけで、デビットカードについてちょっと調べてみました。

 

興味のある方は、ご覧ください!


スポンサードリンク

デビットカードとは?仕組みは?

デビットカードとは、カードの支払いと同時に銀行口座から引き落としされる仕組みのカードになります。

デビットカードの種類は?

デビットカードには、VISA・JCBといった国際ブランド搭載のものと、非搭載のJ-Debitというものがあります。
J-Debitは使える店が少ないので、初めてつくる際は、国際ブランド搭載のデビットカードをおすすめします。

↓J-Debit
j-debit

デビットカードに審査はある?何歳から作れる?

デビットカードはクレジットカードのような審査はなく、基本的には高校生を含む15歳以上であれば発行できます(カード会社により若干異なります)

デビットカードのメリットは?

デビットカードのメリットを下記に挙げてみましたので、参考までにどうぞ。

不正利用に気づきやすい

デビットカードを利用すると、その都度、デビットカード利用の通知メールが送られてきます。
仮にカードを紛失して、自分以外の誰かが使ったとしても、すぐに気づくことができますよね。

高校生でもつくる事ができる

先程も言いましたが、デビットカードは15歳以上であれば、高校生であっても審査なしで発行する事ができます。

クレジットカードは、高校生を除く18歳以上で、ある程度の収入がないと作れないので、この点はメリットと言えるでしょう。

お金の管理がしやすい

デビットカードは、利用すると即時に銀行口座から引き落とされるため、お金の流れを把握しやすいですね。
クレジットカードは月ごとにまとめて払うので、キャッシュフローがイメージしにくいかもしれません。


スポンサードリンク

デビットカードのデメリットは?

デビットカードのデメリットを下記に挙げてみましたので、参考までにどうぞ。

クレジットカードよりも使える場面が少ない

クレジットカードで支払えても、デビットカードでは支払えない事があります。

高速道路料金やガソリンスタンド、光熱費などの公共料金の支払いには使えない事があるようです。

支払い方法は一括のみ

クレジットカードは、分割払いやリボ払いといったように複数に分けて支払う事ができますが、デビットカードは一括払いのみになります。

ポイント還元率はクレジットカードと比べ低め

デビットカードでも、ショッピングで利用すると、ポイントが還元されるものがあります。
還元率の相場は0.2%~0.5%とクレジットカードに比べ、低い傾向にあるようです。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

 

デビットカードについてまとめると・・・

 

・クレジットカードのような審査はない
・利用すると即時に銀行口座から引き落とされる
・公共料金の支払いには使えない事が多い
・J-Debitよりも国際ブランド搭載のものがおすすめ
・分割やリボ払いはできない

 

といった感じですね!

 

デビットカード、興味のある方は利用してみてはいかがでしょうか?

 

というわけで、最後までお読みいただきありがとうございました!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク