エネオスカードS

 

皆さん、ENEOSカードSってご存知ですか?

こちらのクレジットカード、なかなか人気みたいね・・・!

というわけで、ENEOSカードSについてちょっと調べてみました。

 

興味のある方は、ご覧ください!


スポンサードリンク

ENEOSカードSとは?

ENEOSカードSとは、ENEOSで給油すると値引きの特典が受けられるクレジットカードになります。

ENEOSカードSの券面デザインは?

ENEOSカードSの券面デザインは、以下のようになります。

 

↓ENEOSカードS
エネオスカードS 券面

エネオスカードSの国際ブランドは?

 

ENEOSカードSの国際ブランドは、VISAとJCBになります。
JCB VISA

 

ENEOSカードSの締め日や引き落とし日は?

ENEOSカードSの締め日や引き落とし日は、以下のようになります。

締め日

毎月5日

引き落とし日

翌月2日

ENEOSカードSの年会費や入会費は?

ENEOSカードSの入会費や年会費は、以下のようになります。

入会費

無料

年会費

税込1375円(初年度無料)
※年1回の利用で次年度の年会費も無料

ENEOSカードSの審査はゆるい?

ENEOSカードSの申込資格は、「高校生を除く満18才以上の方」となっております。

ENEOSカードの審査ですが、なかなか甘いようですね。

年金受給者、個人事業主、派遣社員、学生、アルバイトでも審査に通った実績があります。

ただ、過去に滞納・遅延などの金融事故があると厳しいらしいね・・・

ちなみに、インターネット申し込みよりも店頭で申し込んだ方が審査に通りやすいとの事。

ENEOSカードSの審査期間は?

入会申込書で申し込むと、審査に3~4週間かかります。
オンラインで申し込んだ場合は、1週間程度で終わるそうです。

審査に通ったとしても、まったく連絡なくカードが送られてくる事もあるようです。

ENEOSカードSのポイント還元率は?

ENEOSカードSのポイント還元率は、以下のようになります。

ENEOSでのガソリン・軽油・灯油以外での利用・・・2%
ENEOS以外での利用・・・ 0.6%

※ENEOSでの給油の利用は、ポイントがつきませんので、ご注意ください

貯まったポイントの使い道は?

貯まったポイントは、他のポイントに移行したり商品に交換することもできます。

移行できるポイントは、Tポイント・JALマイレージ・ANAマイルになります。

また、1000ポイント以上貯まれば1000ポイント単位でキャッシュバックも可能です。

ENEOSカードSのメリットは?

ENEOSでの給油時にENEOSカードSで支払うと、ガソリン・軽油が2円/リッター引き、灯油が1円/リッター引きになります。

ENEOSカードにはロードサービスも!

特典として、車のトラブル・故障時に駆けつけてくれるロードサービスがつきます。

ロードサービスの内容は、以下をご覧ください。

サービス内容 料金
レッカー車による移動 10kmまでは無料
キー閉じ込み開錠サービス 30分以内は無料
バッテリージャンピング 30分以内は無料
タイヤパンク時の交換作業 30分以内は無料
落輪時の引き上げ作業 30分以内は無料
ガス欠時給油作業 30分以内は無料
その他30分以内の作業 30分以内は無料

スポンサードリンク

ENEOSカードにはETCカードも!

ENEOSカードは、年会費無料で、ETCカードを付帯させる事ができます。

↓エネオスETCカード
etcカード エネオス

 

ETCカードのみの申込みはできませんので、ご注意ください。

申込みの際は、ENEOSカードをお手元に用意して、下記の電話番号までお問い合わせください。

0800-700-2700

ENEOSカードSの評判・口コミは?

価格.comENEOSカードSを使った人の感想がありましたので、載せておきますね!

バイクのガソリン給油時スピードパスに紐付けしています。
トクタス会員2円引きに、エネオスカードSでさらに2円引きのリッター4円引きになります。
年1回利用すれば年会費無料になるので給油量は少ないので年会費無料はありがたいです。

明細のウェブサイトは、セゾンやイオンと比較すると若干見づらいです。
利用回数が多いと、一か月分の明細が数ページに分かれたりします。

ENEOS給油でも会員価格で割引された上からさらに-2円引きされる店舗もあれば、他のクレジットカードと同じ価格から-2円引きされるだけの店舗もあります。
ガソリン140円からの-2円引きは1.5%割引程度。
自分の近くのENEOSでは後者のほうの店舗なので、このカードを使うより楽天カードで2.0%ポイント還元のほうが良いです。店舗ごとに使い分けています。

利用機会が限定され気味のカードです。ETCとクイックペイが一体のカードなので、私はガソリン代・高速道路代・コンビニでの支払いに限定して利用してます。
近所にENEOSがあり給油・メンテナンスを頻繁にする人には便利かもしれません。

車の移動が主なのでガソリン専用にETC&クイックペイ一体型を作りました。
エネオススタンドでは会員価格から2円引き/Lでお得だと思います。
スタンドの数も一番多いですし。
ETCと電子マネー両方が一体型で選べるカードは少ないので財布が膨らまなくて良い。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

 

ENEOSカードSについてまとめると・・・

ENEOSカードS
券面デザイン エネオスカードS 券面
申込み条件 満18才以上の方(高校生を除く)
入会金 無料
年会費 税込1350円
※初年度年会費無料
※年一回以上の利用で翌年度年会費無料
国際ブランド VISA・JCB
ポイント還元率 0.6%
家族カード 入会費・年会費無料(最大8枚まで)
ETCカード 入会費・年会費無料
海外旅行保険 なし
国内旅行保険 なし

 

といった感じですね!

 

ENEOSカードS、興味のある方は利用してみてはいかがでしょうか?

 

↓今すぐENEOSカードについて調べてみる!!

 

↓こちらの記事もおすすめです!!
・コスモザカードオーパスのメリットは?審査期間や還元率も!

・出光カードまいどプラスのメリットは?審査は厳しい?ポイント還元率も!
・エネオスカードC(青)の利点は?給油すればどんどん値引き!!
・ENEOSカードP(緑)の魅力とは?ポイント還元率は?Sとの違いも!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


スポンサードリンク